スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

子供から大人まで、いろいろと楽しめる 浄智寺 山ノ内

浄智寺 鐘楼門
浄智寺 鐘楼門

わびさびから、子供も楽しめる、変化のあるお寺

私は北鎌倉エリアの観光では、浄智寺をお勧めしています。家に近い場所なので、知り合いを連れていくときは浄智寺を案内しています。それは他の北鎌倉の寺より、空いていることも理由ですが。

侘びさび、幽玄、幻想性、杉木立、竹林、石、やぐら、鎌倉五山でありながら、衰退した歴史。真面目な禅堂とおもいきや、ディズニーランド的な子供っぽい要素もあるのです。禅とか、歴史とか、鎌倉そのものにも興味のない人の、袖をひっぱって連れていきたいお寺です。

楽しめるポイントとして

☆鎌倉石の石段(なんと無料エリア!)で写真撮影が楽しめます。
☆建物と庭を楽しむ。
☆竹藪から岩山、ここは何処?な景色。
☆たぬきに、布袋様と子供も楽しめるよ。
☆有名人のお墓もあります。

浄智寺は、順路を歩くだけで、いくつも違った顔が見れるお寺です。わざと造り込んだんたと、思いきや由緒があり真面目なのが意外と面白いです。
わび・さび・幽玄・異世界 → 宗教としての禅宗 → 真面目に?エンターテインメントしています。布袋様の辺りはちょっとデズニー的かな。

浄智寺の見どころ、アクセスのエントリーはこちら

浄智寺は地味そうだけど、どっこい面白い! 北鎌倉駅周辺は、大きなお寺の円覚寺、駆け込み寺の東慶寺、紫陽花寺有名な明月院と有名なお寺さんがあ...
浄智寺 鐘楼門

浄智寺 鐘楼門

浄智寺 竹林

浄智寺 竹林

鎌倉石の石段(なんと無料エリア!)で写真撮影が楽しめます。

鎌倉街道から、角を曲がると、視界に石橋と石の階段が目に入ります。うっそうと茂った杉木立が、この世ならざる、異世界へと誘うのでした。この光景は、まごうことなき、開山のころの、鎌倉時代の風景でしょうか。甘露の井からはじまる石段を、山門を抜け、入場券売り場までの無料の場所です。ゆるい石段が長く続きます。

池からかなりの長さを、すりへった鎌倉石のゆるやかな石段を上ります。タイムスリップして鎌倉時代に戻ったような気分です。平行して通る道は、源氏山へのハイキングコースへの道です。

ここで着物て撮影すると雰囲気のある写真になりますね。撮影スポットとしてもよろしいかと思います。浄智寺に入場する前の無料エリアなので、お急ぎの方も寄ってみたください。

浄智寺 石段

浄智寺 石段

blogP9260539

建物と庭を楽しむ

浄智寺はなかなかセンスのある建物がそろっています。関東大震災で、壊滅的な被害を受けたので、今見る伽藍はその後建てられたものです。大正・昭和の建築だから、現代の私たちの美的センスにマッチします。

石段を上がりきると、二階に鐘つき堂があり変わった印象的な鐘楼門。本堂の曇華殿(どんげでん)は再建になります。中世の禅寺の土間形式のお堂になります。中には本尊の三世仏如来が祀られています。

本堂の後ろの茅葺屋根の書院は大正時代の再建で、藁ぶき屋根の和モダンの建物です。洗練されています。

浄智寺の各建物の紹介は、近く公開するエントリーで紹介します。

浄智寺 曇華殿

浄智寺 曇華殿

blogP9260663

竹藪から岩山とここは何処?な景色。

書院の庭を抜けると竹林になります。順路を歩いて行くと岩山にでます。鎌倉名物のやぐらに石仏のほかに、この光景は!コスプレとか特撮ものの撮影もできそう(実行する場合は自己責任で、よろしく)。

浄智寺の裏山

浄智寺の裏山

たぬきに、布袋様と子供も楽しめるよ。

鎌倉は大人向けの場所ばかりで、お子さんが飽きてきているなら、浄智寺に行きましょう。何も考えずに楽しめる、ディズニーみたいなところもあります。家族ずれでなくても、デートでも、グループで行っても盛り上がれます。

blogP9260626

竹林の中に狸。ふざけているように、見えますが、由緒のあるものだそうです。この辺に狸いますから。探検しましょう。岩がせり出して、わくわく!この辺は子供が喜びそう。すぐそばにトイレがあるので、お母さんは覚えておきましょう。インディージョーンスぽい風景に、ホスピタリティーあり。

blogP9260638

大きな岩の下に、謎のトンネル。冒険しましょう。ずんずん行こう。

blogP9260640

通り抜けると。布袋様が、見えます。等身大で大きいですよ。

blogP9260644

ここで、「めたぼー」と言いながら、お腹をさすり、みんなで記念撮影しましょう。鎌倉七福神の布袋様です。こちらも由緒がありますから、造り物ではありません。面白いけれど、深みがありますね。
blogP9260656書院の玄関の前あたり、ボリューミーな灯篭!

有名人のお墓もあります。

幻想小説の大家で、北鎌倉に住んでいた澁澤龍彦氏の、墓があります。

わびさび、から、格式ある禅宗の建物、後半は突っ込みどころ満載の、浄智寺でした。近くに住んでいるけれど、ここは面白い。
浄智寺の見どころアクセスのエントリーはこちら

浄智寺は地味そうだけど、どっこい面白い! 北鎌倉駅周辺は、大きなお寺の円覚寺、駆け込み寺の東慶寺、紫陽花寺有名な明月院と有名なお寺さんがあ...

神奈川県鎌倉市山ノ内1402

北鎌倉 山ノ内の紹介
東慶寺
東慶寺はビジュアルのよいお寺です。 どこを向いても絵になる。どこを撮っても様になる写真がとれる、東慶寺はビジュアルの良いお寺です。人気のあ...
秋の東慶寺に行ってきました。 昨日、9月27日に東慶寺に行ってきました。このところ台風なので、涼しさを通り越して寒い日が続いていました。数...
明月院
 紫陽花で有名になった、明月院(めいげついん)。 紫陽花ですっかり有名になった、明月院です。紫陽花が植えられた経緯は、人手不足で植えっぱな...
青い紫陽花が、みごとです。 明月院の、観光に役立つアクセスデータ付きの、エントリーはこちら。 明月院のほど近くに住んでいます...
 丸窓の向こうに行って見たいと思いませんか? 明月院は人気があるので行かれた方も多いかと思います。明月院の名物の本堂の丸窓の行列に並んで、...
明月院の有名な丸窓の向こうは、花菖蒲の花園。 紫陽花で有名な北鎌倉の明月院には、普段は非公開の庭園があります。本堂の裏で「本堂後庭園」とい...
円覚寺

円覚寺は鎌倉五山第二位の寺です。 境内  円覚寺の敷地は横須賀線の線路を超えて、県道鎌倉街道を超えた、円覚寺の駐車場まであります。横須賀...
2017年2月の、梅かまくら特別参拝。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 2017年2月8日の「僧侶とめぐる...
塔頭(たっちゅう)に、入ってみたくなる円覚寺。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 塔頭(たっちゅう)は有力な...
insutagramに映えそうな、お寺 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 insutagramやってますか?...
円覚寺に2015年11月3日の祭日に行ったのですが、混んでいて写真が撮れない。見るだけでしたら、観光客の反応も見られて、それもまた面白いと思...
円覚寺の舎利殿が拝観に行って来ました。 円覚寺の総合案内は、こちら。 円覚寺宝物風入れと舎利殿公開の概要 ...

円覚寺 建長寺 宝物風入れ

11月1日~3日に、円覚寺・建長寺の宝物風入れが、ありました。 風入れとは、虫干しを兼ねて、宝物の公開をすることです。国宝・重要文化財、歴...
浄智寺
浄智寺は地味そうだけど、どっこい面白い! 北鎌倉駅周辺は、大きなお寺の円覚寺、駆け込み寺の東慶寺、紫陽花寺有名な明月院と有名なお寺さんがあ...
わびさびから、子供も楽しめる、変化のあるお寺 私は北鎌倉エリアの観光では、浄智寺をお勧めしています。家に近い場所なので、知り合いを連れてい...
建長寺
日本初の禅宗寺院で、鎌倉五山第一位 行ってみると、建長寺は大きなお寺です。建物も大きいですが、半蔵坊まで続く境内も広いです。さすがに日本初...
円応寺
澁澤龍彦の小説「護法」の舞台。 澁澤龍彦の「護法」(うつろ舟 収録)の冒頭、江戸時代、長谷寺の門前で芸者遊びをする地元の町人の若者の宴で、...
長寿寺、4~6月 10・11月 金・土・日曜・祭日 限定公開です
長寿寺は鎌倉で一番美しいお寺だと、私は思っています。限定公開です。 足利尊氏の邸宅跡で、墓があります。南北朝好きな人は、是非、行ってく...
牡丹の花が満開でした。 長寿寺は私が鎌倉で一番美しいお寺だと、思ってるお寺です。期間限定公開のお寺ですが、三回も見に行ってしまいました。建...
鎌倉で一番美しい寺 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータはこちらのエントリーです。 「鎌倉で、一番美しい寺は、」と問われたら。私...
座敷は風情があります。 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータ付きエントリーは、こちら。 今回は私が好きで、見ると反射的にたくさん...
禅居院 非公開寺院をのぞいてきました
年に一度の、梅かまくら特別参拝に参加しました。 建長寺の向かい側にある、禅居寺は非公開寺院で、普段は檀家さん以外境内に入ることもできません...
光照寺
北鎌倉のはずれにあります。 光照寺(こうしょうじ)は北鎌倉のはずれにあります。普通の観光客は行かないと思います。隠れた花の名所です。9月に...
成福寺 横須賀線で北鎌倉駅の手前で見えるあのお寺です、鎌倉ではレアな浄土真宗
鎌倉市唯一の、浄土真宗のお寺でした。実は増えた。 東京から横須賀線で鎌倉に行くと、大船駅と北鎌倉駅の間に、茅葺の立派な山門が見えるお寺です...
常楽寺

禅宗の歴史では重要なお寺です。 鎌倉の観光エリアから少し外れて大船になりますが、日本の禅宗の歴史では外せません。「常楽は建長の根本なり」と...

2015年9月26日・27日・28日・29日初出
2016年12月22日改訂
2018年1月16日改訂
 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る