シェアしていただけると、嬉しいです。

うさぎが、可愛い。山種美術館の奥村土牛展

奥村土牛作 山種美術館所蔵 「うさぎ」(画稿)ブロガー内覧会での撮影

奥村土牛作 山種美術館所蔵 「うさぎ」(画稿)ブロガー内覧会で特別に許可をいただき撮影しました。

奥村土牛展が、山種美術館ではじまりました。

昨日のエントリーに書きましたように、2016年3月27日は、国立西洋美術館のカラヴァジョ展と、都美術のボッティチェリ展をまわり、山種美術館のブロガー内覧会に参加しました。

山種美術館

山種美術館

ブロガー内覧会では、特別に展示作品の撮影が許可されました。展覧会とイベントについては、明日のエントリーで書きます。

山種美術館の奥村土牛展、おすす情報。ブロガー内覧会で聞いてきました。

山種美術館の奥村土牛展 おすすめ情報。ブロガー内覧会で聞いてきました。
奥村土牛作 山種美術館所蔵 「鹿」(画稿)ブロガー内覧会で特別に許可をいただき撮影しました。 奥村土牛展が、山種美術館ではじまりました。 ...

今回は”うさぎ”が可愛いので、特集します。

「兎」奥村土牛、山種美術館所蔵 ブロガー内覧会での撮影

「兎」奥村土牛、山種美術館所蔵 ブロガー内覧会での撮影

トップのうさぎの絵は、この絵の画稿になります。画稿のうさぎは好きです。毛並みがはっきりしているし、さわると暖かそうです。

本絵のほうは、修復されたました。シミがつき、絵の具が割れてめくれてしまい、下地が見えていました。修復家のお話しによると、シミは取れたのですが、絵の具のめくれの修復が難しかったそうです。少量の膠を下地に入れ修正するのですが。絵の具の反り返りが強くて、重しをかけ、この作業を何度もしたそうです。運営者の苦労話を聞きました。

「兎」奥村土牛 山種美術館所蔵 ブロガー内覧会で撮影

「兎」奥村土牛 山種美術館所蔵 ブロガー内覧会で撮影

昭和時代の作品です。うさぎの「モフモフ」感がつたわります。だっこしたいです。

「兎」奥村土牛 山種美術館所蔵 ブロガー内覧会で撮影

「兎」奥村土牛 山種美術館所蔵 ブロガー内覧会で撮影

こちらのうさぎは、アンゴラうさぎです。昭和11年(1936)の再興第23回院展の出品。当時世田谷に珍しかった、アンゴラウサギを飼っている人がいると聞き、出向いてスケッチしたそうです。うさぎの習性が描かれています。会場では写真のように屏風が立てられて展示してありました。

会場でこの作品も気になりました。

水連 奥村土牛 山種美術館所蔵 ブロガー内覧会で撮影

水連 奥村土牛 山種美術館所蔵 ブロガー内覧会で撮影

会場内で私が、なぜか気になったのが、こちらの絵です。中の蓮の花より、鉢の鯉の模様がやたらと目につきました。赤系の色彩のコントラストが強く感じ、会場を何度か回りました。通るたびに、気になって気になって。色の使い方が会場の他の絵と違うのかなとも思っています。鯉が主役かな。

反省、斜め前から撮影してしまいました。絵画の撮影は、正面から撮らないと、次回は気をつけます。

奥村土牛展の、おすすめ情報はこちら。

山種美術館の奥村土牛展 おすすめ情報。ブロガー内覧会で聞いてきました。
奥村土牛作 山種美術館所蔵 「鹿」(画稿)ブロガー内覧会で特別に許可をいただき撮影しました。 奥村土牛展が、山種美術館ではじまりました。 ...

奥村土牛展の概要です。着物割引がありますよ。

詳しくはサイトで、確認してください。

美術館のサイト http://www.yamatane-museum.jp/
奥村土牛展ページ http://www.yamatane-museum.jp/exh/2016/50-100.html
twitter https://twitter.com/yamatanemuseum
特設Facebook https://www.facebook.com/okumuratogyu/
会期・休館日 2016年 3月19日(土)~5月22日(日) 休館 日月曜日(5/2は開館、)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
入場料(団体) 一般1,200円(1,000円)大高生900円(800円)中学生以下無料
( )内20名以上の団体割引と前売り。
着物割引 着物で来館のお客様は、団体割引料金になります。
美術館住所 〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36
電話 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

アクセス 山手線・地下鉄日比谷線恵比寿駅下車 徒歩10分

東京都渋谷区広尾3-12-36

ボッティチェリ展

ボッティチェリ展、2016年都美術。甘美なルネサンス
昨日、2016年3月27日、染井吉野が咲ききらない上野公園で、花見をする酔狂人たちを横目にしながら、国立西洋美術館のカラヴァッジョ展、すいれ...
奥村土牛展 山種美術館
山種美術館の奥村土牛展 おすすめ情報。ブロガー内覧会で聞いてきました。
奥村土牛作 山種美術館所蔵 「鹿」(画稿)ブロガー内覧会で特別に許可をいただき撮影しました。 奥村土牛展が、山種美術館ではじまりました。 ...
うさぎが、可愛い。山種美術館の奥村土牛展
奥村土牛作 山種美術館所蔵 「うさぎ」(画稿)ブロガー内覧会で特別に許可をいただき撮影しました。 奥村土牛展が、山種美術館ではじまりました...
檜邸最後の人形展
御所人形の檜コレクション、北鎌倉の邸宅での展覧会のこと(2012年秋)
明けまして、おめでとうございます。本年もよろしく、お願いいたします。 新年一回目のエントリーは、耽美の世界へ、いざ。 2012年11月、...
辻村寿三郎の平家物語展
辻村寿三郎、「平家物語縁起」2012年新宿高島屋
辻村寿三郎の”平家物語縁起~清盛、その絆と夢~” 数日前になりますが、辻村寿三郎の”平家物語縁起~清盛、その絆と夢~”を見にいきました。 ...

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る