スポンサーリンク

常楽寺 大船 緑深い境内と、文殊堂祭りの様子も紹介、アクセスデータ付き。

常楽寺 山門 大船・玉縄・鎌倉市北西部
常楽寺 山門
この記事は約11分で読めます。

禅宗の歴史では重要なお寺です。

鎌倉の観光エリアから少し外れて大船になりますが、日本の禅宗の歴史では外せません。「常楽は建長の根本なり」と言われています。南宋から来日して、宋風の本格的な臨済禅を伝えた、蘭渓道隆が、筑前の円覚寺、京都の泉涌寺・来迎院、鎌倉の寿福寺に滞在しました。蘭渓道隆に深く帰依した、北条泰時により、常楽寺の住職になりました。建長寺が建立されるまで常楽寺におりました。

鎌倉時代、執権北条氏は山ノ内を領地にしていました。当時の山ノ内は建長寺・円覚寺のある現在の町名の山ノ内から、当時粟船と呼ばれた今の大船、横浜市栄区のあたりと広範囲を北条氏が持っていたのです。常楽寺の山号の「粟船山」は、かつての粟船は入江となっていて、粟を積んだ船が常楽寺の裏山に着いていました。港だったのです。北条氏は材木座の、和賀江島と東京湾の金沢港と、ここ粟船の鎌倉の物流拠点を押さえていたとは、面白いです。

常楽寺 山門

常楽寺 山門

見どころ

常楽寺の伽藍には仏殿(県重文)山門(市文)文殊堂があります。仏殿右手には庭園、裏手には、執権北条泰時の墓があります。裏山には木曽義仲の息子の義高を祀った木曽塚があります。

山門

表通りから100m程の真直ぐな参道を行くと、山門があります。参道を行くだけで歴史のある寺院の風格を漂わせます。

万治四年 四脚門 大瓶束 一間×二間 切妻・茅葺 丸柱 三斗詰組

常楽寺 山門

常楽寺 山門

仏殿

山門からさらに奥に進むと木陰から、仏殿が見えてきます。江戸時代に建てられたました。ことちらにおまつりされているのは、本尊の阿弥陀如来三尊像で、南北朝時代の作です。蘭渓道隆も安置されています。

天井画は狩野雪信の「雲龍」です。龍の目に光がないのは、昔、夜になると池の水を飲みに動き出しため、両眼の視力をうばわれました

元禄四年 土間仏殿 単層三間堂 三間×三間 寄棟・茅葺 丸柱 三斗詰組 脇間中備蟇又

常楽寺 仏殿

常楽寺 仏殿

常楽寺 仏殿

常楽寺 仏殿

常楽寺 仏殿 狩野派 龍 天井画

常楽寺 仏殿の狩野雪信による龍の天井画

文殊堂

鎌倉時代の文殊菩薩坐像がおまつりされています。文殊堂祭で開帳されます。

江戸初期 一般仏堂 三間堂 三間×三間 向拝 入母屋・茅葺 丸柱 三斗・蟇又 旧英勝寺

常楽寺 文殊堂

常楽寺 文殊堂

仏殿の右手から禅宗庭園が見えます。

色天無熱池という池が庭にあります。これには、蘭渓道隆にお仕えして身の回りの世話をしていた、乙護童子の伝説があり。江の島の弁財天は常楽寺に来たとき、崇敬の意を込めて乙護童子を美女に装わせました。あらぬ噂が出たので童子は白蛇となって、銀杏の木に七巻半めぐって、尾で池の水を叩いたそうです。

常楽寺 庭園

常楽寺 庭園

北条泰時の墓

仏殿の後ろの竹林の中に、執権北条泰時の墓があります。分り易く石碑がありますので目印に、右側にある五輪塔が泰時の墓です。

常楽寺 北条泰時の墓の表示

常楽寺 仏殿裏にある 北条泰時の墓の目印

木曽塚

常楽寺の裏山に、木曽義仲の息子、清水の冠者木曽義高を祀った木曽塚があります。幼いながら義高は人質として頼朝の元に来ました。頼朝の長女大姫と婚約していました。粟津で頼朝軍が義仲を破ったことにより、命を狙われました。大姫が女装させ夜陰に紛れ脱出させたのですが、入間川で斬られてしまいました。

