シェアしていただけると、嬉しいです。

本興寺 大町、アクセスデータ付き。

本興寺 山門
本興寺 山門

大町の踏切のそばの、朱色の山門。

和菓子屋の大くにのある大町四つ角から、由比ガ浜方向に行くと、横須賀線の三浦道踏切があり、その先は水道路になります。踏切のそばに、辻の薬師堂と向かい合うように、本興寺の朱色の門があります。

この地は日蓮上人の辻説法の跡の一つで、日蓮の門弟日什により、本興寺は開かれました。栄えていたのですが、徳川幕府の日蓮宗不受不施派の弾圧により二十七代住職日徑が処刑され、廃寺に追い込まれました。再興の望む人々の願いで10年後再興されたのでした。

見どころ、山門。

道を歩いていても目立つ、赤い門です。江戸時代に作られました。

江戸末期 四脚門 虹梁蟇股式 1間×2間 切妻・瓦屋根 丸柱 三斗詰組

本興寺 山門

本興寺 山門

さるすべり

本堂の前の大きな木は、百日紅で8月には花が咲きます。また花が咲くころ行ってみたいです。

本興寺 さるすべり

本興寺 さるすべり

本興寺 本堂

本本興寺 本堂

本興寺とは

宗派 日蓮宗

山号寺号 法華山本興寺(ほっけざん ほうんこうじ)

創建 延元元年(1336)南北朝時代
開山 日什上人
開基 天目上人
本尊 三宝本尊
寺宝 木造三宝本尊像 木造日蓮上人坐像

鎌倉入りした日蓮上人は方々の辻に立ち、さかんに説法を行ったことは知られている。本興寺のある場所もそのひとつとされ、日蓮辻説法の碑が建てられている。ここに本興寺が建立されたのは日蓮上人の死後、延元元年(1336)、天目上人のてによってである。

天正十九年(1591)に徳川家康が寺領を寄進した。その後二十七世住持日徑が徳川家康に怒りにふれ、京都で処刑されたことでなどから廃寺になるが、やがて再興された

鎌倉の寺 小事典

アクセスデータ

webサイト: なし
住   所: 神奈川県鎌倉市大町2-5-32
電   話:  0467-22-2721
入場時間 :  昼間
拝 観 料:  無料
御朱印受付:  あり

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線鎌倉駅・江ノ島電鉄鎌倉駅 東口 徒歩14分

バ ス:

    京急バス 鎌30鎌倉⇔新逗子 大町4丁目 3分
    京急バス 鎌31鎌倉⇔緑ヶ丘入り口 大町4丁目 3分
    京急バス 鎌12鎌倉⇔九品寺循環 元八幡 1分
神奈川県鎌倉市大町2-5-32

近くのお寺
八雲神社

八雲神社 大町 厄払いと大町祭りで有名。アクセスデータ付き
由緒ある神社です。 十一月連休の昼下がり、けっこう参拝客が来ていました。厄払いで有名だそうです。わざわざ遠方からお見えの方もいるようです。...
教恩寺
とおせんぼの木、教恩寺 大町 戦国大名ゆかりの寺 アクセスデータ付き
小さなお寺で、探すのに迷いました。 ぼたもち寺のそばです。小さなお寺で、探すのに迷いました。細い路地を行き探しました。 いつも行くスワニ...
辻の薬師堂
辻薬師堂 大町 鎌倉国宝館名物の十二神将像のあったお堂です。アクセスデータ付き。
かつて平安時代の仏像がありました。 大町の横須賀線の踏切のそばに、辻の薬師堂・辻薬師と呼ばれるお堂があります。本興寺の向かい側になります。...
妙長寺
妙長寺 材木座、泉鏡花の幻想小説の舞台です。アクセスデータ付き。
郵便ポストと、日蓮像がめじるし。 バス通り沿いに、右に日蓮像、左に旧型の郵便ポストが目印のお寺があります。妙長寺です。境内は、よく手入れさ...
向福寺
向福寺、材木座。アクセスデータ付き。
材木座の小さな寺です。 バス通りから少し奥まったところに、ひっそりとありました。 「丹下左膳」の作者林不忘が新婚時代に住んでいました。 ...

 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る