シェアしていただけると、嬉しいです。

三渓園の旧矢箆原家住宅は、囲炉裏に合掌造りで、いつでも建物内の見学できます。

三渓園 旧矢箆原家住宅 囲炉裏

三渓園で、唯一、いつでも、上がれる建物。

旧 矢箆原(やのはら)家住宅は、三渓園の数ある、歴史的な建物のなかで、唯一、いつ行っても、建物の中に上がれるます。

三渓園では、将軍家、大名家ゆかりの御殿が、いくつも移築されています。内苑の臨春閣など、障子が開けられて。室内が見れるのです。それはそれで、貴重な建物のすぐそば近づけるので、またとない体験なのですが、やはり、どこかの建物に上りたいです。

そんな中、外苑の旧矢箆原家住宅だけは、春・夏・秋の特別公開でなくても、いつでも建物内に入れます。

畳の部屋のない家に、住んでいる人が増えました。こんな時代ですから、伝統日本家屋に上がり、畳を敷いた座敷に行きましょう。心が落ち着きます。

ダムに沈む、合掌造りの民家を、移築

旧矢箆原家住宅は、岐阜県大野郡荘川村にありました。昭和32年、ダム工事にともない水没することになり、これを救うため三渓園に移築されました。重要文化財。

旧矢箆原家住宅は、書院造り+農家+3階建ての屋根裏部屋

旧矢箆原家住宅の特徴の一つは、荘川合掌造りです。

合掌造りで有名な、世界遺産の白川郷五箇荘の合掌造りは、切妻屋根です。
荘川合掌造りは入母屋の茅葺になります。

江戸後期に一階部分は、飛騨高山の大工が建て、屋根の骨組み部分と茅葺は、村人の「結(ゆい)」という共同作業で建てられました。

屋根のつまに、火燈窓(花頭窓 かとうまど)のデザインがもちいられています。

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園 旧矢箆原家住宅 書院の格子戸(左)と玄関の式台(右)

農家のつくり 一階の南側 

一階部分の南側は、普通の農家の作りになっています。見学者は建物左手の、農家出入口から、入ります。そばに大きな土間があって、農作業や運搬に使う馬が体調管理するため、ここで飼われていました。

表側の広い囲炉裏のある部屋「おいえ」は家族のだんらんの部屋で、村の寄り合いも行われました。

裏側にある「だいどころ」の囲炉裏は、煮炊きに使いました。この家には「かまど」がありません。

三渓園 旧矢箆原家住宅 囲炉裏

三渓園 旧矢箆原家住宅 「おいえ」家族の団欒スペースの囲炉裏

三渓園 旧矢箆原家住宅 「おいえ」

三渓園 旧矢箆原家住宅 「おいえ」の戸棚

三渓園 旧矢箆原家住宅 囲炉裏 こちらには火が入ってました。

三渓園 旧矢箆原家住宅 「だいどころ」囲炉裏 こちらには火が入ってました。

立派な書院造り、一階の北側

三渓園は徳川将軍家・大名家ゆかりのお屋敷が、いくつも移築されています。書院は最重要な部屋なので、そのデザインには大変気を使っています。

旧矢箆原家住宅は、対して、飛騨地方の大農家とはいえ、百姓なので、見学前はたいしたことはないだろうと思いましたが。なかなか立派でした。欄間には錨と櫂と、扇ちらしのデザイン床の間のしつらえも、良かったです。

書院の部分は、飛騨が幕府直轄の天領なので、役人の接待に用いられました。

三渓園 旧矢箆原家住宅 式台の玄関

三渓園 旧矢箆原家住宅 式台の玄関

三渓園 旧矢箆原家住宅 違い棚

三渓園 旧矢箆原家住宅 「おくざしき」の違い棚

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園 旧矢箆原家住宅 書院部分の建具

三渓園 旧矢箆原家住宅 仏壇

三渓園 旧矢箆原家住宅 浄土真宗の仏壇 お彼岸とお盆に公開します。

二階は民具の展示

旧矢箆原家住宅の屋根裏はかつて、養蚕をしていました。この部分は大工ではなく、村の共同体「結」で作られました。

屋根裏で、サスという丸太30本を、コマジリが支えています。

矢箆原家と飛騨地方の民具、1000点が収蔵されていて、2階に展示されています。

三渓園 旧矢箆原家住宅 二階

三渓園 旧矢箆原家住宅 二階

三渓園 旧矢箆原家住宅 二階

三渓園 旧矢箆原家住宅 二階

 感想 軒の深い家はいいな

2016年の8月16日に、三渓園を訪問した時の、旧矢箆原家住宅の見学記です。2階の民具の展示スペースは、暗くて実はよく見えませんでした。本やパンフレットを読む前に見学したので、写真がないものあります。これかも三渓園に勉強に行くので、再度撮影し、このエントリーを補完していきます。

三渓園の他の建物もそうでしたが、戦前までに作られた日本の木造家屋は、屋根の軒先が深い家が多かったです。民家でも一間くらいはありました。濡れ縁(よく、縁側と間違えられる)、なんていう木製の張り出しが作られる位でした。

現在の日本人は、家の中に光を求めすぎています。リビングの窓を、はめ殺しの巨大窓にしたり、窓の数を増やしたり。光を求めるあまり、屋根を小さくして軒先を狭くしました。

旧矢箆原家住宅を見学して、軒の深い昔ながらの家もいいなと思いました。よく言われる、雨風が防げる、建物や中の家財の「日焼け」防止になる、という利点以外にも。炎天下でも、しのぎ易かったです。光の問題は、昔の女性は、縁側で裁縫をしていました。旧矢箆原家住宅では机が格子窓の前にありました。光量不足は、窓際で作業することで、補っていました。

軒の深い家が復活してきても、良いかと思います。

うらがわにある「だいどころ」の囲炉裏は、猛暑の日の訪問でしたけれど、火がはいっていました。空気が乾燥するようで、火の暖かさを感ずるのですが、心地が良かったです。一年中、囲炉裏の火を絶やさないのには、こういった理由もあるのかしら?

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園の各建物の、紹介

※記事を書きましたら、随時リンクを貼っていきます。

内苑

御門(ごもん)  横浜市指定有形文化財
京都東山の西方寺より、海岸門ともに移築されました。薬王門です。

三渓園 鎌倉と京都の寺から来た、天授院、旧東慶寺仏殿、御門、海岸門を紹介アクセスデータ付き
鎌倉と京都のお寺から、移築した建物を紹介 鎌倉の東慶寺から、旧仏殿。建長寺の塔頭から移築された、天授院。京都東山の西方寺から門が二つ、三渓...
三渓園 内苑の御門

三渓園 内苑の御門

白雲邸(はくうんてい) 横浜市指定有形文化財

臨春閣(りんしゅんかく) 重要文化財

旧天瑞寺寿塔覆堂・月華殿・亭榭 豊臣秀吉・徳川家康ゆかりの建物

三渓園の安土桃山時代、旧天瑞寺寿塔覆堂 月華殿 亭榭を紹介アクセスデータ付き
安土桃山時代の、秀吉、家康が作らせ建物。 安土桃山時代の建物として、内苑にある、旧天瑞寺寿塔覆堂と月華殿、京都の高台寺の橋を模して掛けられ...
旧天瑞寺寿塔覆堂(きゅうてんずいじじゅとうおおいどう)

豊臣秀吉が母大政所の病気回復を祈り、建てさせた寿塔を保護するお堂。豪華な彫刻が彫られています。

三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂

三渓園 旧天瑞寺寿塔覆堂

月華殿(げっかでん)

徳川家康が将軍宣下のとき、伏見城中に大名の控え室として建てさせました。安土桃山時代の書院造り。

三渓園 月華殿

三渓園 月華殿

亭榭(ていしゃ)

庭園内の屋根付きの橋です。こちらは原三渓が建てたものです。
豊臣秀吉の正室根寧が出家して、余生を過ごした京都高台寺の観月台を模しています。

三渓園 亭榭

三渓園 亭榭

金毛窟(きんもうくつ)茶室 重要文化財

天授院(てんじゅいん)  重要文化財

鎌倉の建長寺の塔頭より移築された、禅宗様式の仏堂です。原家の持仏堂になります。

三渓園 鎌倉と京都の寺から来た、天授院、旧東慶寺仏殿、御門、海岸門を紹介アクセスデータ付き
鎌倉と京都のお寺から、移築した建物を紹介 鎌倉の東慶寺から、旧仏殿。建長寺の塔頭から移築された、天授院。京都東山の西方寺から門が二つ、三渓...