木曽塚に登る手前には、北条泰時の娘の墓とも、大姫の墓とも伝えれれる「姫塚」があります。

中世から江戸時代にかけて、清水の冠者木曽義高と大姫の悲劇はメジャーな話でした。多くの物語や芸能に取り上げられました。

常楽寺 木曽塚

常楽寺 木曽塚

常楽寺 姫塚

常楽寺 姫塚

木曽塚への行き方は、一旦山門の外に出て、左側の道を行きます。寺の生垣に沿って進むと山路になり、登ります。

短い距離ですが、山路になっており、雨の降った後など。足元が悪くなります。

木曽塚から墓地を抜けると住宅地に出ます。墓地の前の道路を、右に坂を下ると県道鎌倉街道に出ます。街道を15分くらい歩けば北鎌倉駅に出れます。

岩船地蔵 扇ガ谷 大姫の悲恋をしのんで、アクセスデータ付き。

岩船地蔵 扇ガ谷 大姫の悲恋をしのんで、アクセスデータ付き。
頼朝の長女、大姫を供養 お堂が一つだけ、住宅地の辻に建っていますので、興味を惹きます。何でしょうか?横須賀線の車窓から、北鎌倉駅からのトンネルを抜けたところ、左手に見えるお堂です。 お堂は最近建てられたもので、六角形で、屋根に宝珠の...

文殊堂祭 1月25日

文殊堂祭り 1月25日14時から開催されます。

文殊堂におまつりされている、木造文殊菩薩坐像は県重文で、鎌倉時代の仏像です。毎年文殊堂際の時に開帳されます。

2018年に行ってみました。早めに行ったのですが、境内には多くの人達が来ていました。文殊堂の周りは人がびっちりです。法要の時間になると、多くのお坊さんが堂内に、文殊堂の脇の戸も開け放たれていて、縁側にも僧侶の皆さんが着席しましました。法要がはじまると、手にした経文をパラパラとはためかせて、お経を唱えて壮観でした。

大雪が降った直ぐ後で、境内に雪も残っていました。当日檀家さんから、甘酒の御接待がありました。

常楽寺 文殊祭 

常楽寺 文殊祭

常楽寺 文殊祭 

常楽寺 文殊祭

常楽寺 文殊祭 

常楽寺 文殊祭

こらむ、常楽寺の鐘と粟船堂の和菓子

鎌倉三名鐘 鎌倉国宝館にあります。

常楽寺の梵鐘は、円覚寺・建長寺の鐘と共に。「鎌倉三名鐘」の一つです。宝治二年(1248)の銘があります。鎌倉時代の鐘として、現在鎌倉国宝館に寄託されています。

鎌倉国宝館収蔵品紹介ページ工芸

鎌倉国宝館


円覚寺
円覚寺 山ノ内 北鎌倉駅前 円覚寺の見どころ全て紹介します。アクセスデータ付き。
円覚寺は鎌倉五山第二位の寺です。 境内  円覚寺の敷地は横須賀線の線路を超えて、県道鎌倉街道を超えた、円覚寺の駐車場まであります。横須賀線が開通した時、円覚寺の敷地を線路が通り、北鎌倉駅そばの白鷺池が寺の外になってしまいました。円覚寺は...

建長寺

建長寺 山ノ内 鎌倉五山第一位の見どころ全部紹介、アクセスデータ付き。
日本初の禅宗寺院で、鎌倉五山第一位 行ってみると、建長寺は大きなお寺です。建物も大きいですが、半蔵坊まで続く境内も広いです。さすがに日本初の禅宗寺院で、鎌倉五山第一位の建長寺です。 こんなお寺ですから、日本の生活に根ずいた、料理やこ...

