「鎌倉殿の13人」北条義時の関係の鎌倉のスポットを紹介します。

極楽律寺 山門
極楽律寺 山門

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の情報が解禁!

2020年11月、2020年度のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第一次キャストの発表と、考証の先生方の発表がtweeterでありました。考証陣の発表では濃い歴史マニア界隈では、称賛の嵐です。最新学説も取り入れた三谷幸喜脚本の「真田丸」は歴史マニアにもライト層にも大人気でしたので、大いに期待しましょう。

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」https://twitter.com/nhk_kamakura13

北条政子の弟、北条義時は田舎の豪族の次男に生まれ、小領主として人生が終わるはずでした。18歳の時義兄の源頼朝が旗揚げしたことにより、彼の運命は激的に変わりました。田舎のあんちゃんが周囲の人を護るため、ずたぼろになりながらもその時々闘い続け生き残った先に、朝廷を敵とした承久の乱に勝利した、苦闘の人生でした。

脚本 三谷幸喜

北条義時 小栗旬
北条政子 小池栄子
源頼朝  大泉洋

2020年1月放送開始予定

北条義時、泰時、重時 親子の寺

北条義時がこの地に建立した大蔵薬師堂が、覚園寺の前身です。鎌倉時代そのままといってよい境内と重厚な薬師堂は必見です。

本来の鎌倉らしいお寺 鎌倉時代いや戦後の開発がはじまる前の、鎌倉のお寺らしい所はと問われた、市内の有名寺院の位の高い僧侶が、「覚園寺(かく...

義時の子で3代執権の泰時の建立した寺院
成就院 極楽寺の切通しの頂にある寺院です。西から来た人はここ通り鎌倉に入りました。

正式名称は極楽律寺 江ノ電の駅名も。地名も極楽寺ですが、極楽寺の正式名称が、「極楽律寺」だそうです。鎌倉時代、社会福祉事業をした名僧、忍性...

常楽寺 泰時が妻の母の供養のために建立した禅寺。ドラマで取り上げられるであろう、大姫と木曽義高の墓もあります。大姫のキャストが決まっているので、やる気満々でしょう。

禅宗の歴史では重要なお寺です。 鎌倉の観光エリアから少し外れて大船になりますが、日本の禅宗の歴史では外せません。「常楽は建長の根本なり」と...

北条重時の建立した極楽(律)寺 重時は極楽寺姓を名乗ります。

正式名称は極楽律寺 江ノ電の駅名も。地名も極楽寺ですが、極楽寺の正式名称が、「極楽律寺」だそうです。鎌倉時代、社会福祉事業をした名僧、忍性...

頼朝の鎌倉入りの頃の鎌倉

鎌倉は鎌倉郡の役所が置かれていたところで、頼朝の父義朝の屋敷もありました。それなりに栄えていました。幕府が開かれた頃の鎌倉をしのべる寺社を紹介します。

鎌倉最古の寺、杉本寺

鎌倉で一番古いお寺 杉本寺に小学生の時はじめて、行きました。そこで先生に、「城です」と説明を受けました。調べてみましたら、戦国時代...

源義朝の屋敷跡、北条政子・源実朝の墓があります。壽福寺

壽福寺(じゅふくじ)は鎌倉五山第三位です。 普段は山門から門を閉じています。寿福寺の格式の高さと鎌倉時代の雰囲気を味じあうには、石畳まで充...

由比若宮・元八幡宮 前九年の役で奥州を鎮定した源頼義が。源氏の守り神として石清水八幡宮を勧請しました。

由比若宮は住宅地の中にあります 由比若宮(ゆいわかみや)元八幡宮は、鶴岡八幡宮が元あった場所で、源頼義が創建した、鎌倉の歴史にも関係する、...

荏柄天神 鎌倉幕府のできる前からこの地にある、菅原道真祀った天神社で、日本三大天神のひとつです。

日本三大天神のひとつ 荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)は大宰府天満宮、北野天満宮とともに。鎌倉時代から日本三大天神にひとつと云われています...

ドラマ登場順、頼朝の死まで。

ドラマでやるだろうと思わる順番で紹介します。

来迎寺(材木座 鎌倉には来迎寺が2つあるので気を付けてください)頼朝がの旗揚げのとき、畠山重忠と戦い敗れた三浦大介を弔うために、建立した能蔵寺の後身の寺院。

材木座にある、来迎寺 来迎寺は材木座の、バス通りから、住宅地に入ったところにあります。春になるとミモザの花が咲くそうです。 見どころ ...

補陀洛寺 頼朝の祈願所として建立されました、開山はあの文覚上人です。寺宝は平家の赤旗。

補陀落、海辺の寺にふさわしい名前です。 補陀落(ふだらく)=観音菩薩がいる場所、西・南・東の海にあるとされています。 海のかなたの、...