三渓園 天授院

三渓園 天授院

聴秋閣(ちょうしゅうかく)  重要文化財

春草廬(しゅんそうろ)茶室 重要文化財

蓮華院(れんげいん)茶室

海岸門(かいがんもん)
京都の東山西方寺より、御門とともに移築されました。

三渓園 鎌倉と京都の寺から来た、天授院、旧東慶寺仏殿、御門、海岸門を紹介アクセスデータ付き
鎌倉と京都のお寺から、移築した建物を紹介 鎌倉の東慶寺から、旧仏殿。建長寺の塔頭から移築された、天授院。京都東山の西方寺から門が二つ、三渓...

三渓記念館

三渓記念館は、内苑の入り口にあります。ミニ美術館とミュジアムショップと、抹茶処があります。立ち寄ることを、おススメします。

三渓園 三渓記念館 望塔亭の抹茶

三渓園 三渓記念館 望塔亭の抹茶

鶴翔閣(かくしゃうかく)

原三渓の自宅、明治35年(1902)建設。平成12年修復工事。
※毎年8月に公開されます。

2016年8月の公開の様子。室内の写真が見れます。

三渓園 鶴翔閣 特別公開。日本美術界の伝説もある、大茶人原三渓の、ご自宅訪問。
三渓園 鶴翔閣(かくしゃうかく)の公開に行きました。 横浜の、三渓園の「三渓園で楽しむ夏休み~横浜市指定有形文化財」 2015年8月11日...
三渓園 鶴翔閣 玄関

三渓園 鶴翔閣の玄関

外苑

旧燈明寺三重塔(きゅうとうだいじさんじゅうのとう)重要文化財

松風閣 展望台

林洞庵(りんどうあん)茶室

初音茶屋(はつねじゃや)休憩所

梅林 臥龍梅

寒霞橋

横笛庵(よこぶえあん)茶室

旧東慶寺仏殿(きゅうとうけいじぶつでん)重要文化財

鎌倉の駆け込み寺で有名な東慶寺よりの、移築。江戸初期の禅宗様式。

三渓園 鎌倉と京都の寺から来た、天授院、旧東慶寺仏殿、御門、海岸門を紹介アクセスデータ付き
鎌倉と京都のお寺から、移築した建物を紹介 鎌倉の東慶寺から、旧仏殿。建長寺の塔頭から移築された、天授院。京都東山の西方寺から門が二つ、三渓...
blogp8162594

旧矢箙原家住宅(きゅうやのはらけじゅうたく)合掌造り 重要文化財 いつでも見学できます。

旧矢箆原家住宅は、岐阜県大野郡荘川村にありました。昭和32年、ダム工事にともない水没することになり、三渓園に移築されました。

江戸末期に建てられ、一階は飛騨の大工の作った、書院と農家。屋根裏部屋は村人が共同で作った合掌造りです。内部の見学ができます。

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園の旧矢箆原家住宅は、囲炉裏に合掌造りで、いつでも建物内の見学できます。
三渓園で、唯一、いつでも、上がれる建物。 旧 矢箆原(やのはら)家住宅は、三渓園の数ある、歴史的な建物のなかで、唯一、いつ行っても、建物の...

旧燈台寺本堂(きゅうとうだいじほんどう) 重要文化財  

三渓園 アクセスデータ

w e b: http://www.sankeien.or.jp/index.html
住   所:  神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
電   話:  045-957-0634 045-957-0635
休 園 日:  12月29日・30日・31日
開館 時間:  9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
駐 車 場: 乗用車 最初の2時間500円、以降30分毎100円当日最大1,000円
バス 駐車時間に制限なく、1利用につき1,000円
入 場 料  : 大人(中学生以上)500円(400円)小人(小学生)200円(100円)
( )内、20名以上の団体、大人・小人の区別はありません。
学生だけで構成された団体は、学生団体入園料金250円
回数券、年間パスポート、前売券
入園料免除(無料)の規定もあります。詳しくはこちらに。

アクセス方法

web交通ページ http://www.sankeien.or.jp/access/index.html

電車・バス

駅名 バス乗り場 バスの系統 降りるバス停
JR京浜東北線 根岸駅 バス1番乗り場 横浜市営58・99・101系統 本牧 下車徒歩10分
JR 東急 京急 相鉄 市営地下鉄 横浜駅東口 バス2番乗り場 横浜市営8・148系統 本牧三渓園前 下車 徒歩5分
JR京浜東北線 桜木町駅 バス2番乗り場 横浜市営8・148系統 本牧三渓園前 下車 徒歩5分
市営地下鉄元町・中華街駅 4番出口 山下町バス停 横浜市営8・148系統 本牧三渓園前 下車 徒歩5分
神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
三渓園 旧矢箆原家住宅

三渓園 旧矢箆原家住宅

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る