シェアしていただけると、嬉しいです。

円覚寺 舎利殿公開 2016年11月 解説と公開日情報など、アクセスデータ付き。

円覚寺 舎利殿
円覚寺 舎利殿

円覚寺の国宝 舎利殿を見に行ってきました。 

円覚寺の総合案内は、こちら。

円覚寺は鎌倉五山第二位の寺です。 境内  円覚寺の敷地は横須賀線の線路を超えて、県道鎌倉街道を超えた、円覚寺の駐車場まであります。横須賀...

2016年11月5日、円覚寺の宝物風入れと一緒に公開された、舎利殿を拝見しました。昨年に続いての拝見です。

元尼寺の仏殿でしたので、繊細で女性的な建物です。檜皮葺の屋根の曲線や細かい細工の欄間。窓や扉の形が、鎌倉時代の禅宗様式で、江戸時代以降建物には見られない形になっています。宋から影響を受けたエキゾチックなデザインです。

2017年の円覚寺の梅かまくら特別参拝で、突っ込んだ話が聞けました。

2017年2月の、梅かまくら特別参拝。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 2017年2月8日の「僧侶とめぐる特別参拝...

2016年円覚寺宝物風入れ

展覧会とは一味違う、宝物風入れ。 円覚寺の総合案内は、こちら。 虫干しなんです。 お寺の持っている宝物・古文書・代々の住職の持...

2016年建長寺宝物風入れ

展覧会とは一味違う、宝物風入れ。 宝物風入れとは、虫干しのことです。 ネットで検索したところ、「風入れ」「虫干し」でお寺の持っている...

2015年11月の舎利殿拝見

円覚寺の舎利殿が拝観に行って来ました。 円覚寺の総合案内は、こちら。 円覚寺宝物風入れと舎利殿公開の概要 ...
円覚寺 舎利殿

円覚寺 舎利殿

舎利殿の建築の特徴、鎌倉時代の禅宗様式

舎利殿の特徴

禅宗様式の建物として、国宝に指定されています。その特色として屋根の傾斜の美しさ、軒のそりの美しさと柱が細いことがあげられます。上段の垂木は扇の骨のように広がっているので「扇垂木(おおぎたるき)」と呼ばれています。

たおやかな曲線が特徴的な屋根は、さわらの薄板で葺かれた「杮葺(こけらぶき)」で、25年に一度は葺き替えています。

円覚寺 舎利殿

円覚寺 舎利殿

円覚寺 舎利殿の軒下

円覚寺 舎利殿の上段の「扇垂木」

波型の欄間

「弓欄間(ゆみらんま)」「波欄間(なみらんま)」と呼ばれている、装飾性の高い欄間です。欄間から内部に光と風を送り、建物の保存に役立っています。

円覚寺 舎利殿 欄間

円覚寺 舎利殿 欄間

鎌倉時代後期の特徴が出ている、花頭窓。

花頭窓・火燈窓・架燈窓などと書き「かとうまど」と呼びます。舎利殿の花頭窓は鎌倉時代後期の特徴が出ています。窓の外枠の縦のラインが真直ぐです。江戸時代以降の花頭窓は斜めに広がります。例、浄光明寺

円覚寺 舎利殿の花頭窓

円覚寺 舎利殿の花頭窓

舎利は源実朝が日本に招来しました。

舎利とはブッダの骨のことです。鎌倉幕府三代将軍源実朝が、仏舎利の夢を見て、宋の能仁時に使者を遣わして請来しました。鎌倉の大慈寺に安置され、そののち円覚寺に移つされました。

太平寺の仏殿がどうして、円覚寺に移築されたのか。

戦国ラブロマンス

戦国時代、弘治2年(1556)安房の里見義弘が鎌倉に攻め入り、鎌倉尼五山第一位の大平寺の住職、青岳尼を奪い妻としました。

青岳尼は小弓公方(おゆみくぼう)の足利義明の長女で、北条氏綱と里見氏が戦った第一次国府台合戦で父が討ち取られました。里見義弘は幼馴染だったという説もあります。

安房の国に連れ去られた、青岳尼のその後についてはよく分からないです。一説によれば、還俗してまだ髪が伸びないうちに、病死したという説があります。

武装軍隊を引き連れて、戦国武将が告白に来る!壁ドンより強烈!

古い本ですが類書がないので紹介します。青岳尼の話はもっと小説などになっていそうですが、意外にメジャーのものがありません。千葉県の人が喜びそうですけど。

大平寺の跡地は西御門の来迎寺のすぐそばにあります。

魅惑の如意輪観音像 鎌倉には来迎寺が2つあります。 鎌倉には来迎寺(らいごうじ)が、2つあります。町名でいうと、西御門と材木座の2箇所に...

怒った!戦国大名北条氏康が移築させました。

 鎌倉に攻め入った里見軍は、各所に火を放ち鎌倉の街を壊滅させました。(シン・ゴジラより悪質!)激怒した小田原北条氏の当主、北条氏康により、鎌倉尼五山一位の大平寺を廃絶しました。

このころ円覚寺は、度重なる火災により開山堂と昭堂(開山像を礼拝するお堂)を失っていました。北条氏康は太平寺の仏堂を円覚寺の昭堂として移築されました。このことは円覚寺古文書の北条氏康書状に書かれています。宝物風入れでこれも公開されています。

展覧会とは一味違う、宝物風入れ。 円覚寺の総合案内は、こちら。 虫干しなんです。 お寺の持っている宝物・古文書・代々の住職の持...

舎利殿の公開情報

一般公開日

円覚寺舎利殿の、一般公開日は、

円覚寺舎利殿の、一般公開日は、
☆年末年始
☆ゴールデンウイーク
☆11月の宝物風入れにあわせて

詳しくは円覚寺サイト内のブログ、居士林だより をチェックしてください。円覚寺の入場料の他別途入場料がかかります。

観光協会市の観光課の方でも正確な情報が出ないようなので。確実に行きたい人は、円覚寺さんに電話してください。電話0467-22-0478

円覚寺の宝物風入れと舎利殿の概要

参考、2016年の円覚寺の宝物風入れと舎利殿公開の概要です。

日程 11月3日(祝木)~5日(土)
時間 9:00~16:00最終日は15:30(注意:閉まる時間より早い)
宝物風入れの場所 方丈
入場料 500円 中学生以下300円
抹茶席 抹茶券 1,000円
特典 舎利殿 見学

円覚寺サイト内 宝物風入れページ http://www.engakuji.or.jp/events_gyoji.html?no=2

居士林だより http://www.engakuji.or.jp/blog/

円覚寺 舎利殿

円覚寺 舎利殿

神奈川県立歴史博物館に原寸模型があります。

横浜市中区の横浜市営地下鉄馬車道駅下車の、神奈川県立歴史博物館に、舎利殿の原寸大の模型があります。もっと知りたいと思ったら行ってみてください。

神奈川県立歴史博物館サイト http://ch.kanagawa-museum.jp/

なお、2018年平成30年4月下旬まで、改装工事のため休館中です。パワーアップして公開してくれることを期待しましょう。
2017年の円覚寺の梅かまくら特別参拝で、突っ込んだ話が聞けました。

2017年2月の、梅かまくら特別参拝。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 2017年2月8日の「僧侶とめぐる特別参拝...

2016年円覚寺宝物風入れ

展覧会とは一味違う、宝物風入れ。 円覚寺の総合案内は、こちら。 虫干しなんです。 お寺の持っている宝物・古文書・代々の住職の持...
2016年建長寺宝物風入れ
展覧会とは一味違う、宝物風入れ。 宝物風入れとは、虫干しのことです。 ネットで検索したところ、「風入れ」「虫干し」でお寺の持っている...
2015年11月の舎利殿拝見

円覚寺の舎利殿が拝観に行って来ました。 円覚寺の総合案内は、こちら。 円覚寺宝物風入れと舎利殿公開の概要 ...

円覚寺アクセスデータ

円覚寺の総合案内は、こちら。
http://koten-kagu.jp/2018/01/21/kamakura-131/

webサイト: サイト http://www.engakuji.or.jp/
住   所: 神奈川県鎌倉市山ノ内406
電   話: 0467-22-0478
駐 車 場: 円覚寺前駐車場
入場時間 :  8:00~17:00 11月~3月は 16:00まで
拝 観 料:  一般・高校生300円 小・中学生100円
障害者手帳をお持ちのかた、およびその介護者(1名)、福寿手帳をお持ちのかたは無料。
御朱印受付:  1件300円

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線北鎌倉駅 徒歩1分 (総門まで)

バ ス:江ノ電バス 鎌倉駅⇔大船駅・本郷台駅・上大岡駅 北鎌倉駅バス停下車 1分

神奈川県鎌倉市山ノ内409
北鎌倉 山ノ内の紹介
東慶寺
東慶寺はビジュアルのよいお寺です。 どこを向いても絵になる。どこを撮っても様になる写真がとれる、東慶寺はビジュアルの良いお寺です。人気のあ...
秋の東慶寺に行ってきました。 昨日、9月27日に東慶寺に行ってきました。このところ台風なので、涼しさを通り越して寒い日が続いていました。数...
明月院
 紫陽花で有名になった、明月院(めいげついん)。 紫陽花ですっかり有名になった、明月院です。紫陽花が植えられた経緯は、人手不足で植えっぱな...
青い紫陽花が、みごとです。 明月院の、観光に役立つアクセスデータ付きの、エントリーはこちら。 明月院のほど近くに住んでいます...
 丸窓の向こうに行って見たいと思いませんか? 明月院は人気があるので行かれた方も多いかと思います。明月院の名物の本堂の丸窓の行列に並んで、...
明月院の有名な丸窓の向こうは、花菖蒲の花園。 紫陽花で有名な北鎌倉の明月院には、普段は非公開の庭園があります。本堂の裏で「本堂後庭園」とい...
円覚寺
円覚寺は鎌倉五山第二位の寺です。 境内  円覚寺の敷地は横須賀線の線路を超えて、県道鎌倉街道を超えた、円覚寺の駐車場まであります。横須賀...
2017年2月の、梅かまくら特別参拝。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 2017年2月8日の「僧侶とめぐる特別参拝...
塔頭(たっちゅう)に、入ってみたくなる円覚寺。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 塔頭(たっちゅう)は有力な僧が亡く...
insutagramに映えそうな、お寺 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 insutagramやってますか?私はya...
円覚寺に2015年11月3日の祭日に行ったのですが、混んでいて写真が撮れない。見るだけでしたら、観光客の反応も見られて、それもまた面白いと思...
円覚寺の舎利殿が拝観に行って来ました。 円覚寺の総合案内は、こちら。 円覚寺宝物風入れと舎利殿公開の概要 ...
円覚寺 建長寺 宝物風入れ
11月1日~3日に、円覚寺・建長寺の宝物風入れが、ありました。 風入れとは、虫干しを兼ねて、宝物の公開をすることです。国宝・重要文化財、歴...
浄智寺
浄智寺は地味そうだけど、どっこい面白い! 北鎌倉駅周辺は、大きなお寺の円覚寺、駆け込み寺の東慶寺、紫陽花寺有名な明月院と有名なお寺さんがあ...
わびさびから、子供も楽しめる、変化のあるお寺 私は北鎌倉エリアの観光では、浄智寺をお勧めしています。家に近い場所なので、知り合いを連れてい...
円応寺
澁澤龍彦の小説「護法」の舞台。 澁澤龍彦の「護法」(うつろ舟 収録)の冒頭、江戸時代、長谷寺の門前で芸者遊びをする地元の町人の若者の宴で、...
長寿寺、4~6月 10・11月 金・土・日曜・祭日 限定公開です
長寿寺は鎌倉で一番美しいお寺だと、私は思っています。限定公開です。 足利尊氏の邸宅跡で、墓があります。南北朝好きな人は、是非、行ってく...
牡丹の花が満開でした。 長寿寺は私が鎌倉で一番美しいお寺だと、思ってるお寺です。期間限定公開のお寺ですが、三回も見に行ってしまいました。建...
鎌倉で一番美しい寺 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータはこちらのエントリーです。 「鎌倉で、一番美しい寺は、」と問われたら。私...
座敷は風情があります。 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータ付きエントリーは、こちら。 今回は私が好きで、見ると反射的にたくさん...
禅居院 非公開寺院をのぞいてきました
年に一度の、梅かまくら特別参拝に参加しました。 建長寺の向かい側にある、禅居寺は非公開寺院で、普段は檀家さん以外境内に入ることもできません...
光照寺
北鎌倉のはずれにあります。 光照寺(こうしょうじ)は北鎌倉のはずれにあります。普通の観光客は行かないと思います。隠れた花の名所です。9月に...
成福寺 横須賀線で北鎌倉駅の手前で見えるあのお寺です、鎌倉ではレアな浄土真宗
http://koten-kagu.jp/2016/09/29/kamakura-74/

 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る