粟船堂で、和菓子を買って帰りましょう。

常楽寺の山号は「粟船山」といいます。粟船は大船の古い呼び名です。常楽寺そばの県道鎌倉街道の常楽寺交差点には、粟船堂という、レトロなお菓子屋さんがあります。素朴で安い手作り和菓子があります。常楽寺に寄ったおり、六国見山への散策に、粟船堂の餅菓子をお供にしてください。手作り羊羹も駄菓子も売ってます。

粟船堂は柏餅が美味いです。鎌倉民情報でした。

常楽寺 仏殿脇

常楽寺 仏殿の脇のベンチ

常楽寺とは

宗派 臨済宗建長寺派
山号寺号 粟船山常楽寺ぞくせんじょうらくじ
創建 嘉禎三年(1237)
開山 蘭渓道隆
開基 北条泰時
本尊 阿弥陀三尊像

嘉禎三年(1237)鎌倉幕府三代執権北条泰時が妻の母の供養のため粟船御堂を建て、退耕庵行勇が供養の導師をつとめたのがこの寺の始まりとされている。

泰時は現存する築港では日本最古の和賀江島を材木座海岸に築き、また後の武家法の規範となった御成敗式目を制定するなど、善政を行った名執権です。仁治三年(1242)、六十歳で没した泰時の墓はこの寺にある。

常楽寺は蘭渓道隆ともゆかりが深く、建長寺を開山する五年前に道隆は宋の禅を広めた。参禅求道する僧が列をなしたという。「常楽は建長の根本なり」といわれるほど建長寺とは深い関係を持っている。

鎌倉の寺 小事典

アクセスデータ

webサイト: なし
住   所: 神奈川県鎌倉市大船5-8-29
電   話:  0467-46-5735
入場時間 :  9:00~16:30
拝 観 料:  無料

アクセス方法

最寄駅:JR東海道線・横須賀線線・根岸線 大船駅

バ ス:江ノ電バス

大船駅⇔鎌倉駅 常楽寺経由 常楽寺 下車2分
大船駅⇔鎌倉湖畔循環 常楽寺経由 常楽寺 下車2分

バスに乗る際は、常楽寺経由か確認してください。

神奈川県鎌倉市大船5-8-29

常楽寺と同じ、江ノ電バス 鎌倉湖畔循環 白山神社バス停下車です。
白山神社・今泉寺(今泉)源頼朝 創建の毘沙門天(未公開)がある鎮守様、アクセスデータ付き。

白山神社・今泉寺(今泉)源頼朝 創建の毘沙門天(未公開)がある鎮守様、アクセスデータ付き。
田園風景の神社、頼朝と縁があります。 大船から鎌倉湖畔循環の江ノ電バスで行きます。この辺も御多分に漏れず、住宅開発がされていますが、白山神社の境内から見る風景は、そこだけ昔の田舎です。ここは鎌倉ですので村の鎮守だと思うと、源頼朝が創建し、...

山ノ内・北鎌倉駅周辺  観光めぐり便利メモ


東慶寺
東慶寺、次は水月観音を見にまいりましょう。アクセスデータ付き。
東慶寺はビジュアルのよいお寺です。 どこを向いても絵になる。どこを撮っても様になる写真がとれる、東慶寺はビジュアルの良いお寺です。人気のあるのもうなずけます。 谷のことを、このあたりでは谷戸(やと)といいます。谷戸の入り口にお寺の門...

2016年 秋の東慶寺に行ってまいりました。
秋の東慶寺に行ってきました。 昨日、9月27日に東慶寺に行ってきました。このところ台風なので、涼しさを通り越して寒い日が続いていました。数日振りに気温29度に逆戻り、暑かったです。 明月院の見どころを紹介するエントリーを書くため、明...

明月院
明月院 山之内 あじさい以外の見どころも紹介 アクセスデータ付き。
 紫陽花で有名になった、明月院(めいげついん)。 紫陽花ですっかり有名になった、明月院です。紫陽花が植えられた経緯は、人手不足で植えっぱなしでも手間がかからないからと、紫陽花を植えたことがはじまりだと聞いています。いま明月院におじゃまする...

