三渓園の安土桃山時代、旧天瑞寺寿塔覆堂 月華殿 亭榭を紹介アクセスデータ付き

スポンサーリンク
三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂湘南・横浜・東京
三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂

安土桃山時代の、秀吉、家康が作らせた建物。

安土桃山時代の建物として、内苑にある、旧天瑞寺寿塔覆堂と月華殿、京都の高台寺の橋を模して掛けられた、亭榭を紹介します。

豊臣秀吉・徳川家康が建設させた建物が、横浜の三渓園にあります。今年2016年大盛り上がりの大河ドラマ「真田丸」のファンでしたら、足を運んでみてください、

公式サイトより、写真多めで行きます。建物の細部が分るように、Photoshop(画像編集ソフト)を頑張ります。

旧天瑞寺寿塔覆堂(きゅうてんずいじじゅとうおおいどう)重要文化財


旧天瑞寺寿塔覆堂
は豊臣秀吉が命じて建てたと、確証できる建物です。明治38年に三渓園に移築されました。

寿塔とは、人が生きているうちに長寿を願い、建てるお墓です。覆堂は中の石塔を保護するために、作られたお堂です。

天正19年(1591)に豊臣秀吉が母の大政所の健康を祈り、京都大徳寺天瑞寺に建てました。同年9月には、秀吉が朝鮮出兵で九州に行ったので、遠く離れる母への気づかいです。翌年大政所は亡くなりました。

旧天瑞寺寿塔覆堂は、華麗な彫刻のほどこされた四坪ほどの建物です。梁間三間、桁行三間、屋根は入母屋作り本瓦葺。唐破風の下の虹梁の上には、彫刻付きの蟇股、上部の彫刻は迦陵頻伽、その上の彫刻は雲と楽器を透かし彫りにしています。建立当時は、彩色がほどこされ、金具も輝いていました。

江戸時代の日光東照宮の彫刻などと比べると、面白いことが分かります。旧天瑞寺寿塔覆堂は大変手の込んだ彫刻なのですが、扉の上部のブロックと扉の上部分と、唐破風の下の蟇股の周囲と、限られた部分にしか、彫刻がありません。実際に行ってみると、堂の脇と後ろには一切装飾がありません。飾り立てる所が部分的なのです。

ド派手だと思われがちな、秀吉の桃山文化では、彫刻の飾りが限られたところしかなく。江戸時代になってからの、建築装飾が際限なくされるようになった、違いがあります。安土桃山文化と江戸初期の文化との違いがあるのも面白いです。

三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂

三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂

三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂

三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂

三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂

三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂 扉の迦陵頻伽の彫刻

月華殿(げっかでん)重要文化財

旧天瑞寺寿塔覆堂が秀吉なら、こちらの月華殿は家康が発注して、伏見城内に建てさせました。

月華殿は慶長八年(1603)徳川家康が将軍宣下を受けるために、伏見城に建てられました。その時の諸大名の控え室として使われました。伏見城取り壊し後は、宇治の茶の商人から寺院の客殿になり、大正九年に原三渓が三渓園に移築しました。

屋根は檜皮葺の入母屋づくり、庇は杮葺き。内部は檜扇の間十二畳半と竹の間十五畳からなります。檜扇の間には檜扇、竹の間には竹の絵が描かれています。欄間には狩野永徳の下絵の菊花の透かし彫りがあります。

徳川家康らしい、シックで落ち着いた建物です。安土桃山時代の典型的な書院造りの建物です。

三渓園 月華殿

三渓園 月華殿 手すりのデザインが面白いです。

三渓園 月華殿

三渓園 月華殿

三渓園 月華殿

三渓園 月華殿

亭榭(ていしゃ)

亭榭(ていしゃ)は、京都の高台寺の観月台を、模して造られました。残念ながらこちらは、安土桃山時代のオリジナルの移築ではありません。観月台と同じく檜皮葺に唐破風です。

