スポンサーリンク

2016年 秋の東慶寺に行ってまいりました。

東慶寺 すすきとおみなえし 山ノ内 北鎌倉駅周辺
東慶寺 すすきとおみなえし
この記事は約7分で読めます。

秋の東慶寺に行ってきました。

昨日、9月27日に東慶寺に行ってきました。このところ台風なので、涼しさを通り越して寒い日が続いていました。数日振りに気温29度に逆戻り、暑かったです。

明月院の見どころを紹介するエントリーを書くため、明月院に参りました。東慶寺のほかに、北鎌倉のマイナーな隠れた名所、光照寺と観光エリアから少しだけ外れる、成福寺を見てまいりました。光照寺、成福寺は思いかけず花の寺でした。(行っても墓地ばかりの、至って普通のお寺です。無理して行かなくてもいいでしょう。←本音!)

東慶寺の見どころとアクセスデータのエントリー

東慶寺、次は水月観音を見にまいりましょう。アクセスデータ付き。
東慶寺はビジュアルのよいお寺です。 どこを向いても絵になる。どこを撮っても様になる写真がとれる、東慶寺はビジュアルの良いお寺です。人気のあるのもうなずけます。 谷のことを、このあたりでは谷戸(やと)といいます。谷戸の入り口にお寺の門...

2016年今年の明月院の紫陽花レポート

2016年、今年の明月院の紫陽花は、青色が鮮やかでした。
青い紫陽花が、みごとです。 明月院の、観光に役立つアクセスデータ付きの、エントリーはこちら。 明月院のほど近くに住んでいます。時折明月院の前を通ります。灯台元暗し、随分長い間行っていませんでした。紫陽花が気になりましたので、...

光照寺 キリシタンの寺だそうです。

光照寺 北鎌倉 キリシタンの遺物が残る寺。アクセスデータ付き。
北鎌倉のはずれにあります。 光照寺(こうしょうじ)は北鎌倉のはずれにあります。普通の観光客は行かないと思います。隠れた花の名所です。9月に行ったのですが、曼珠沙華をはじめとして、マリーゴールド、萩など目を楽しませてくれる花が沢山咲いていま...

秋を紹介

秋の花々も植えられています。か細いので分かりずらいかな、写真の真ん中に、ススキとオミナエシが植えられています。

東慶寺 すすきとおみなえし

東慶寺 薄と女郎花

墓地の辺りから見た杉木立、楓も多く植えられています、12月には紅葉かな。戦後に植えた杉の木が太くなっています。そろそろ鎌倉の杉の木で住宅をキャンペーンをはじめたら。そのあとには広葉樹を植えよう。

東慶寺 杉木立

東慶寺 杉木立

茶室へ続く門が閉じられていました。この扉の棒がバッテンになっている意匠は、いいですね。茶道は詳しくないので分かりませんが、何か先行のデザインがあるのでしょうか?秋の侘しい杣屋に見えて趣があります。

東慶寺 茶室の門

東慶寺 茶室の門

秋の華といえば、曼珠沙華。結構咲いていたのですが、家で画像を見ると東慶寺さんのはなかったので、明月院さんのを代わりに。マンジュシャゲは葉がないので、群生していないと写真の撮りずらいですね。でも一つだけ咲いているのは趣があります。

明月院 曼珠沙華

明月院 曼珠沙華

新たに取材してきました。

東慶寺の仏殿が移築されています。この仏殿のあった跡、松岡宝蔵の並びに観音様の石像が立っています。
三渓園にの旧東慶寺仏殿の紹介エントリーです。

三渓園 鎌倉と京都の寺から来た、天授院、旧東慶寺仏殿、御門、海岸門を紹介アクセスデータ付き
鎌倉と京都のお寺から、移築した建物を紹介 鎌倉の東慶寺から、旧仏殿。建長寺の塔頭から移築された、天授院。京都東山の西方寺から門が二つ、三渓園に移築されています。この四つの建物を紹介します。 明治時代の廃仏毀釈や、将軍家・大名家の後援...
東慶寺 庭園の観音菩薩の石像

