シェアしていただけると、嬉しいです。

桜咲く、新しくなった若宮大路の段葛を、さっそく見てきました。豆知識つき。

段葛
段葛

若宮大路の段葛の、改修工事が終わりました。

3月30日が渡り初め

1年半前の、2014年11月から行われていた、段葛(だんかずら)の改修工事が終わりました。3月30日(水)には整備工事竣工式と奉祝行事がお行なわれ、鶴岡八幡宮の神職らによる渡り初めと、歌舞伎役者中村吉右衛門一門の通り初めがありました。吉右衛門さんの舞の奉納がありました。

鶴岡八幡宮 段葛30日から通行可能

大正時代の石積みの補修と桜の植え替え

今回の改修は、参道を支える石積みが崩れるようになり、大正初期に植えられた桜の老化が進んだため、行われました。堤はコンクリート擁壁の上に石積みにしました。土だった路面を雨水を吸収しやすい工法で舗装。地下に残る鎌倉時代の遺構を保護するため、これまでより約70センチかさ上げした箇所もあります。248本あった桜は全て植え替えられ、177本になりました。

事業費は約7億1400万円で、国が2分の1、残りの2分の1を県、市、八幡宮が負担しました。段葛は、鶴岡八幡の境内だそうです。

渡り初めの翌日、段葛に行って来ました。

31日に、段葛に行って来ました。桜がの咲き具合が気になりました。が、ほぼすべての木の花が咲いていました。桜の木は、幹や枝ぶりから何種類か植えられている模様です。前と同じく桜の足元につつじが植えられていました。

石灯籠も一新されて、土だった歩道が、舗装されて歩きやすくなりました。新しく中央に旗を設置するポールができていて、花が飾られてます。途中から段葛に上がれる、脇の階段が減りったのが、前のとの違いです。

人出はというと、もう、通常の通行量になっていました。外国人観光客も目立ちます。一眼レフかかえた観光客もいる一方、歩道として使っている土地の人もいました。普段の若宮大路です。

段葛の豆知識

寿永元年(1182)三月、北条政子の安産を祈り、夫の源頼朝が築かせたものです。「かずら石」を敷いて一段高く造りました。明治になり両脇の土手を直し、道幅を鶴岡八幡に近づくと狭くし、土手もしだいに低くなるようにしました。(遠近法効果を狙ったようです。)大正時代には桜を植えました。

今は二の鳥居から三の鳥居までの、四百数十メートルです。明治時代に鉄道が通る前までは由比ガ浜海岸までありました。(かまくら子供風土記より)

段葛

段葛

段葛

段葛

段葛

段葛

段葛

段葛

段葛

段葛

段葛

段葛

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る