シェアしていただけると、嬉しいです。

宇津宮稲荷 小町 鎌倉幕府ゆかりのお社 アクセスデータ付き。

宇津宮稲荷

小町の鎮座は、幕府の跡にあります。

小さなお稲荷さん。周囲に住民に守られたお稲荷様が、若宮大路のカトリック教会と鎌倉彫会館の間の路地にあります。小さいお社ですが由緒がありました。

かつてここに、宇津宮辻子幕府がありました。その幕府の御所内の社だったといわれています。お社には宇津宮辻子幕府跡の石碑が建っています。ここに幕府があったのは、御成敗式目を完成させた執権北条泰時のころでした。泰時さんもお参りしたのかな。

宇津宮稲荷

宇津宮稲荷

宇津宮稲荷

宇津宮辻子幕府の石碑

宇津宮辻子幕府の石碑

宇津宮稲荷とは

祭神 倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
お祭り 二月十五日

小町の鎮座。現在では周囲の住民に守られた身近な信仰の対象だが、かつては宇津宮辻子幕府の御所内の社だったという。

宇津宮辻子とは若宮大路と小町小路のこと。はじめ大倉にあった幕府が宇津宮辻子に移されてのは、そこが鎌倉中心であり、縁起の良い土地であったからとされる(略)

宇津宮辻子に幕府が置かれたのは嘉禄元年(1225)。執権北条泰時は御所近くに屋敷を置き、嘉禎二年(1236)に幕府が若宮大路に移されるまでの間、この地で政務を執ったとされる。

鎌倉の神社 小事典

宇津宮稲荷

宇津宮稲荷

アクセスデータ

webサイト: なし
住   所: 神奈川県鎌倉市小町2-15

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線鎌倉駅・江ノ島電鉄鎌倉駅 東口 徒歩4分

神奈川県鎌倉市小町2-15
宇津宮稲荷は、カトリック教会と鎌倉彫会館の間の路地にあります

宇津宮稲荷は、カトリック教会と鎌倉彫会館の間の路地にあります

 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る