シェアしていただけると、嬉しいです。

鎌倉文学館 長谷 日本文学史を侯爵家の別荘でたどる、薔薇園も有名、アクセスデータ付き

鎌倉文学館
鎌倉文学館

鎌倉が舞台なら、古典文学・純文学からラノベ・コミックまで

古典文学からコミックまで、鎌倉文学館て取り上げています。平家物語・太平記も紹介しています。最近のライトノベル・コミックスでも、鎌倉が舞台なら展示されています。ライトノベルや児童文学の特別展示もあります。大衆文学の作家さんも取り上げています。文学というと敬遠してしまう人も、ぜひ行ってみて下さい。

華族の前田侯爵家建てた別荘です。ここから海まで眺められます。季節によってはバラの花が咲き名物となっています。別荘建築を見に行く、庭を見に行く、季節がよければバラ園にいくと楽しいです。

鎌倉ゆかりの作家だけで、日本近現代文学史ができます。

鎌倉に住んでいた文学者、寺院・ホテルに長逗留した文学者が、沢山います。

芥川龍之介、有島生馬、有島武郎、泉鏡花、江藤淳、大岡昇平、岡本かの子、大佛次郎、小津安二郎、海音寺潮五郎、葛西善三、川端康成、木下利玄、国木田独歩、久保田万太郎、久米正雄、胡桃沢耕史、小林秀雄、今日出海、佐々木信綱、里見弴、渋澤龍彦、島崎藤村、神西清…

鎌倉の文学者をたどると、日本の明治・大正・昭和・平成の近現代文学史がたどれます。

鎌倉主なゆかりの文学者ページ

絵本やライトノベルの展覧会もやっていました。

過去の展覧会の記録を見ると、意外に絵本・児童書・ライトノベルの展覧会もしていました。2016年には、コミックやドラマにもなった「ビブリア古書堂の事件手帖」の展覧会もありました。

主人公が入院している病院が実在の大船中央病院で、手土産に鎌倉小川軒のレーズンウイッチにしていて、鎌倉のことがよく分ってらしゃいます。

過去の展覧会ページ

鎌倉文学館の見どころ

洋館とバラ園を見に来ても、良いと思います。

アプローチ

長谷通りから住宅地に入り、鬱蒼と木が茂る、緩い上り坂になります。入場券売り場の先にトンネルがあります。坂道をのぼりカーブを曲がると、ふいに洋館が見えます。大正時代の華族よろしく、クラッシクカーで抜けていったら、ドラマティックですね。

鎌倉文学館 アプローチ

鎌倉文学館 アプローチ

建物

この建物の建築様式は、外部はハーフティバー様式(イギリスの田舎スタイル)とスパニッシュ様式(スペインの昔のスタイル)と和風の切妻屋根が採用されています。内部はアールデコ様式が取り入れられています。大理石の玄関や暖炉、ステンドグラスが嵌められています。平成12年に国の登録有形文化財になりまし

鎌倉文学館の展示がされています。常設展示は、鎌倉ゆかりの作家の自筆原稿など展示されています。アールデコの室内もあじわえます。窓から由比ガ浜が見えます。三島由紀夫の「春の雪」で主人公が見た景色です。

鎌倉文学館

鎌倉文学館

庭園とバラ園

建物より一段下がると広い芝生の庭です。

薔薇の見頃は、5月~6月と10月~11月です。 

12月も下旬に行ったので、バラの花は少ししか咲いていませんでした。サイトの庭園紹介には咲き乱れる薔薇の花越しの文学館の写真が出ています。薔薇の季節に行かれるのが最高でしょう。

シーズンにはコンサートなどイベントが催され、休館日は月に一度だけに減ります。

鎌倉文学館 バラ園

鎌倉文学館 12月のバラ園

旧前田侯爵家の別邸の歴史

加賀百万石の前田家の流れをくむ前田侯爵家が、この地に別荘を建てたのは、明治23年で和風建築でした。明治23年に火災により焼失し、洋館が建てられました。この洋館も大正12年の関東大震災で倒壊、新たに建てられたのが、今に見る鎌倉文学館の建物です。この場所にかつて長楽寺があったことから「長楽山荘」と名づけられました。

戦後はデンマーク公使や佐藤栄作首相が、この別荘を借りました。

鎌倉文学館の設立

昭和58年に、旧前田侯爵別邸は、鎌倉市に寄贈されました。昭和60年に鎌倉文学館が開館しました。初代館長は作家の永井龍男でした。

三島由紀夫「春の雪」の舞台

三島由紀夫の晩年の四部作「豊饒の海」の第一部「春の雪」に、主人公の家の鎌倉の別荘として、旧前田侯爵が出てきます。

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫) 三島由紀夫 定価797円


楽天ブックス

鎌倉文学館 アクセスデータ

建物の中は、靴を脱いで見学します。

webサイト: web http://www.kamakurabungaku.com/index.html
twitter 鎌倉文子 https://twitter.com/kamakura_bunko1
住   所: 神奈川県鎌倉市長谷1-5-3
電   話: 0467-23-3911
F A X: 0467-23-5952
休 館 日: 月曜日(祝日は開館) 12/29~1/3 展示替え
5・6・10・11月は休館日は月に一日 カレンダー
開館時間 : 3~9月 9:00~17:00
10~2月 9:00~16:00(入館は閉館時間の30分前)
入 場 料: 展覧会により入場料が変わります。20名以上は団体割引
下記の条件の人は無料です。
※鎌倉市内に住所を有する方のうち、65歳以上の方
※市内在住の小・中学校の児童生徒とその同伴者2名まで。
※市内在住の高校生
※鎌倉市内に所在する小・中学校と高等学校の教員
※身体障がい者手帳の交付を受けた方およびその介助者1名
※療育手帳の交付を受けた方およびその介助者1名
※精神障がい者保険福祉手帳の交付を受けた方およびその介助者1名
※鎌倉市原子爆弾被害者による援護による認定の援護資格認定者とその介助者一名 詳しくはサイトで。

アクセス方法 サイト

江ノ電 由比ガ浜駅 徒歩7分

神奈川県鎌倉市長谷1-5-3
由比ガ浜駅と長谷通り交差点

由比ガ浜駅と長谷通り交差点

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る