シェアしていただけると、嬉しいです。

十二所神社、金沢街道沿いにあります。アクセスデータ付き

十二所神社
十二所神社

金沢街道沿いにあります。

十二所神社に行きました。この先は鎌倉霊園と相武隧道を抜ける金沢街道です。鎌倉の端であり、相模の国の端でもあります。相武隧道は相模の国と武蔵の国の境目のトンネルという意味です。

小田急線の相武台駅も、白洲正子さんの武相庵(狛江市)遠いですが、同じ名づけです。ここから横横(よこよこ、横浜横須賀道路に乗れます。)

みどころ

ロケーション

神社のロケーションは、山を削って建てられ、地層のはっきりとした岩が背面に。このような崖は私の家の近くにもあり、市内ではよく見受けられるので、見慣れた感がありました。

十二所神社

十二所神社

社殿

天保九年、移転当時のままです。
規模は三間 茅葺 角柱 三斗・撥束 後部内陣突出

社殿の彫刻。江戸時代の庶民感覚に沿っていて、分かりやすい。千社札貼りたい放題のよう。

十二所神社

十二所神社

十二所神社

十二所神社

百貫石

鳥居脇に、百貫石という石がある。重さは約二十八貫目(約112kg)で、昔、祭りでこれを持ち上げる力持ちがいました。

こらむ 境界は気になるもの

境界、周辺は何かと引き付けられます。十二所神社も、なぜか行ってみたい、思わせられました。歴史に出てくる名跡的なものというより、地元の鎮守様だと分かっていました。端にあることはそれでも気になってしまいす。

十二所神社

十二所神社

木立の中の小さい社、地主神が、ファンタスティックに見えて、カメラを向けました。思ったように撮れませんでした。伝わらなかいかな、神々しい光景でした。上手く写真に撮れなかったので、頭の中に記憶しておきましょう。

十二所神社

十二所神社

十二所神社

十二所神社

デザイン的にいいかな、と私が思ったのは、石積みでした。大谷石も混ざっています。

十二所神社

十二所神社

おうかがいした日は、お祭りの翌日、誰もいない境内には、少し祭り道具が残っていました、撮影した日が雨で、写真はすべて、フォトショップで補正済みです。

その後、岐れ路まで行って、ソーセージ買って帰りました。

十二所神社とは

祭神  天神七柱 地紙五柱
お祭り 九月九日に近い日曜
境内社 山の神、疱瘡神、宇佐八幡、地主神
神徳  子孫繁栄

古くは熊野十二所権現社といい、弘安元年(1278)の創建とされる。もとは光触寺境内にあったが、天保九年(1838)に現在地に移された。

当時、社を管理していた明王院所属の棟札には、里人が土地用材を寄進、土木開墾の奉仕により十二所神社と改称され、(略)

鎌倉の神社 小事典

アクセス方法

webサイト:  なし
住   所: 神奈川県鎌倉市十二所285
管理元神社: 八雲神社 http://koten-kagu.jp/2016/04/13/kamakura-32/

※五月五日と大みそかの夜に、餅つき大会が行われる。除夜の鐘とてもに奉納、参拝客に餅がふるまわれる。(鎌倉神社 小事典)

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線鎌倉駅・江ノ島電鉄鎌倉駅東口

バス :東口 京急バス 鎌倉霊園正面前太刀洗・金沢八景駅・ハイランド循環 行き小坪経由逗子行き 十二所神社下車 徒歩1分

神奈川県鎌倉市十二所285

杉本寺から十二所 金沢街道沿いのお寺と神社の紹介 鎌倉駅方面より
杉本寺

鎌倉最古のお寺 杉本寺(杉本観音)は城と伝説の寺でした。アクセスデータ付き
鎌倉で一番古いお寺 杉本寺に小学生の時はじめて、行きました。そこで先生に、「城です」と説明を受けました。調べてみましたら、戦国時代の話かと...
報国寺
竹の寺 報国寺 外国人にも人気の禅寺です。アクセスデータ付き
報国時は何度行っても、竹が幻想的です。山門を入ると手入れの行き届いた、庭園があります。竹林を通り抹茶処の休耕庵で一服し、竹林を抜けると、頭上...
旧華頂宮邸 木・金・土・日・祭日はお庭公開です
旧華頂宮邸 二階堂 姫クラスタさま、薔薇咲く庭がございますのよ。アクセスデータ付き
水・木・金・土・日・祭日に、竹の寺 報国寺にお越しの際は、近くの旧華頂邸の庭園もお越しくださいませ。 月・火曜日が祭日ならば、翌日の平...
浄妙寺
鎌倉五山、浄妙寺。静かなお寺でした。アクセスデータ付き。
浄妙寺、鎌倉五山 12月28日と1月28日の、明王院の護摩供養の帰りに、浄妙寺に行きました。 平日の午後なのか、静かなお寺でした。 ...
明王院
明王院 十二所 将軍のかたみの寺は、 護摩祈祷で人気!アクセスデータつき。
檀家0軒、四代藤原将軍の祈願寺 さてこのお寺、祈願寺ですので、創建当時から現在まで檀家が0軒です。葬式も法事もなく、御祈祷で生計を立ててい...
明王院の護摩法要にまた参加しました。
明王院の護摩供養にまた参加しました 十二所の明王院の、護摩祈祷にまた参加しました。先月の御祈祷でお願いしていた、御札をいただきにいったので...
明王院の護摩法要に行ってきました。霊験あらたかな上に、楽しいお接待も、お餅までいただきました。
毎月28日は明王院の護摩法要です。 明王院のアクセスデータはこちらのエントリーです 鎌倉の寺社のエントリー書くようになってから、...
光触寺
光触寺、室町時代のお堂に、第一印象、天平美人の石仏さん。アクセスデータ付きです。
光触寺の見どころ 朝比奈街道沿いの、鎌倉の一番端のお寺です。鎌倉時代の幕府の感覚は、朝比奈峠を越え、東京湾の六浦港、横浜市金沢区あたりまで...
十二所神社
十二所神社、金沢街道沿いにあります。アクセスデータ付き
金沢街道沿いにあります。 十二所神社に行きました。この先は鎌倉霊園と相武隧道を抜ける金沢街道です。鎌倉の端であり、相模の国の端でもあります...

2015年9月15日 境界は気になるもの、十二所神社
2016年3月24日 改訂とアクセスデータを加筆

鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る