2016年、今年の明月院の紫陽花は、青色が鮮やかでした。
青い紫陽花が、みごとです。 明月院の、観光に役立つアクセスデータ付きの、エントリーはこちら。 明月院のほど近くに住んでいます。時折明月院の前を通ります。灯台元暗し、随分長い間行っていませんでした。紫陽花が気になりましたので、...

明月院の非公開庭園、本堂後庭園に紅葉を見に行ってきました。2016年 秘密の庭に!
 丸窓の向こうに行って見たいと思いませんか? 明月院は人気があるので行かれた方も多いかと思います。明月院の名物の本堂の丸窓の行列に並んで、写真を撮りませんでしたか?あの向こうにも庭が続いて、素敵そうな場所だなと思われて人も多いでしょう。 ...

明月院の非公開庭園、本堂後庭園に花菖蒲を見に行ってきました。2017年秘密の庭に!
明月院の有名な丸窓の向こうは、花菖蒲の花園。 紫陽花で有名な北鎌倉の明月院には、普段は非公開の庭園があります。本堂の裏で「本堂後庭園」といいます。有名な丸窓の向こう側にあるのです。それが6月の花菖蒲と12月の紅葉の時期に不定期で公開されま...

円覚寺
円覚寺 山ノ内 2017年2月梅かまくら特別参拝で、お坊さんに舎利殿と円覚寺の色々な話を聞きました。
2017年2月の、梅かまくら特別参拝。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 2017年2月8日の「僧侶とめぐる特別参拝(舎利殿も含む)」に参加しました。円覚寺のお坊さんの案内で、山門前ー仏殿ー選仏場ー正続院の禅...

円覚寺 仏日庵 抹茶で一休み、アクセスデータ付き。
塔頭(たっちゅう)に、入ってみたくなる円覚寺。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 塔頭(たっちゅう)は有力な僧が亡くなると、それを慕う僧が作った小さなお堂です。今は僧侶の住まいであり、末寺となっています。円覚...

円覚寺 如意庵 insutagramをやっている人は如意庵に行きましょう、アクセスデータ付き。
insutagramに映えそうな、お寺 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 insutagramやってますか?私はyamamotoーkimiko名義でやっています。 フォローお願いします! インスタ楽しい...

円覚寺でこれ気になりました。釣り行燈?少し調べてみた。
円覚寺に2015年11月3日の祭日に行ったのですが、混んでいて写真が撮れない。見るだけでしたら、観光客の反応も見られて、それもまた面白いと思います。webに出す写真は人が写ってない方が良いので、冬の空いている時期に、もう一度行って。きちんと...

円覚寺 国宝 舎利殿の曲線 2015年11月の公開、デザインについての感想。
円覚寺の舎利殿が拝観に行って来ました。 円覚寺の総合案内は、こちら。 円覚寺宝物風入れと舎利殿公開の概要 細部のデザインが気になりました。 子供のころから数えると3回目の、円覚寺舎利殿の拝観になります。前...

円覚寺 建長寺 宝物風入れ
円覚寺・建長寺の宝物風入れ 国宝・重要文化財多数 2015年11月
11月1日~3日に、円覚寺・建長寺の宝物風入れが、ありました。 風入れとは、虫干しを兼ねて、宝物の公開をすることです。国宝・重要文化財、歴史の教科書で見た書状も、まじかで見れるのです。書院の中に展示していますので、ガラスの仕切りがありませ...

浄智寺
浄智寺 山ノ内 北鎌倉 地味そうだけど、行くと面白いお寺です。アクセスデータ付き。
浄智寺は地味そうだけど、どっこい面白い! 北鎌倉駅周辺は、大きなお寺の円覚寺、駆け込み寺の東慶寺、紫陽花寺有名な明月院と有名なお寺さんがあって、鎌倉五山四位の浄智寺はちょっと知られてないです。行ってみると趣のあるお寺で、子供さんでも楽しめ...