東慶寺 庭園の観音菩薩の石像

覚山尼(開山 北条時宗の室)用堂尼(後醍醐天皇の皇女)天秀尼(豊臣秀頼の娘)の墓を見に行ってきました。私は他人のお墓に行くのが苦手なのですが、これは外せないと思い、見てきました。東慶寺サイト内に、墓苑の地図が出ています。

鎌倉カテゴリーでの、お墓の取り扱い。
新ブログをはじめて、1年たちました。 無料ブログのエキサイトから、独自ドメインに移ってきたのが、2015年8月5日です。1年経ちました。 2012年5月からエントリーがあるのは、 旧ブログのエントリーを、移して、一部公開しているから...
東慶寺 豊臣秀頼の娘 天秀尼の墓

東慶寺 豊臣秀頼の娘 天秀尼の墓

実は近くなので、東慶寺の花を見に、これからも行きます。

アクセスデータ

是非こちらもご覧ください。東慶寺の見どころ・由来・観光に役立つ記事です。

東慶寺、次は水月観音を見にまいりましょう。アクセスデータ付き。
東慶寺はビジュアルのよいお寺です。 どこを向いても絵になる。どこを撮っても様になる写真がとれる、東慶寺はビジュアルの良いお寺です。人気のあるのもうなずけます。 谷のことを、このあたりでは谷戸(やと)といいます。谷戸の入り口にお寺の門...

宗派 臨済宗円覚寺派
山号寺号 松岡山東慶総持禅寺(しょうこうざん とうけいそうじぜんじ)

webサイト:  サイト http://www.tokeiji.com/

Facebook www.facebook.com/shokozan.tokeiji

Instagram https://www.instagram.com/tokeiji_temple/

住   所:  神奈川県鎌倉市山ノ内1367
電   話:  0467-22-1663
メールアド:  info@tokeiji.com
駐 車 場: なし
入場 時間: 冬季:8:30~16:00  夏季:8:30~17:00
松岡宝蔵 9:30~15:00 休館日月曜日
喫   煙: 全域禁煙
拝 観 料: 一般100円 小・中学生100円
松岡宝蔵 常設展400円 特別展500円
※小中学生 一律200円(税込)
※団体割引(15名以上) 特別展のみ500円→400円
クレジット
カード  :
VISA・Master・JCB・ニコス・ダイナース・AMEX
Suica・銀聯
御朱印受付: 有り
設   備: 段差なし(スロープ有)・補助犬歓迎

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線北鎌倉駅 南口より徒歩3分

バス :江ノ電バス 鎌倉駅 大船駅・上大岡駅・本郷台駅行 北鎌倉駅バス停下車2分

神奈川県鎌倉市山ノ内1367

北鎌倉 山ノ内の紹介
東慶寺
東慶寺、次は水月観音を見にまいりましょう。アクセスデータ付き。
東慶寺はビジュアルのよいお寺です。 どこを向いても絵になる。どこを撮っても様になる写真がとれる、東慶寺はビジュアルの良いお寺です。人気のあるのもうなずけます。 谷のことを、このあたりでは谷戸(やと)といいます。谷戸の入り口にお寺の門...

2016年 秋の東慶寺に行ってまいりました。
秋の東慶寺に行ってきました。 昨日、9月27日に東慶寺に行ってきました。このところ台風なので、涼しさを通り越して寒い日が続いていました。数日振りに気温29度に逆戻り、暑かったです。 明月院の見どころを紹介するエントリーを書くため、明...

明月院
明月院 山之内 あじさい以外の見どころも紹介 アクセスデータ付き。
 紫陽花で有名になった、明月院(めいげついん)。 紫陽花ですっかり有名になった、明月院です。紫陽花が植えられた経緯は、人手不足で植えっぱなしでも手間がかからないからと、紫陽花を植えたことがはじまりだと聞いています。いま明月院におじゃまする...

2016年、今年の明月院の紫陽花は、青色が鮮やかでした。
青い紫陽花が、みごとです。 明月院の、観光に役立つアクセスデータ付きの、エントリーはこちら。 明月院のほど近くに住んでいます。時折明月院の前を通ります。灯台元暗し、随分長い間行っていませんでした。紫陽花が気になりましたので、...

明月院の非公開庭園、本堂後庭園に紅葉を見に行ってきました。2016年 秘密の庭に!
 丸窓の向こうに行って見たいと思いませんか? 明月院は人気があるので行かれた方も多いかと思います。明月院の名物の本堂の丸窓の行列に並んで、写真を撮りませんでしたか?あの向こうにも庭が続いて、素敵そうな場所だなと思われて人も多いでしょう。 ...

明月院の非公開庭園、本堂後庭園に花菖蒲を見に行ってきました。2017年秘密の庭に!
明月院の有名な丸窓の向こうは、花菖蒲の花園。 紫陽花で有名な北鎌倉の明月院には、普段は非公開の庭園があります。本堂の裏で「本堂後庭園」といいます。有名な丸窓の向こう側にあるのです。それが6月の花菖蒲と12月の紅葉の時期に不定期で公開されま...

円覚寺

円覚寺 山ノ内 北鎌倉駅前 円覚寺の見どころ全て紹介します。アクセスデータ付き。
円覚寺は鎌倉五山第二位の寺です。 境内  円覚寺の敷地は横須賀線の線路を超えて、県道鎌倉街道を超えた、円覚寺の駐車場まであります。横須賀線が開通した時、円覚寺の敷地を線路が通り、北鎌倉駅そばの白鷺池が寺の外になってしまいました。円覚寺は...
円覚寺 山ノ内 2017年2月梅かまくら特別参拝で、お坊さんに舎利殿と円覚寺の色々な話を聞きました。
2017年2月の、梅かまくら特別参拝。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 2017年2月8日の「僧侶とめぐる特別参拝(舎利殿も含む)」に参加しました。円覚寺のお坊さんの案内で、山門前ー仏殿ー選仏場ー正続院の禅...
円覚寺 仏日庵 抹茶で一休み、アクセスデータ付き。
塔頭(たっちゅう)に、入ってみたくなる円覚寺。 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 塔頭(たっちゅう)は有力な僧が亡くなると、それを慕う僧が作った小さなお堂です。今は僧侶の住まいであり、末寺となっています。円覚...
円覚寺 如意庵 insutagramをやっている人は如意庵に行きましょう、アクセスデータ付き。
insutagramに映えそうな、お寺 円覚寺の総合案内は、こちらエントリーになります。 insutagramやってますか?私はyamamotoーkimiko名義でやっています。 フォローお願いします! インスタ楽しい...
円覚寺でこれ気になりました。釣り行燈?少し調べてみた。
円覚寺に2015年11月3日の祭日に行ったのですが、混んでいて写真が撮れない。見るだけでしたら、観光客の反応も見られて、それもまた面白いと思います。webに出す写真は人が写ってない方が良いので、冬の空いている時期に、もう一度行って。きちんと...
円覚寺 国宝 舎利殿の曲線 2015年11月の公開、デザインについての感想。
円覚寺の舎利殿が拝観に行って来ました。 円覚寺の総合案内は、こちら。 円覚寺宝物風入れと舎利殿公開の概要 細部のデザインが気になりました。 子供のころから数えると3回目の、円覚寺舎利殿の拝観になります。前...

円覚寺 建長寺 宝物風入れ


浄智寺
浄智寺 山ノ内 北鎌倉 地味そうだけど、行くと面白いお寺です。アクセスデータ付き。
浄智寺は地味そうだけど、どっこい面白い! 北鎌倉駅周辺は、大きなお寺の円覚寺、駆け込み寺の東慶寺、紫陽花寺有名な明月院と有名なお寺さんがあって、鎌倉五山四位の浄智寺はちょっと知られてないです。行ってみると趣のあるお寺で、子供さんでも楽しめ...

子供から大人まで、いろいろと楽しめる 浄智寺 山ノ内
わびさびから、子供も楽しめる、変化のあるお寺 私は北鎌倉エリアの観光では、浄智寺をお勧めしています。家に近い場所なので、知り合いを連れていくときは浄智寺を案内しています。それは他の北鎌倉の寺より、空いていることも理由ですが。 侘びさ...

円応寺
円応寺、鎌倉時代の閻魔大王像は、鎌倉時代の名作です。アクセスデータ付き。
澁澤龍彦の小説「護法」の舞台。 澁澤龍彦の「護法」(うつろ舟 収録)の冒頭、江戸時代、長谷寺の門前で芸者遊びをする地元の町人の若者の宴で、オタクの若旦那が、仲間にたきつけられて、夜中に十王堂から護法の像を持ち出して……という短編小説があり...

長寿寺、4~6月 10・11月 金・土・日曜・祭日 限定公開です
長寿寺 山ノ内 足利尊氏の邸宅跡の、季節限定公開の美しい寺です。アクセスデータ付き
長寿寺は鎌倉で一番美しいお寺だと、私は思っています。限定公開です。 足利尊氏の邸宅跡で、墓があります。南北朝好きな人は、是非、行ってください。 はじめて、長寿寺に行ったのは、春の宵でした。茅葺の観音堂が幻想的で印象に残りました。...

長寿寺 山ノ内 牡丹の花が満開でした。季節限定公開の美しい寺です。
牡丹の花が満開でした。 長寿寺は私が鎌倉で一番美しいお寺だと、思ってるお寺です。期間限定公開のお寺ですが、三回も見に行ってしまいました。建長寺の近くで鎌倉街道沿いの亀ヶ谷の切通の入り口にあります。 昨年の6月に前回行ったとき、牡丹の...

長寿寺 山の内 魅力その一、幻想的な観音堂。
鎌倉で一番美しい寺 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータはこちらのエントリーです。 「鎌倉で、一番美しい寺は、」と問われたら。私は山ノ内の長寿寺と答えます。これは私個人感想です。北鎌倉駅からか建長寺に向かう鎌倉街道の途中、亀ヶ谷...

長寿寺 山ノ内 魅力その二、和室と石畳。
座敷は風情があります。 長寿寺の観光に役立つ、アクセスデータ付きエントリーは、こちら。 今回は私が好きで、見ると反射的にたくさん写真を撮っていしまう、伝統工法の、和室の写真です。もう、「和室萌え」とか「座敷萌え」とか「室礼萌え」...

禅居院 非公開寺院を 梅かまくら特別参拝でのぞいてきました
禅居寺、山ノ内 梅かまくら特別参拝で行く非公開寺院、アクセスデータ付き。
年に一度の、梅かまくら特別参拝に参加しました。 建長寺の向かい側にある、禅居寺は非公開寺院で、普段は檀家さん以外境内に入ることもできません。一般の人たちが参拝できるのは、年に一度鎌倉十三仏詣りの梅かまくら特別参拝だけです。今回この貴重な機...

光照寺
光照寺 北鎌倉 キリシタンの遺物が残る寺。アクセスデータ付き。
北鎌倉のはずれにあります。 光照寺(こうしょうじ)は北鎌倉のはずれにあります。普通の観光客は行かないと思います。隠れた花の名所です。9月に行ったのですが、曼珠沙華をはじめとして、マリーゴールド、萩など目を楽しませてくれる花が沢山咲いていま...

成福寺 横須賀線で北鎌倉駅の手前で見えるあのお寺です、鎌倉ではレアな浄土真宗
http://koten-kagu.jp/2016/09/29/kamakura-74/

2016年9月27日初出
2019年6月9日訂

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました