スポンサーリンク

仏像入門 のぞいてみよう!ウラとワザ 鎌倉国宝館 2018 小学生でも好きになる、仏像展

仏像入門 ちらし 日本美術・工芸・歴史の展覧会
仏像入門 ちらし
この記事は約8分で読めます。

小学校低学年生も歓迎!ひらがなの解説文があります。

鎌倉国宝館の2018年夏の展覧会「特別展 仏像入門 のぞいてみよう!ウラとワザ」を見に行ってきました。鎌倉国宝館の夏は仏像なのですです。鎌倉国宝館は鎌倉歴史文化交流センターと同じく、市内在住の小中高生と市内に在る小中高校の生徒の学習の場なので、夏休みの子供たちのために、分かりやすい展覧会となっています。

鎌倉国宝館の常設展示でひときわ目立つ、旧辻薬師堂の十二神将像(十二支の神様)をキャラ化し、ねずみ隊長・うさぎ隊員・とら隊員として、仏像のヒ・ミ・ツを教えてくれます。

解説文も大人用・漢字が読める子供用・ひらがなだけの子供用と、3種類あります。内容が違うので大人が読んでも、別のことが書いてあるので、情報が多めとなっています。

阿弥陀様から~天様までの階級を、校長先生から担任の先生の階層で紹介していました。阿弥陀様=校長先生という具合です。解説に工夫されています。


特別展では鎌倉と鎌倉近辺の仏像が展示されていました。秘仏になってなくても、普通の参拝では拝見できな仏様もあります。

文殊菩薩立像(阿弥陀寺)

文殊菩薩立像(阿弥陀寺)http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/index.html

これ気になりました。

私が会場で気になった仏像を紹介します

歓喜天立像 象がハグしています。

いい造形はいい!小学生にも見せてあげる!当たり前のことなんですが、

歓喜天立像(巨福呂坂町内会)は50cmくらいの木造で、男女の象が立って向かい合い。ハグしているお像です。黒光りしているのは、油で沐浴する、浴油供をしたからか。男女平等、みんな仲良くをよく現した、お像に見えました。子供たちにもぜひ見てもらいたい。

鎌倉国宝館からほど近い、宝戒寺の大聖歓喜天は、秘仏です。多くの歓喜天像は秘仏となっています。ネットで画像検索すると、子供には見せられないお像が出てきます。こちらの歓喜仏は礼儀正しく、造形的良いな。男女が仲良くハグするのは、教育上いいな。さすが鎌倉。
宝戎寺

宝戒寺 小町 萩の花で有名、アクセスデータ付き。
後醍醐天皇が足利尊氏に命じて、建てた寺。 白い萩の花で有名です。鶴岡八幡宮を前の道を、二階堂方面に小町小路と、鶴岡八幡宮前からの横大路が交差するところにあります。 鎌倉時代、ここは北条執権の邸宅、小町邸がありました。裏山には北条一族...

円覚寺の阿弥陀三尊像

円覚寺の選仏堂にいつもはいらっしゃる、阿弥陀三尊像です。お馴染みさんが博物館にいたので、「あなたそんなに偉い人だったの」と思っています。

長野の善光寺の本尊の模刻が、鎌倉時代から室町時代に盛んに作られました。この仏像もその一つです。善光寺の本尊は、日本で最も古い仏像と信じられていたので、仏教の原点に帰ろうという気運の盛り上がった鎌倉時代に、その模造が大流行しました。

善光寺の本尊は絶対の秘仏で写真さえないそうです。七年に一度御開帳がありますが、実はお前立ち(本尊の身代わり)の御開帳で、本尊の厨子が開いて開帳することはないです。円覚寺の阿弥陀三尊像は、善光寺の本尊の写しと言われていますが、確認できないんです。

土紋(どもん)の破片、鎌倉地方にしかない。

土紋とは、鎌倉とその周辺にしか作例のない、仏像装飾法です。粘土と漆を混ぜたものを、型に入れ、ビスケット型よろしく、仏像の装飾に用いたものです。

常設展示の少年の仏像、韋駄天立像(浄智寺)の衣の模様は土紋で、毘沙門亀甲の模様が良くわかります。花柄を抜いて貼り付けたものあります。経年劣化により剥がれ落ちるものもあり。土紋の断片の展示がありました。

昨年導入した新しい展示ケースは裏からも見えるので、裏に回って見てしまいました。仏像の衣の断片に、花の土紋を貼り付けたものです。よく見ないと模様が分かりません。


土紋の装飾のついた仏像を収蔵している寺院
来迎寺(西御門)

来迎寺(西御門)魅惑の如意輪観音 八雲神社 太平寺跡 アクセスデータ付き。
魅惑の如意輪観音像 鎌倉には来迎寺が2つあります。 鎌倉には来迎寺(らいごうじ)が、2つあります。町名でいうと、西御門と材木座の2箇所になります。これだけでもややこしいのですが、両寺院とも宗派が同じ時宗です。実は昨年こちらの西御門の来迎...

浄光明寺

覚園寺 二階堂、鎌倉時代の面影がのこる寺 アクセスデータ付き。
本来の鎌倉らしいお寺 鎌倉時代いや戦後の開発がはじまる前の、鎌倉のお寺らしい所はと問われた、市内の有名寺院の位の高い僧侶が、「覚園寺(かくおんじ)さん」と即答したそうです。覚園寺さんのお坊さんの話では、里山が崩壊しているので、歴史上現在は...

覚園寺

壽福寺 扇ガ谷 格調高く政子・実朝・栄西ゆかりの寺、お着物姿の撮影に最適、アクセスデータ付き。
壽福寺(じゅふくじ)は鎌倉五山第三位です。 普段は山門から門を閉じています。寿福寺の格式の高さと鎌倉時代の雰囲気を味じあうには、石畳まで充分かも知れません。 この地は源頼朝の父義明の、鎌倉の屋敷跡とされています。頼朝の死後妻の北条政...

東慶寺

東慶寺、次は水月観音を見にまいりましょう。アクセスデータ付き。
東慶寺はビジュアルのよいお寺です。 どこを向いても絵になる。どこを撮っても様になる写真がとれる、東慶寺はビジュアルの良いお寺です。人気のあるのもうなずけます。 谷のことを、このあたりでは谷戸(やと)といいます。谷戸の入り口にお寺の門...

特別展 仏像入門 のぞいてみよう!ウラとワザ 概要

w e b: http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/28tennjikai.html
twitter  https://twitter.com/kamakura_museum
会  期:  2018年7月21日(土)~9月2日(日)
会  場:  鎌倉国宝館
休 館 日 :  月曜日 8/13は臨時会館
開館時間:  9:00~16:30 8/7・8・9(火~木)は~19:30まで
(入館は閉館の30分前まで)
入 場 料  : 一般400円(300円)小・中校生200円(100円)( )内 20名以上団体
なお、鎌倉市内の小・中学生と、市内在住の65歳以上の方、または身体障がい者手帳等の交付を受けた方と付き添い1名は無料となりますので、受付で
詳細はサイトで

 

鎌倉国宝館アクセス方法

鎌倉国宝館の紹介

鎌倉国宝館 鶴岡八幡宮境内 国宝館に行くべきなの?仏像マニアは駆けつけましょう、アクセスデータ付き。
所要時間30分・仏像好きな人は必見。 観光旅行で、美術館や博物館に入るのは、ここで時間がかかって、お目あてのスポットに行けなくなる危険性があります。美術好き歴史好きの人には、美術館・博物館に行くのが旅の目的という人も多いでしょう。同行者が...
展示替え期間は閉館します。お越しの際には、サイトで確認しましょう。
webサイト http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/index.html

twitter https://twitter.com/kamakura_museum

住   所 鎌倉市雪ノ下2-1-1 鶴岡八幡宮境内
電   話 0467-22-0753
入場時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
入 場 料 展覧会により変わります。

アクセス方法 アクセスページ

最寄駅:JR横須賀線線鎌倉駅・江ノ島電鉄鎌倉駅

徒歩 :鎌倉駅東口より15分

バス :江ノ電バス「鎌倉八幡宮」停留所もしくは京急バス「大学前」停留所から徒歩約3分

自動車:横浜横須賀道路「朝比奈」ICから車で約20分

神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-1

鎌倉国宝館の過去の企画展

2017年 鎌倉公方足利基氏展

鎌倉公方足利基氏展 鎌倉国宝館 2017 室町時代になっても鎌倉は繁栄していました。
今、流行の室町時代の鎌倉はどうだった? 2017年は呉座勇一氏の「応仁の乱」が大ヒットし、続く亀田俊和氏の「観応の擾乱」も重版を重ねています。室町時代が大ブームになりました。室町時代が好きなのでこのブーム定着していただきたいです。 ...