子供から大人まで、いろいろと楽しめる 浄智寺 山ノ内
わびさびから、子供も楽しめる、変化のあるお寺 私は北鎌倉エリアの観光では、浄智寺をお勧めしています。家に近い場所なので、知り合いを連れていくときは浄智寺を案内しています。それは他の北鎌倉の寺より、空いていることも理由ですが。 侘びさ...

円応寺
円応寺、鎌倉時代の閻魔大王像は、鎌倉時代の名作です。アクセスデータ付き。
澁澤龍彦の小説「護法」の舞台。 澁澤龍彦の「護法」(うつろ舟 収録)の冒頭、江戸時代、長谷寺の門前で芸者遊びをする地元の町人の若者の宴で、オタクの若旦那が、仲間にたきつけられて、夜中に十王堂から護法の像を持ち出して……という短編小説があり...

長寿寺、4~6月 10・11月 金・土・日曜・祭日 限定公開です
長寿寺 山ノ内 足利尊氏の邸宅跡の、季節限定公開の美しい寺です。アクセスデータ付き
長寿寺は鎌倉で一番美しいお寺だと、私は思っています。限定公開です。 足利尊氏の邸宅跡で、墓があります。南北朝好きな人は、是非、行ってください。 はじめて、長寿寺に行ったのは、春の宵でした。茅葺の観音堂が幻想的で印象に残りました。...

長寿寺 山ノ内 牡丹の花が満開でした。季節限定公開の美しい寺です。
牡丹の花が満開でした。 長寿寺は私が鎌倉で一番美しいお寺だと、思ってるお寺です。期間限定公開のお寺ですが、三回も見に行ってしまいました。建長寺の近くで鎌倉街道沿いの亀ヶ谷の切通の入り口にあります。 昨年の6月に前回行ったとき、牡丹の...

長寿寺 山の内 魅力その一、幻想的な観音堂。
鎌倉で一番美しい寺 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータはこちらのエントリーです。 「鎌倉で、一番美しい寺は、」と問われたら。私は山ノ内の長寿寺と答えます。これは私個人感想です。北鎌倉駅からか建長寺に向かう鎌倉街道の途中、亀ヶ谷...

長寿寺 山ノ内 魅力その二、和室と石畳。
座敷は風情があります。 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータ付きエントリーは、こちら。 今回は私が好きで、見ると反射的にたくさん写真を撮っていしまう、伝統工法の、和室の写真です。もう、「和室萌え」とか「座敷萌え」とか「室礼萌え」...

禅居院 非公開寺院をのぞいてきました
禅居寺、山ノ内 梅かまくら特別参拝で行く非公開寺院、アクセスデータ付き。
年に一度の、梅かまくら特別参拝に参加しました。 建長寺の向かい側にある、禅居寺は非公開寺院で、普段は檀家さん以外境内に入ることもできません。一般の人たちが参拝できるのは、年に一度鎌倉十三仏詣りの梅かまくら特別参拝だけです。今回この貴重な機...

光照寺
光照寺 北鎌倉 キリシタンの遺物が残る寺。アクセスデータ付き。
北鎌倉のはずれにあります。 光照寺(こうしょうじ)は北鎌倉のはずれにあります。普通の観光客は行かないと思います。隠れた花の名所です。9月に行ったのですが、曼珠沙華をはじめとして、マリーゴールド、萩など目を楽しませてくれる花が沢山咲いていま...

成福寺 横須賀線で北鎌倉駅の手前で見えるあのお寺です、鎌倉ではレアな浄土真宗

成福寺(小袋谷)横須賀線から見えるあのお寺です、鎌倉唯一の浄土真宗? 厳島神社(小袋谷) アクセスデータ付き。
鎌倉市唯一の、浄土真宗のお寺でした。実は増えた。 東京から横須賀線で鎌倉に行くと、大船駅と北鎌倉駅の間に、茅葺の立派な山門が見えるお寺です。お庭も綺麗な花のお寺でした。俳優の笠智衆さんのお墓があることでも有名です。 ガイドブックでは...

2018年1月30日初出
2018年4月11日改訂

 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました