スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

マリー・ローランサン美術館 ホテルニューオータニ 2018 マリー・ローランサンの宿命を感じた、閉館迫る!

マリーローランサン「三人の若い娘」
マリーローランサン「三人の若い娘」http://marielaurencin.jp/

マリー・ローランサン美術館は2019年1月14日を持って閉館します。

蓼科高原から移転

ホテルニューオータニのマリーローランサン美術館は、ずーと気になっていました。蓼科から東京に移ったと知った日から。1990年代に長野県の蓼科にあったマリー・ローランサン美術館に行ったことがあります。その頃の私はエコール・ド・パリの画家、フジタ、モディリアーニが好きでした。美術館でマリー・ローランサンの絵に囲まれて、感銘を受けました。

2011年に蓼科のマリー・ローランサン美術館は閉館になりました。その後フランス・パリのマルモッタン=モネ美術館での「里帰り展」、日本以外のアジアでは初めてとなる台北、台中での回顧展、三鷹、金沢、浜松、府中、碧南、酒田、京都、長崎の展覧会があり、その後このホテルニューオータニに移転したそうです。

「お城の生活」マリー・ローランサン

「お城の生活」マリー・ローランサンhttp://marielaurencin.jp/about/

マリー・ローランサンという宿命

重要なお知らせ

マリー・ローランサン美術館は2019年1月14日の「音楽とマリー・ローランサン」展終了をもって閉館させて頂きます。ご来館頂きました皆様には心より御礼申し上げます。なおコレクションは今後も維持されますので、また皆様にご覧頂ける機会をもてればと希望致しております。

館長 吉澤公寿

http://marielaurencin.jp/

私は土曜日の午後に行ったのですが。残念ながら私のほかに妙齢のご婦人のグループしか客がいませんでした。鑑賞を邪魔する人が居なかったので、何回も展示室を回れました。流石にこれは寂しいなと感じました。

ブログを書くにあたり、サイトを見直して。来年の1月に閉館のこと。やはりという感じです。

フジタの展覧会が都美術であったり、ピカソは根強い人気があります。洗濯船のピカソの仲間たちは、美術史的に評価され、多くの美術ファンの心を捉えています。マリー・ローランサンも美術史上の画家になったのですが、現在の人気というは大きくなく、2018年は逆向といところです。

淡いパステルカラーで、ピンクが印象的な、マリー・ローランサンのような、ヴィジュアルを20世紀なら、求められました。強権的な男性文化に、抵抗するヴィジュアルです。ピンクの女性的な物が少なかった、1960年代70年代には、少女サイドから愛されました。

それから考えると。この2018年は女性的なものを代表するヴィジュアルが、パステル調ではなくなり、茫洋たる線よりは、くっきりとした線が好まれています。これは男尊女卑の風は今も残りますが、女が生き抜く方法が幾つもある時代になったからでしょうか。今の主流よりそれてしまいました。

美術館内で見て歩いて思ったのは、マリーローランサンは芸術家がだったんだな、思いました。アポリネールに失恋したり、離婚したり、亡命したりと、彼女も波乱万丈です。追い詰められようが、打ちひしがれようが、芸術表現に戻ってきて、マリー・ローランサン調の表現で絵を描きました。甘く見られようが彼女は芸術家です。

似ているけれど東郷青児は、やっぱり芸術の彼岸にいちゃってないです。

「音楽」マリー・ローランサン

「音楽」マリー・ローランサンhttp://marielaurencin.jp

淑女のささめきが、似合う美術館

淑女の話し声が似合う美術館だなと感じました。同じ展示室にいた、女性の静かな話声、知性を漂わせていました。常設展示の美術館や中小の美術館は、割と求道者的な鑑賞者がいて、ある種の緊張感が漂うときがあります。そういう鑑賞法を特に若い人がするのは好きです。作品世界を全肯定して、作品の醸し出す世界と、アティストの人生を認める、こういう場所が無くなるのは、もったいないです。

「家具付きの貸家」マリー・ローランサン

「家具付きの貸家」マリー・ローランサンhttp://marielaurencin.jp/about/

マリー・ローランサン美術館

マリー・ローランサン美術館は2019年1月14日を持って閉館します。
webサイト: web http://marielaurencin.jp
住   所:

東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ・ガーデンコート6F

電   話:  03-6261-6245
休 館 日 : 月曜日 12/25 12/31~1/4 12/24は開館
開館時間: 11:30~18:30(入館は閉館の30分前まで)
入 場 料  : 一般1,200円(1,100円)大学・高校900円
中学生以下無料( )内 15名以上の団体

アクセス方法

東京メトロ 赤坂見附駅 紀尾井町出口から徒歩3分
東京メトロ 永田町駅 7番出口から徒歩3分
東京メトロ 麹町駅 2番出口から徒歩6分
JR 四谷駅 麹町口・赤坂口から徒歩8分

東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る