2017年 優美なる慶派の仏展

運慶の流れをくむ、慶派のほとけ展 鎌倉国宝館 2017年 今年は運慶・快慶イヤー!
 鎌倉時代の仏像といえば、運慶・快慶です。 歴史の授業で鎌倉時代、平家による奈良の大仏殿などが焼け落ちた、南都焼き討ちの復興で、東大寺南大門の金剛力士像を、奈良の仏師、運慶・快慶が作ったことが有名です。平安時代の仏像と違い、リアルな作風で...

2016年 氏家コレクション

国宝館は、30分で、さくっと見られます。仏像好きは、ぜひ、行ってみて下さい。氏家コレクション展とアクセスデータ付き。
国宝館に行こうか迷っている人へ、30分くらいでサックと見れますよ。 仏像好きで、鎌倉観光に来る人で、鶴岡八幡宮の境内にある、鎌倉市立鎌倉国宝館に行こうか迷っている人がいるかと思います。寺院は4時に閉門するところが多いので、観光となると時間...

2015

デザインの種を見つけに、鎌倉国宝館。
鎌倉国宝館に、行ってきました。 デザインの種を探しに、鎌倉の寺社をめぐる。地元だから買い物のついでなんだけど、贅沢なことであると、感謝しましょう。 鎌倉国宝館の。アクセスデータはこちら 鶴岡八幡宮のエントリー 良きものを造りよく...

鎌倉の公立美術館・博物館・植物園

鎌倉国宝館 サイト

鎌倉国宝館 鶴岡八幡宮境内 国宝館に行くべきなの?仏像マニアは駆けつけましょう、アクセスデータ付き。
所要時間30分・仏像好きな人は必見。 観光旅行で、美術館や博物館に入るのは、ここで時間がかかって、お目あてのスポットに行けなくなる危険性があります。美術好き歴史好きの人には、美術館・博物館に行くのが旅の目的という人も多いでしょう。同行者が...

鎌倉文学館 サイト

鎌倉文学館 長谷 日本文学史を侯爵家の別荘で鑑賞、薔薇園だけでも楽しめます。アクセスデータ付き
鎌倉が舞台なら、古典文学・近代文学・純文学からラノベ・コミックまで 古典文学からコミックまで、鎌倉文学館て取り上げています。平家物語・太平記も紹介しています。最近のライトノベル・コミックスでも、鎌倉が舞台なら展示されています。ライ...

鎌倉歴史文化交流館 サイト

鎌倉歴史文化交流館 扇ガ谷 ニューオープン、鎌倉の歴史が分る贅沢な邸宅博物館
注意:日曜・祝日は閉館しています。 新しくできた鎌倉歴史文化交流館 2017年5月15日に鎌倉市の新しい文化施設。鎌倉歴史文化交流館が出来ました。旺文社の創業家赤尾家の個人住宅を、センチュリー文化財団より寄付され、開館しまし...

鎌倉市鏑木清方美術館 サイト

鏑木清方記念美術館 小町通りの隠れ家美術館で美人画にいやされる。アクセスデータ付き
小町通りから路地に入る、美人画の美術館 いつ行っても沢山人が歩いている小町通りから、一歩入ると静かな住宅街です。そこに明治から昭和にかけて、美人画で名をはせた、日本画家の巨匠、鏑木清方(かぶらぎ きよかた)の家がありました。現在は鏑木清方...

鎌倉市川喜多映画記念館 サイト

鎌倉彫会館・鎌倉彫資料館 サイト 鎌倉彫会館 鎌倉彫資料館

鎌倉彫の仏具展 鎌倉彫会館3階 鎌倉彫資料館 2017 仏師が作る鎌倉彫。
鎌倉仏師たちが辿った道 2017年2018年は東京国立博物館の運慶展があり、運慶・快慶そして運慶の系譜に連なる慶派の仏師たちに注目が集まりました。運慶の弟子たちがその後辿った道は、京都や奈良の仏師たちと別な道でした。宋から来た臨済禅は鎌倉...

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館 サイト

2019年秋まで、リニューアル工事のため閉館

建築家・大高正人と鎌倉別館展 神奈川県立近代美術館鎌倉別館 2017 建築で振り返る鎌倉別館
鎌倉別館は改修工事で閉館になります。 神奈川県立近代美術館県鎌倉別館は、1984年に鶴岡八幡宮裏・鎌倉街道沿いの、県立駐車場跡地に建てられました。本展覧終了後、鎌倉別館は長い改修工事にはいります。改修後は設計者大木正人の、オリジナルデザイ...

神奈川県立フラワーセンター大船植物園 サイト
2018年8月20日初出
2021年9月15日改訂

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました