スポンサーリンク

東京隠密行動、la・droguerie okadaya

着物と好きなこと
この記事は約2分で読めます。

もう、一週間以上前ですが、渋谷西武のラ・ドログリーhttp://www.ladroguerie.jp/と新宿のokadayahttp://www.okadaya.co.jp/に行きました。

3月に行ったら、表参道ヒルズのそばのラ・グログリーが閉店していました。Webで情報をさがしたら。渋谷西武にあるとのこと、早速行ってみました。本館の7階に他の手芸店もあり、手芸女子・手芸男子を取り込む戦略のようです。デパートさん苦しいのね。
青山でOLしていたので、会社帰りやお稽古事で原宿に行ったときにはラ・ドログリーには結構通っていました。いかんせん物は良いけど高い。作る予定はないけど、カワイイからってリボンやボタンを買えませんでした。10回行って1回買うくらい。でもこういう素晴らしい物を売るお店があってよかったです。さがしていた服飾部品があまりにも高くてあきらめたこともあります。

今回はお土産として、かつては何種類もあった羽根製の蝶が、店頭にオレンジ一色しか残っていなかったので、記念に買いました。ちなみに他の手芸店も相当高めの印象です。

blogDSC00277

blogDSC00278

本当は原宿まで歩きたかったけれど暑くて、あきらめ、しばらくぶりにこちらでお昼をとりました。麺屋武蔵の新宿店です。並びませんでした。よかった。暖簾のデザインがいいですね。

新宿のokadayaの本店に回りました。ここはパラダイスですね。布のビルと、付属品雑貨のビルが別なのが使いずらいです。ワンピース用に黒の木綿レース地を探していったのですが、予算オーバーとこれというのがなくてメーター500円の化繊のレース地を買いました。
その後雑貨コスプレ用品が売られているビルを上から下まで見学、ラ・ドログリーで売られているものと、製造元は違うのかもしれないけれど、同じものがひと桁違って売られているのを見つけてしまいました。それと種類が多くて、以前ラ・グログリーのフリンジが短くでが気に入らなくて、okadayaさんに買いに行ったことを思い出しました。同じ素材作りのフリンジのふるふりが長いのを見つけたことがあります。圧倒的な種類の多さは理想の物が買えて作りたい心刺激します。

2015年8月16日追記。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました