シェアしていただけると、嬉しいです。

極楽寺 忍性ゆかりの、桜のきれいなお寺です。アクセスデータ付き

極楽律寺 山門
極楽律寺 山門

正式名称は極楽律寺

江ノ電の駅名も。地名も極楽寺ですが、極楽寺の正式名称が、「極楽律寺」だそうです。鎌倉時代、社会福祉事業をした名僧、忍性ゆかりの、有名寺院です。奈良の西大寺ともご縁があるそうです。

1970年代に中村雅俊のドラマで、注目された大エリアです。年配の人には懐かしいかな。近くには喫茶店・飲食店もあります。

2015年の綾瀬はるか主演の映画、海街diaryのロケでも使われていました。

なお、境内は写真撮影が禁止されています。

江ノ電 極楽寺駅

江ノ電 極楽寺駅

極楽寺のみどころ

鎌倉時代は多くの伽藍があった、極楽律寺でしたが、たび重なる戦火で荒廃して、今みるように、再建されたのが江戸時代です。

山門

江戸時代の門です。写真はこの門から中では撮影できません。

文久元年 四脚門 虹梁大瓶東笈形式 切妻・茅葺 丸柱 三斗詰組

極楽寺 山門

極楽寺 山門

山門をくぐると、石畳の両脇に桜の木が、多く植えられています。これは期待できそう。
東国花の寺百ヶ寺 鎌倉一番 サクラ だそうです。

本堂

明暦2年 一般仏殿 三間堂 宝形・銅板葺き 丸柱 三斗詰組
関東大震災で一度壊れたそうです。

木造文殊菩薩像 木造忍性像(鎌倉時代)右の仏様です。

四月七・八・九日は自由に参拝できます。

極楽律寺 本堂

極楽律寺 本堂を後ろから撮影

宝物殿

本堂の、右手にあるコンクリートの建物です。
所蔵品
清凉寺式釈迦如来(鎌倉時代) 四月七・八・九日に 開帳
十大弟子像(平安時代)
日本では珍しい。転生法印を結ぶ木造釈迦如来像 (鎌倉時代)
木造不動明王像(平安時代)島根県益田市の廃寺から託されました。

四月七日・八日・九日 本尊御開帳

四月七日・八日・九日は、本尊清凉寺式釈迦如来像の開帳です。

この期間中、客殿でお茶の施茶席があります。鎌倉時代、忍性菩薩は当時貴重であったお茶を薬として庶民に施しました、その故事にちなみます。

特に八日は、お釈迦様の誕生の花祭り・灌仏会・仏生会(ぶっしょうえ)と寺を作った忍性菩薩の4mの高さがある五輪塔の墓の公開があります。

2017年の四月八日に伺いました。昼どきで多くの参拝客が来ていました。本堂の前に灌仏会のための花御堂が置かれていました。甘茶の接待もありました。年に一度の忍性菩薩の五輪塔の墓の公開を見に行きました。お寺の裏から出て忍性の墓に行くと法要でした。

Facbookに写真があります。

極楽律寺 忍性の墓公への案内板

極楽律寺 忍性の墓公への案内板

こらむ 奈良国立博物館の忍性展に出品。

奈良国立博物館で、忍性の展覧会があるそうです。極楽律寺からの出品もあるとのこと。
2016年7月23日(土)~9月19日(月・祝)開催です。

忍性展の詳細が奈良国立博物館のwebサイトに出ました、極楽律寺から文殊菩薩座像などが出品です。

極楽律寺 Facebookより

こらむ 梅かまくら特別参拝 住職さんの話し方が上手。

2016年の 鎌倉十三仏詣りの、梅かまくら特別参拝で、まいりました。当日境内は梅の花が満開でした。
参拝は、宝物殿→本堂 でおこなわれました。

住職さんに、説明していただいたのですが、やさしい語りと、説明によどみがなく。極楽寺の歴史と、かく仏さんの説明をしてもらいました。話を脱線させないで、数十分間も飽きさせず話されました。話上手な住職さんでした。またお逢いしたいです。

資料館

本尊の、清凉寺式釈迦如来様の、厨子の扉が閉じられ、見れませんでした。そのほかの仏様を堪能しました。

本堂

続いて、本堂での仏様の説明 本尊の不動像より、左側の文殊様の説明が長かったです。文殊像は大切にされているようでした。住職様の説明の後は、お堂の奥まで自由に、仏像鑑賞しました。

極楽寺のFacebookより

極楽寺のFacebookより

極楽寺のFacebookより 

極楽寺のFacebookより

極楽寺のFacebookより

極楽寺のFacebookより 本堂

2015年10月に書いた、極楽寺のエントリーです。

極楽寺、記憶はやっぱり嘘をつく。デザインの種を探しに。
極楽寺に行きました。 極楽寺のアクセス方法は、こちらのエントリーで 今日、極楽寺から、御霊神社を回ってきました。 有名な力...

極楽寺とは

宗派 真言律宗

山号寺号 霊鷲山 感應院 極楽律寺 (りょうじゅせん かんおうじ ごくらくりつじ)

創建 正元元年(1259)
開山 忍性菩薩
開基 北条重時
本尊 釈迦如来

十三佛霊場巡拝 第十二番札所 大日如来
鎌倉三十三観音霊場 第二十二番札所 如意輪観世音菩薩

真言律寺の名刹。正嘉年間(1257~59)、ひとりの老僧が深沢に草堂を建て、阿弥陀如来像を安置して極楽寺と称していた。老僧亡きあと、正元元年(1259)に北条義時の三男重時が現代の場所に再建したと伝えられる。弘長元年(1261)に、重時の子、長時(六代執権)と業時兄弟が、当時、多宝寺に入山していた忍性を招いて開山した。

忍性は、ここで施薬院、悲田院、施益院、福田院の四田院を設け、不幸な人を救済するための福祉事業に取り組んだ。人間だけでなく、病気や年老いた牛馬の面倒をみる病舎も建てるなど、ボランティアの先駆者ともいえる徳の高い僧侶で、人々からは医王如来と崇められていた。そのほか橋を架けるなど土木事業にも力を注いだ。

鎌倉の寺 小事典

アクセス方法

webサイト: Facebook
住   所: 神奈川県鎌倉市極楽寺3-6-7
電   話: 0467-22-3402
入場時間 : 9:00~16:00
拝 観 料: 無料
宝物殿は300円

アクセス方法

最寄駅:江ノ島電鉄 極楽寺駅下車 徒歩1分

※境内は撮影禁止です。

※2016年の本尊様の御開帳は 4月7・8・9日です、詳しくはFacebookで。

神奈川県鎌倉市極楽寺3-6-7

近くのお寺と神社
成就院・虚空蔵堂・星の井

成就寺・虚空蔵堂。海と寺と紫陽花で、鎌倉最強マーケティング。アクセスデータ付き
海と寺と紫陽花、鎌倉に求めるものが全てあります。 紫陽花でさんざん話題になっているので、気にはなっていたのですが。2015年10月にはじめ...

虚空蔵菩薩堂 長谷・坂下 護摩焚き法要に行ってきました。
成就院の虚空蔵菩薩で護摩焚き法要 成就院から海の見える方、由比が浜の方に階段を降りると坂の下に、白い旗が沢山はためくお堂が見えます。こちら...

御霊神社
御霊神社(権五郎神社)坂の下、平安時代の有名武将の神社。アクセスデータ付き
平安時代からある、神社 江ノ電の車窓からいつもみていて、気にはなっていたのです。ブログを書くにあたり、2015年10月に行ってみました。鳥...
収玄寺
収玄寺 長谷駅近くの、花の寺。アクセスデータ付き
長谷の花の寺 通りがかるたびに、入ってもいいのかなと、ずーと思っていました。江ノ電の長谷駅近くのお寺、収玄寺です。サイトを見たら、境内に四...
長谷寺
長谷寺(長谷観音)美術館・洞窟・紫陽花が名物のお寺、アクセスデータ付き。
幕府が鎌倉に出来る前からある?!お寺です。 長谷寺の伝説で有名なのは、奈良県桜井市の長谷寺の十一面観音像を建造の折、2体作り一つを大阪湾よ...

鎌倉大仏 高徳院
鎌倉大仏 高徳院 大仏さまは触れる国宝です。 アクセスデータ付き
3月の連休の中日の日曜日に、行ってきました。老若男女、国内外の人たちが想像以上に、多数お参りしていました。日本国民ならずとも、世界中の人が知...
甘縄神明宮
甘縄神明宮 長谷 源頼朝、北条政子、源実朝が参拝した歴史のある神社です。アクセスデータ付き
歴史ある神社 鎌倉大仏、長谷寺に近く、人通りが絶えない長谷通りから、脇道に入った所にあります。源頼義がこの神社に祈って、息子の、八幡太郎義...

2016年3月16日初出
2016年4月14日国立奈良博物館、忍性展、加筆
2017年4月9日加筆・改訂
2017年9月17日改訂

 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る