スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

八坂大神 扇ガ谷 壽福寺の隣にある神社、アクセスデータ付き。

八坂大神
八坂大神

寿福寺の隣にある神社

八坂大神はやさかだいじん今小路沿いの、壽福寺じゅふくじのとなりの神社です。ここ扇ガ谷の鎮守です。

元々は鎌倉時代の武将、相馬次郎師常の屋敷の守り神でした。師常は文治五年(1185)の奥州征伐で武功を上げた武将でした。元久二年(1205)に師常が往生をとげたとき、感銘した多くの人びとが、参じました。

師常の屋敷は今の巽神社のあたりにありました。何か度か場所が変わり、明治時代にこの辺りの鎮守になったそうです。

八坂大神

八坂大神 鳥居

八坂大神 境内社 子神社

八坂大神 境内社 子神社

八坂大神 八坂大神

八坂大神(やさかだいじん)

御祭神 素戔嗚尊(すさのうのみこと)桓武天皇(かんむてんのう)
葛原親王(くずはらしんおう)高望王(たかもちおう)
お祭り 七月十二日
境内社 小神社(ねのじんじゃ)
御利益 疫病除、農業、商業

扇ガ谷の鎮守。別名「相馬天王」ともいわれる。その由来は、建久三年(1192)、源頼朝の家臣で千葉常胤の子、相馬次郎師常が自宅(巽神社付近)の守護神として勧請したことによる。(略)

社は後に浄光明寺裏山の綱引地蔵付近の窟屋、寿福寺本堂脇を経て、現在地に移った。明治二年(1869)、神仏分離に際し八坂大神と改称した。

鎌倉の寺 小事典

アクセスデータ

住   所: 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-13-46
管理 神社: 諏訪神社
住所:神奈川県横須賀市若松町3-17
電話:046-822-0208

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線鎌倉駅・江ノ島電鉄鎌倉駅 西口 徒歩10分

神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-13-46

鎌倉駅西口より今小路
巽神社

寿福寺・東慶寺へ道沿いにあります。 鎌倉駅西口より、寿福寺・東慶寺に向かう、今小路沿い、横須賀線のそばにあります。由緒は古く平安時代、坂上...

八坂大神

寿福寺の隣にある神社 八坂大神はやさかだいじん今小路沿いの、壽福寺じゅふくじのとなりの神社です。ここ扇ガ谷の鎮守です。 元々は鎌倉時...

寿福寺

壽福寺(じゅふくじ)は鎌倉五山第三位です。 普段は山門から門を閉じています。寿福寺の格式の高さと鎌倉時代の雰囲気を味じあうには、石畳まで充...

英勝寺

水戸徳川家の菩提寺で、鎌倉唯一の尼寺です 室町時代の有名な武将、太田道灌どうかんの屋敷が、この鎌倉・亀ヶ谷の地にありました。道灌の...

海蔵寺

海蔵寺(かいぞうじ)は、おススメの花の寺 うちの家族が好きなお寺です。 海蔵寺は私の家族が好きなお寺です。子供のころから何回も行きました...

岩船地蔵

頼朝の長女、大姫を供養 お堂が一つだけ、住宅地の辻に建っていますので、興味を惹きます。何でしょうか?横須賀線の車窓から、北鎌倉駅からのトン...

浄光明寺

ブラタモリに出たお寺です。 2015年5月9日の、ブラタモリで紹介されました。この回は見ていなかったのですが、サイトの浄光明寺のルートをみ...
2017年 梅かまくら特別参拝 裏庭を拝見 2017年3月17日に鎌倉十三仏詣りの梅かまくら特別参拝で、浄光明寺(じょうこうみょうじ)にお...

薬王寺

家光の弟、徳川忠長を夫人が供養した寺 薬王寺は北鎌倉から、亀ヶ谷の切通を越える道の脇道にあり。住宅地に、ひっそりと建っています 戦国...

北鎌倉から行くときは、亀ヶ谷の切通を通ります。

亀ヶ谷(かめがやつ)切通しは、幕府が整備しました。 源頼朝が鎌倉に幕府を開いてから、整備されました。鎌倉七口切通しのひとつです。 鎌...

八坂大神

八坂大神

 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る