教恩寺 平重衡に頼朝が与えた阿弥陀仏があります。非公開ですが運慶の流れをくむ仏像です。

小さなお寺で、探すのに迷いました。 ぼたもち寺のそばです。小さなお寺で、探すのに迷いました。細い路地を行き探しました。 いつも行くスワニ...

實相寺 曽我兄弟に仇として討たれた工藤祐経の屋敷跡

実相寺(じっそうじ)は材木座の、静かな住宅街にありました。 バス停か住宅街に入ったところに、ひっそりとありました。来迎寺、五所神社と同じ通...

御霊神社・権五郎神社 頼朝の浮気相手の亀の前が出て来る、面掛け祭りはこちらのお祭りです。

平安時代からある、神社 ごりょうじ江ノ電の車窓からいつも見ていて、気にはなっていたのです。ブログを書くにあたり、2015年10月に行ってみ...

岩船地蔵 頼朝政子の長女、悲劇の大姫を弔うお堂。横須賀線の車中から見えます。

頼朝の長女、大姫を供養 お堂が一つだけ、住宅地の辻に建っていますので、興味を惹きます。何でしょうか?横須賀線の車窓から、北鎌倉駅からのトン...

満福寺 源義経が有名な腰越状をしたためたことで、有名なお寺です。

満福寺は、義経と弁慶が好きな人、必見の地 義経伝説の舞台です。義経が兄源頼朝に、疑われて、鎌倉に入れず、弁明のため、腰越状を書いたのが、満...

永福(ようふく)寺跡 頼朝が奥州藤原氏征伐で亡くなった兵の、鎮魂のため建立された巨大寺院の跡です。

頼朝が奥州藤原氏に憧がれて永福寺を建立 鎌倉宮から瑞泉寺へ行く道の、途中にあります。2017年6月に整備工事が終了して、公開されました。新...

白旗神社 頼朝を祀った神社です。頼朝の墓の近くにあります。

白旗神社は 頼朝の墓へ行く、石段の下にあります。 歴史の好きなが鎌倉に来ると、必ず行くのが鶴岡八幡宮の西にある、源頼朝の墓です。その頼朝の...

鶴岡八幡宮と大巧寺(おんめさま)も紹介したかったのですがまだエントリーが無いのでできませんでした。八幡様は記事が膨大になりそうで、どういう切り口で取り上げる考えあぐねています。おんめさまは政子のお産に関わり、現在でもお産子育ての祈願です。市民との関り方をどう書くべき考え中です。

ドラマ登場順、鎌倉殿の一三人結成後。

頼朝亡き後、粛清の嵐がはじまります。陰惨なクーデターを三谷脚本はどう描くのか興味があります。戦国時代はマイルドだと思いたくなるほど鎌倉時代はキツイ!

鎌倉歴史文化交流館 安達氏の館の跡地に建てられています。

注意:日曜・祝日は閉館しています。 新しくできた鎌倉歴史文化交流館 2017年5月15日に鎌倉市の新しい文化施設。鎌倉歴史文...

佛行寺 梶原景時の子梶原景季の腕をまつった、源太塚のある寺。つつじの名所です。

観光エリアから外れますが、鎌倉随一のつつじの名所。 湘南モノレール深沢駅から、鎌倉駅・鎌倉大仏方向に行った笛田に、つつじの名所があるという...

妙本寺 比企一族の館の跡、有力御家人の屋敷がどういうところにあったよくわかります。比企の乱で、2代将軍源頼家の妻若狭の局と嫡子一幡が殺されました。義時の子孫北条政村の娘が取りつかれた、若狭の局の霊が乗り移った蛇を祀る、蛇苦止(じゃくし)堂、悲劇の女性ヒロイン竹御所の墓もあります。

友達を、鎌倉案内で、一番最初に連れて行くお寺です 妙本寺に、10代・20代のころ、友人が遊びに来ると、鎌倉駅から妙本寺に直行しまし...

浄楽寺(横須賀市 逗子駅よりバス)和田義盛が運慶に作らせた仏像があります。

3/3と10/19に運慶の仏像が公開されます。 鎌倉時代はじめに、源平の戦いの南都焼き討ちで焼失した、奈良の東大寺・興福寺の復興で、運慶は...

龍宝寺 戦国時代に北条綱成により創建の寺院。鎌倉時代ここは七騎谷と呼ばれる、人が入れない谷でした。鎌倉三代将軍源実朝が、鶴岡八幡宮で、甥の公暁に殺されたとき、その首を持って逃げた七人の騎馬武者はこの谷に隠れて、追手から逃れたそうです。実朝ファンの方是非訪ねてください。

戦国時代の玉縄北条氏のお寺です。 源実朝伝説 龍宝寺の辺りは、むかし七騎谷と呼ばれる、人が入らない谷でした。鎌倉三代将軍源実朝が、鶴...

今宮 新宮神社(鶴岡八幡宮の境内外末社)鎌倉在住の私でもこのお宮の場所探すのは大変でした。承久の乱の敗者、後鳥羽上皇、土御門天皇、順徳天皇をお祀りした神社になります。

承久の乱の敗者を祀る宮 歴史に興味がある人、特に鎌倉時代の歴史に興味のある人は、鶴岡八幡宮の末社の今宮・新宮神社を探訪しましょう。...

安養寺 北条政子は鎌倉文学館の辺りにかつてあった長楽寺に葬られました。幕府滅亡の折焼失し、紆余曲折の末に安養寺に長楽寺が合併して、こちらに政子のもう一つの墓があります。教科書に載っている政子像はこちらにあります。

北条政子の寺 安養院はつつじの寺として有名です。五月のゴールデンウイーク頃に、名越へ行く大町の通りを歩くと、見事なつつじの花が咲い...

大江稲荷 大江広元の屋敷跡近くにあります。バス通りから近いです。熱狂的な広元ファンは足を運んでください。

大江広元の屋敷あと近くにあるお稲荷様。 大江広元には熱心なファンがいるので、大江稲荷を探しているファンのために、エントリーを書きます。十二...

明王院 四代将軍藤原頼経の祈願所とした建立され寺です、現在も檀家0軒、24時間祈願を受けるために開いてる祈願寺です。

檀家0軒、四代将軍藤原(九条)頼経の祈願寺。 明王院の境内は、撮影禁止です。 (写真は明王院のInstagram で見ましょう。) ...

歴史マニアが納得の、考証陣!

気鋭の歴史研究者が考証担当に。

大河ドラマの考証になると、夜中にNHKから電話がかかってきて答えなけれならない、体力的にもハードなのだそうです。私的なことですが、10歳で「平家物語」を原文で読み、大学では「愚管抄」を卒論にしました。国文学徒でしたが隣接する歴史研究者で、真面目に文献を研究する歴史学者のことをリスペクトしています。

「鎌倉殿の13人」の考証陣は

坂井孝一先生 創価大学教授 中公新書「承久の乱」の著者。

呉座勇一先生 国際日本研究センター助教 御存知中公新書「応仁の乱」の著者で、返す刀でバッサリ斬る、論客でもあります。

木下竜馬先生 東大史料編纂所助教 鎌倉幕府中世法制史の研究者

佐多芳彦先生 立正大学教授 「麒麟が来る」など多数の大河ドラマの風俗考証

細野重男先生

もう一人、歴史マニア特に中世史の皆さんに熱望されたのが、東洋大学教授の細野重男先生です。tweeterで濃い歴オタの方から、体調がすぐれないからではと情報を頂きました。残念であります。当ブログでは「頼朝の武士団」の記事もあります。版元が無くなり新刊では入手不可でしたが、出版社を変えて再度出版される可能が出てきました。目出度い!

新書なのにamazonで1万円! 「頼朝の武士団 将軍・御家人たちと本拠地・鎌倉」細川重男 歴史新書 洋泉社 2017年8月7日のa...

ネタバレしてもいいから、「鎌倉殿の13人」のストーリーが知りたい人は、「執権 北条氏と鎌倉幕府」を読むことをお勧めします。

三谷さんこれ絶対に読んでいるでしょう!

大河ドラマに冷たい、鎌倉民!

鎌倉民は大河ドラマは見ても、大河ドラマには冷たいです。タッキーの「義経」のときNHKが、義経・静御前のキャラクターだかの権利を使用を、関連する観光地の業者から募集したら、鎌倉からは2件の業者しか名乗り出なかったそうです。義経・静御前に弁慶なんて、ここではごみ収集キャラです。元から商標とかないので誰でもできますけれど。

カラスいけいけ、使っています。 カラスいけいけって知っていますか。となりの逗子の会社が開発した、カラスよけの組み立て式ゴミネットです。 ...

大河ドラマに便乗するのは、「品がない」「恰好悪い」「勝手に来ればよい」としか思ってない鎌倉市民ですが、今回は事情が違うかもしれません。自治体がらみ鎌倉市の方でですが。市の西北大船方面に、戦国時代に玉縄城がありました。北条は北条でも小田原の北条氏の城で、初代伊勢宗瑞(北条早雲)により築城、代々の当主の親戚が城主だった最重要拠点でした。小田原北条氏の大河ならバンバン登場するお城があります。鎌倉市は小田原市がはじめた、北条五代観光推進協議会に加盟して、小田原北条氏の大河ドラマ化を目指しているのです。

北条五代観光推進協議会

玉縄城築城500年祭 注意:このイベントは、2012年11月にありました、終了いたしました。 龍宝寺境内の国の重要文化財、旧石井家住...

近頃は大河ドラマ館を関係地に造り、活況を呈しているようです。tweeter界隈ではファンがドラマ館に行って、押しの等身大パネルに涙するtweetをしています。ドラマ館ができるのでしょうか。鎌倉国宝館・鎌倉歴史文化交流館では、歴史マニアが喜ぶ高難度な展示をしてくると思います。ライトファン向けの大河ドラマ館はたしてできるか、こちらも注目したいです。

 

1 2 3 4 20
トップへ戻る