スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

来迎寺 材木座 頼朝の旗揚げのときの恩人、三浦大介を弔う寺。アクセスデータ付き。

来迎寺 材木座
来迎寺 材木座

材木座にある、来迎寺

来迎寺は材木座の、バス通りから、住宅地に入ったところにあります。春になるとミモザの花が咲くそうです。

見どころ

三浦大介義明と多々良三郎重春の墓

三浦一族の墓 寺の裏手にあります。

来迎寺 三浦一族の墓

来迎寺 三浦一族の墓

本堂

来迎寺本堂

来迎寺本堂

本尊、阿弥陀三尊  伝、運慶の作、三浦義明の守り本尊、
本堂の外からは見えませんでした。

来迎寺(材木座)とは

宗派 時宗

山号寺号 随我山 来迎寺(ずいがざん らいごうじ)

創建 建久五年(1194)鎌倉時代
開山 音阿上人
本尊 阿弥陀三尊

鎌倉三十三観音霊場 第14番札所

材木座の来迎寺には、もともと源頼朝が三浦大介義明の菩提を弔うため、建久五年(1194)に建立した真言宗能藏寺があった。開山の音阿上人が時宗に帰依したため、来迎寺となった。(略)

三浦半島の衣笠城主だった義明は、頼朝旗揚げの時に畠山重忠の軍勢と闘い、八九歳で戦死。(略)境内には義明の木像と輪塔墓もある。本堂裏手には三浦一族の墓、100余基の五輪塔が並ぶ。

鎌倉の寺 小事典

アクセス方法

webサイト:  なし
住   所:  鎌倉市材木座2-9-19
電   話:  0467-22-4547
入場時間 :  9:30~16:30
拝 観 料:  無料

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線鎌倉駅・江ノ島電鉄鎌倉駅東口

バス :東口 京浜急行バス 九品寺循環行き 五所神社下車 徒歩5分

神奈川県鎌倉市材木座2-9-19

※注意、鎌倉には来迎寺が二つあり、もうひとつの来迎寺は西御門にあります。
住所:鎌倉市西御門1-11-1 電話:0467-24-3476
アクセス:金沢八景・太刀洗行バス 大学前か岐路で下車 徒歩10分。

魅惑の如意輪観音像 鎌倉には来迎寺が2つあります。 鎌倉には来迎寺(らいごうじ)が、2つあります。町名でいうと、西御門と材木座の2箇所に...

[材木座のバス通り、”水道路″周辺のお寺と神社、駅方面から材木座海岸方面の順序です。散策のお役に立ててください。
踏切周辺 辻の薬師

かつて平安時代の仏像がありました。 大町の横須賀線の踏切のそばに、辻の薬師堂・辻薬師と呼ばれるお堂があります。本興寺の向かい側になります。...

踏切周辺 本興寺

大町の踏切のそばの、朱色の山門。 和菓子屋の大くにのある大町四つ角から、由比ガ浜方向に行くと、横須賀線の三浦道踏切があり、その先は...

由比若宮 元八幡宮

由比若宮は住宅地の中にあります 由比若宮(ゆいわかみや)元八幡宮は、鶴岡八幡宮が元あった場所で、源頼義が創建した、鎌倉の歴史にも関係する、...

啓運寺

洋画家、黒田清輝のゆかりの寺 啓運寺は水道路から奥まったところにある、本堂だけのお寺でした。境内を駐車場にしているらしく、手前に車、本堂の...
妙長寺
郵便ポストと、日蓮像が目印 バス通り沿いに、右に日蓮像、左に旧型の郵便ポストが目印のお寺があります。妙長寺です。境内は、よく手入れされてい...
向福寺
材木座の小さな寺です。 バス通りから少し奥まったところに、ひっそりとありました。 「丹下左膳」の作者林不忘が新婚時代に住んでいました。 ...
来迎寺
材木座にある、来迎寺 来迎寺は材木座の、バス通りから、住宅地に入ったところにあります。春になるとミモザの花が咲くそうです。 見どころ ...
五所神社
材木座の 五所神社 鎌倉駅からバスで、水道通りの五所神社バス停でおり、住宅街の中に。来迎寺と実相寺の間にひっそりと、五所神社はありました。...
実相寺
実相寺(じっそうじ)は材木座の、静かな住宅街にありました。 バス停か住宅街に入ったところに、ひっそりとありました。来迎寺、五所神社と同じ通...
補陀落寺
補陀落、海辺の寺にふさわしい名前です。 補陀落(ふだらく)=観音菩薩がいる場所、西・南・東の海にあるとされています。 海のかなたの、...
九品寺

九品寺は、海に近いお寺です。 お寺の前の道を少し歩くと、材木座海岸です。潮風香るところです。 「九品」とは仏教の極楽往生の種類で、上...

鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る