三渓園の内苑の庭園の、フォーカルポイントです。

高台寺は、豊臣秀吉の正室寧が出家した寺です。近くに豊臣秀吉が命じて建てさせた、旧天瑞寺寿塔覆堂があります。庭園の向こうには、原三渓が聚楽第の建物の一部と信じていた、臨春閣が見えます。

絢爛豪華な安土桃山時代の京都の、聚楽第も桃山城の庭も、こうだったのかと想像をかきたてられます。

三渓園 亭榭

三渓園 亭榭

三渓園 亭榭

三渓園 亭榭

三渓園 亭榭

三渓園 亭榭 この擬宝珠のデザインがどこから来たのか知りたい。

三渓園の各建物の、紹介

内苑

御門(ごもん)  横浜市指定有形文化財
京都東山の西方寺より、海岸門ともに移築されました。薬王門です。

三渓園 鎌倉と京都の寺から来た、天授院、旧東慶寺仏殿、御門、海岸門を紹介アクセスデータ付き
鎌倉と京都のお寺から、移築した建物を紹介 鎌倉の東慶寺から、旧仏殿。建長寺の塔頭から移築された、天授院。京都東山の西方寺から門が二つ、三渓園に移築されています。この四つの建物を紹介します。 明治時代の廃仏毀釈や、将軍家・大名家の後援...
三渓園 内苑の御門

三渓園 内苑の御門

白雲邸(はくうんてい) 横浜市指定有形文化財

臨春閣(りんしゅんかく) 重要文化財

旧天瑞寺寿塔覆堂・月華殿・亭榭 豊臣秀吉・徳川家康ゆかりの建物

三渓園の安土桃山時代、旧天瑞寺寿塔覆堂 月華殿 亭榭を紹介アクセスデータ付き
安土桃山時代の、秀吉、家康が作らせた建物。 安土桃山時代の建物として、内苑にある、旧天瑞寺寿塔覆堂と月華殿、京都の高台寺の橋を模して掛けられた、亭榭を紹介します。 豊臣秀吉・徳川家康が建設させた建物が、横浜の三渓園にあります。今年2...

旧天瑞寺寿塔覆堂(きゅうてんずいじじゅとうおおいどう) 当ブログ

月華殿(げっかでん)当ブログ

亭榭(ていしゃ)当ブログ

金毛窟(きんもうくつ)茶室 重要文化財

天授院(てんじゅいん)  重要文化財

鎌倉の建長寺の塔頭より移築された、禅宗様式の仏堂です。原家の持仏堂になります。

三渓園 鎌倉と京都の寺から来た、天授院、旧東慶寺仏殿、御門、海岸門を紹介アクセスデータ付き
鎌倉と京都のお寺から、移築した建物を紹介 鎌倉の東慶寺から、旧仏殿。建長寺の塔頭から移築された、天授院。京都東山の西方寺から門が二つ、三渓園に移築されています。この四つの建物を紹介します。 明治時代の廃仏毀釈や、将軍家・大名家の後援...
三渓園 天授院

三渓園 天授院

聴秋閣(ちょうしゅうかく)  重要文化財

春草廬(しゅんそうろ)茶室 重要文化財

蓮華院(れんげいん)茶室

海岸門(かいがんもん)
京都の東山西方寺より、御門とともに移築されました。

三渓園 鎌倉と京都の寺から来た、天授院、旧東慶寺仏殿、御門、海岸門を紹介アクセスデータ付き
鎌倉と京都のお寺から、移築した建物を紹介 鎌倉の東慶寺から、旧仏殿。建長寺の塔頭から移築された、天授院。京都東山の西方寺から門が二つ、三渓園に移築されています。この四つの建物を紹介します。 明治時代の廃仏毀釈や、将軍家・大名家の後援...
三渓園 海岸門

三渓園 海岸門

三渓記念館

三渓記念館は、内苑の入り口にあります。ミニ美術館とミュジアムショップと、抹茶処があります。立ち寄ることを、おススメします。

三渓園 三渓記念館 望塔亭の抹茶

三渓園 三渓記念館 望塔亭の抹茶

鶴翔閣(かくしゃうかく)

原三渓の自宅、明治35年(1902)建設。平成12年修復工事。
※毎年8月に公開されます。

2016年8月の公開の様子。室内の写真が見れます。

三渓園 鶴翔閣 特別公開。日本美術界の伝説もある、大茶人原三渓の、ご自宅訪問。
三渓園 鶴翔閣(かくしゃうかく)の公開に行きました。 横浜の、三渓園の「三渓園で楽しむ夏休み~横浜市指定有形文化財」 2015年8月11日(木・祝)~8月16日(火)の公開に行ってきました。 鶴翔閣は明治から昭和の、茶人であり、実業...
三渓園 鶴翔閣 玄関

三渓園 鶴翔閣の玄関

外苑

旧燈明寺三重塔(きゅうとうだいじさんじゅうのとう)重要文化財

松風閣 展望台

林洞庵(りんどうあん)茶室

初音茶屋(はつねじゃや)休憩所

梅林 臥龍梅

寒霞橋

横笛庵(よこぶえあん)茶室

旧東慶寺仏殿(きゅうとうけいじぶつでん)重要文化財

鎌倉の駆け込み寺で有名な東慶寺よりの、移築。江戸初期の禅宗様式。

三渓園 鎌倉と京都の寺から来た、天授院、旧東慶寺仏殿、御門、海岸門を紹介アクセスデータ付き
鎌倉と京都のお寺から、移築した建物を紹介 鎌倉の東慶寺から、旧仏殿。建長寺の塔頭から移築された、天授院。京都東山の西方寺から門が二つ、三渓園に移築されています。この四つの建物を紹介します。 明治時代の廃仏毀釈や、将軍家・大名家の後援...

blogp8162594

旧矢箙原家住宅(きゅうやのはらけじゅうたく)合掌造り 重要文化財 いつでも見学できます。

旧矢箆原家住宅は、岐阜県大野郡荘川村にありました。昭和32年、ダム工事にともない水没することになり、三渓園に移築されました。

江戸末期に建てられ、一階は飛騨の大工の作った、書院と農家。屋根裏部屋は村人が共同で作った合掌造りです。内部の見学ができます。

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園の旧矢箆原家住宅は、囲炉裏に合掌造りで、いつでも建物内の見学できます。
三渓園で唯一つ、いつでも上がれる建物です。 旧 矢箆原(やのはら)家住宅は、三渓園の数ある、歴史的な建物のなかで、唯一、いつ行っても、建物の中に上がれるます。 三渓園では、将軍家、大名家ゆかりの御殿が、いくつも移築されています。内苑...

旧燈台寺本堂(きゅうとうだいじほんどう) 重要文化財  

三渓園 アクセスデータ

w e b:http://www.sankeien.or.jp/index.html
住   所: 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
電   話: 045-957-0634 045-957-0635
休 園 日: 12月29日・30日・31日
開館 時間: 9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
駐 車 場:乗用車 最初の2時間500円、以降30分毎100円当日最大1,000円
バス 駐車時間に制限なく、1利用につき1,000円
入 場 料  :大人(中学生以上)500円(400円)小人(小学生)200円(100円)
( )内、20名以上の団体、大人・小人の区別はありません。
学生だけで構成された団体は、学生団体入園料金250円
回数券、年間パスポート、前売券
入園料免除(無料)の規定もあります。詳しくはこちらに。

アクセス方法

web交通ページ http://www.sankeien.or.jp/access/index.html

電車・バス

電車 駅名バス乗り場バスの系統降りるバス停
JR京浜東北線 根岸駅バス1番乗り場横浜市営58・99・101系統本牧 下車徒歩10分
JR 東急 京急 相鉄 市営地下鉄 横浜駅東口バス2番乗り場横浜市営8・148系統本牧三渓園前 下車 徒歩5分
JR京浜東北線 桜木町駅バス2番乗り場横浜市営8・148系統本牧三渓園前 下車 徒歩5分
市営地下鉄元町・中華街駅 4番出口山下町バス停横浜市営8・148系統本牧三渓園前 下車 徒歩5分
神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1

2016年9月15日初出
2022年2月13日改訂

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました