スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

禅居院 山ノ内 念珠大祭 2019 非公開寺院で、各宗派の念珠についての座談会もありました。

禅居院 山門
禅居院 山門

念珠大祭に参加しました。

2019年3月16日、禅居院でありました、鎌倉十三佛詣りの念珠大祭に参加しました。禅居院は山ノ内、建長寺の向かい側にある。建長寺塔頭の非公開寺院です。年に一度梅かまくら特別参拝で一般に公開されています。摩利支天をおまつりしている鎌倉では珍しいお寺です。摩利支天のお札は、火伏のお札として台所に貼られています。

禅居院は鎌倉十三佛詣の番外となっています。

禅居院の写真をネットに上げないでとのことで、写真は門外から撮った写真だけになります。悪しからず。

鎌倉十三佛詣 念仏大祭は、3年に一度行われています。前回は極楽律寺だったそうです。念珠(ねんじゅ)とは数珠(じゅず)のことです。鎌倉十三仏詣の腕輪型念珠の授受がありました。

2016年に梅かまくら特別参拝で行った禅居院

年に一度の、梅かまくら特別参拝に参加しました。 建長寺の向かい側にある、禅居寺は非公開寺院で、普段は檀家さん以外境内に入ることもできません...
禅居院

禅居院

念珠大祭の様子、法要と鎌倉十三仏の寺院の僧侶座談会

念珠大祭は、14時開催で法要、次いで15時より座談会がありました。当日はほぼ満席で

会場は禅居院の本堂でした。会場の床に敷かれた赤い毛氈の上に、長谷寺の大念珠が置かれていました。珠が木製で直系5cmくらいの楕円系の念珠で、珠の数が540個です。禅居院は摩利支天をおまつりしています。頭が三つの武将が猪に乗っている、摩利支天の掛け軸が2つ壁に掛かっていました。

明王院の副住職さんが司会で進行しました。

法要 

法要は宗派を超えた鎌倉十三佛の僧侶により執り行れました。会場はほぼ満席、八十名の参加者でびっちりでした。今回の法要は一般参加者も読経しました。禅居院さんの檀家用のお経が貸し出されて皆さんで読経しました。

お坊さんたちの入場の合図に、太鼓を叩くのですが、胴の金具の部分もごりごりするのが、珍しかったです。場所が臨済宗建長寺派なので、禅宗風に般若心経などなど唱えました。

僧侶による念珠の座談会

念珠をテーマにした座談会、念珠大祭の座談会は二回目で、趣旨は合同法要の控室の話を再現。

メモを基にして書いています。勘違い聞き間違いもあるかも知れませんが、そこはご容赦ください。

東京国立博物館学芸員の高橋さんが司会
参加者は右手より
禅居院 副住職
来迎寺 西御門 副住職
浄光明寺 住職
極楽寺 住職
明王院 副住職
報国寺 副住職
の順に着席です。

念珠について各宗派の話

臨済宗建長寺派 報国寺副住職 「念珠はほとんど使わない、一人前になると用意するもの。」

真言宗 浄光明寺 「108珠で真言を唱えるとき指でたぐります。7個目の珠が小さくてそこを目印にしています。かつては数珠をすって音を出しました。」(能で僧が悪霊退散するとき、同じように音を立てて念珠をすります。それと同じでした。)

真言宗 明王院 「導師は宝石を使います。アシスタントは半分水晶の「半装束」の念珠を使います。念珠はカウントマシン。真言宗は本山によって扱いが違います。」

真言律宗 極楽寺 「菩提樹の念珠を使っています。修行中は榧木。房の決まりはない。建長寺はのように左手にかけない。」

時宗 来迎寺(西御門)「二連27珠 浄土宗と同じもの。念仏を唱えるとき数える使用。32400回唱えることができる。時宗では回数より時間が重視されています。ろうそくの火とか。」ここで「時宗だけに時間が」とギャグがで出ました。

真言宗 浄光明寺 「もともと念珠はバラモン教のもので、仏教ではマストアイテムではない。」という意見が出ました

白い色について、

臨済宗建長寺派 報国寺の副住職 「建長寺は老師が白を使うので、自分は遠い色を使う。同じ臨済宗でも一休のためなのか、京都の大徳寺では白を使う。」
浄土宗 明王院副住職 「逆に高野山では白は修業中の色。」
真逆の意見がありました。

着ている服装について、

宗派によって一番上の法衣が、セパレーツだったり、長着だったりしました。いわゆる墨染めの衣は、今回禅宗の臨済宗お坊さんだけでした。

真言宗と真言律宗は黄色系の法衣と大きな袈裟でした。
時宗は絹の緑色でした。紫色が上になるそうです。この中間に「松かさね」という緑色と紫色の糸で織られたものがあるそうです。

開祖と同じ袈裟を着る?着ない?

禅宗臨済宗の鎌倉市内の建長寺派は、蘭渓道隆ゆかりの黄色系の袈裟を着ています。
真言宗の高野山では、開祖空海と同じもの「遠山の袈裟」は身に着ないそうです。

建長寺派袈裟の写真は常楽寺のエントリーで見れます。

禅宗の歴史では重要なお寺です。 鎌倉の観光エリアから少し外れて大船になりますが、日本の禅宗の歴史では外せません。「常楽は建長の根本なり」と...

今回の座談会の登壇者が、鎌倉歴史文化交流センターのトークセッションにも登壇しました。こちらは、禅修行についてです。

鎌倉の禅宗のお坊さん4人のお話 鎌倉歴史文化交流館で、11月に真言律宗と真言宗の極楽寺・浄光明寺・覚園寺・明王院の僧侶による、トーク・セッ...
禅居院 摩利支天のお札

禅居院 摩利支天のお札とお守り

アクセスデータ

禅居院の詳しいエントリーです。こちらも併せてお読み下さい。

年に一度の、梅かまくら特別参拝に参加しました。 建長寺の向かい側にある、禅居寺は非公開寺院で、普段は檀家さん以外境内に入ることもできません...
webサイト: なし
住   所: 神奈川県鎌倉市山ノ内1534
電   話:  0467-22-7974

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線北鎌倉駅 徒歩15分

バ ス:江ノ電バス 鎌倉駅⇔大船駅・本郷台駅・上大岡駅 建長寺バス停下車 1分

神奈川県鎌倉市山ノ内1534
一般の人が参拝できるのは、年に一度、十三仏詣りの梅かまくら特別参拝だけです。

北鎌倉 山ノ内の紹介
山ノ内・北鎌倉駅周辺  観光めぐり便利メモ

赤印:観光スポット 緑印:交通情報、バス停と亀ヶ谷切通し入り口 青印:公衆トイレ 2018年3月作成 横須賀線の北鎌倉駅を降...
東慶寺
東慶寺はビジュアルのよいお寺です。 どこを向いても絵になる。どこを撮っても様になる写真がとれる、東慶寺はビジュアルの良いお寺です。人気のあ...
秋の東慶寺に行ってきました。 昨日、9月27日に東慶寺に行ってきました。このところ台風なので、涼しさを通り越して寒い日が続いていました。数...
明月院
 紫陽花で有名になった、明月院(めいげついん)。 紫陽花ですっかり有名になった、明月院です。紫陽花が植えられた経緯は、人手不足で植えっぱな...
青い紫陽花が、みごとです。 明月院の、観光に役立つアクセスデータ付きの、エントリーはこちら。 明月院のほど近くに住んでいます...
 丸窓の向こうに行って見たいと思いませんか? 明月院は人気があるので行かれた方も多いかと思います。明月院の名物の本堂の丸窓の行列に並んで、...
明月院の有名な丸窓の向こうは、花菖蒲の花園。 紫陽花で有名な北鎌倉の明月院には、普段は非公開の庭園があります。本堂の裏で「本堂後庭園」とい...
円覚寺

円覚寺は鎌倉五山第二位の寺です。 境内  円覚寺の敷地は横須賀線の線路を超えて、県道鎌倉街道を超えた、円覚寺の駐車場まであります。横須賀...
2017年2月の、梅かまくら特別参拝。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 2017年2月8日の「僧侶とめぐる...
塔頭(たっちゅう)に、入ってみたくなる円覚寺。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 塔頭(たっちゅう)は有力な...
insutagramに映えそうな、お寺 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 insutagramやってますか?...
円覚寺に2015年11月3日の祭日に行ったのですが、混んでいて写真が撮れない。見るだけでしたら、観光客の反応も見られて、それもまた面白いと思...
円覚寺の舎利殿が拝観に行って来ました。 円覚寺の総合案内は、こちら。 円覚寺宝物風入れと舎利殿公開の概要 ...

円覚寺 建長寺 宝物風入れ

11月1日~3日に、円覚寺・建長寺の宝物風入れが、ありました。 風入れとは、虫干しを兼ねて、宝物の公開をすることです。国宝・重要文化財、歴...
浄智寺
浄智寺は地味そうだけど、どっこい面白い! 北鎌倉駅周辺は、大きなお寺の円覚寺、駆け込み寺の東慶寺、紫陽花寺有名な明月院と有名なお寺さんがあ...
わびさびから、子供も楽しめる、変化のあるお寺 私は北鎌倉エリアの観光では、浄智寺をお勧めしています。家に近い場所なので、知り合いを連れてい...
建長寺
日本初の禅宗寺院で、鎌倉五山第一位 行ってみると、建長寺は大きなお寺です。建物も大きいですが、半蔵坊まで続く境内も広いです。さすがに日本初...
円応寺
澁澤龍彦の小説「護法」の舞台。 澁澤龍彦の「護法」(うつろ舟 収録)の冒頭、江戸時代、長谷寺の門前で芸者遊びをする地元の町人の若者の宴で、...
長寿寺、4~6月 10・11月 金・土・日曜・祭日 限定公開です
長寿寺は鎌倉で一番美しいお寺だと、私は思っています。限定公開です。 足利尊氏の邸宅跡で、墓があります。南北朝好きな人は、是非、行ってく...
牡丹の花が満開でした。 長寿寺は私が鎌倉で一番美しいお寺だと、思ってるお寺です。期間限定公開のお寺ですが、三回も見に行ってしまいました。建...
鎌倉で一番美しい寺 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータはこちらのエントリーです。 「鎌倉で、一番美しい寺は、」と問われたら。私...
座敷は風情があります。 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータ付きエントリーは、こちら。 今回は私が好きで、見ると反射的にたくさん...
禅居院 非公開寺院をのぞいてきました
年に一度の、梅かまくら特別参拝に参加しました。 建長寺の向かい側にある、禅居寺は非公開寺院で、普段は檀家さん以外境内に入ることもできません...
光照寺

北鎌倉のはずれにあります。 光照寺(こうしょうじ)は北鎌倉のはずれにあります。普通の観光客は行かないと思います。隠れた花の名所です。9月に...

成福寺 横須賀線で北鎌倉駅の手前で見えるあのお寺です、鎌倉ではレアな浄土真宗

鎌倉市唯一の、浄土真宗のお寺でした。実は増えた。 東京から横須賀線で鎌倉に行くと、大船駅と北鎌倉駅の間に、茅葺の立派な山門が見えるお寺です...

常楽寺

禅宗の歴史では重要なお寺です。 鎌倉の観光エリアから少し外れて大船になりますが、日本の禅宗の歴史では外せません。「常楽は建長の根本なり」と...

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。鎌倉時代の禅宗様にインスピレーションを得た、インテリアをデザインをしたいです。

Twitter 山本公子

Facebook 山本公子

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る