シェアしていただけると、嬉しいです。

大本山 光明寺 天皇ゆかりの格式あるお寺なのに、とっても地元密着のお寺です。アクセスデータ付き。

光明寺、本堂、阿弥陀三尊
光明寺、本堂、阿弥陀三尊

大本山 光明寺

光明寺は鎌倉市の一番端にあるお寺です。材木座海岸のそばで、お寺の前の坂道を下るとすぐ砂浜です。周囲にマリンスポーツのお店があったりと、鎌倉で海を感じる、数少ないお寺です。お寺と海を見たい人にはおすすめです。

浄土宗の大本山、光明寺です。教団で、これより高いのは、総本山の京都の知恩院だけです。関東の大本山は、東京の東京タワーのそばの増上寺と長野の善光寺になります。天皇の祈願所になっていたので、皇室とのかかわりもありました。

大平洋戦争の敗戦直後、光明寺で「鎌倉アカデミア」という自由大学がありました。映画監督の鈴木清順、作家の山口瞳など多くの逸材を世に出しました。

総門 意外と小さいけれど、安土桃山時代です。

寛永年間に再建、四脚門・大瓶束 切妻・瓦葺き 丸柱 三斗詰組

彫刻が安土桃山時代らしいです。意外と小さな門です。再建前はもっと大きかったそうです。

光明寺 総門

山門、額の字は後花園天皇です。

鎌倉で最大の格式と大きさの山門です。弘化4年 二重門 入母屋・瓦葺き 丸柱 三手先詰組 扇垂木

山門拝観は、20名以上で申し込むか、三月下旬の観桜会と十月の十夜法要で、拝観料500円で見れます。

光明寺 山門 大きいです。

光明寺 山門 大きいです。

光明寺 山門  後花園天皇の御宸筆です。

光明寺 山門 後花園天皇の御宸筆です。

山門拝観で、楼上に上がったとき、撮影した写真です。

光明寺 山門からの眺め

光明寺 山門からの眺め、江の島や成就寺・長谷寺が見えました、天気がいいと富士山も見えます。

光明寺 山門 阿弥陀など、2014~2015年に修理、とっても綺麗でした。

光明寺 山門 阿弥陀など、平成23~26年に修理されたばかり、とっても綺麗でした。

大殿(本堂)

こちらも鎌倉最大だそうです。元禄11年 一般仏堂 九間堂 入母屋・銅板葺き 角柱 三斗・蟇股

気になったのがこの、火燈窓(かとうまど 花頭窓)両脇が広がっていなくて、初期禅宗様 円覚寺の舎利殿のデザインに近いです。脇と裏が、アーチ型の窓でした。

円覚寺舎利殿

円覚寺 国宝 舎利殿の曲線 2015年11月の公開、デザインについての感想。
円覚寺の舎利殿が拝観に行って来ました。 円覚寺宝物風入れと舎利殿公開の概要 細部のデザインが気になりました。 子供のころか...

光明寺 大殿 火燈窓

光明寺 大殿 火燈窓

光明寺 大殿

光明寺 大殿

三尊五祖の石庭

いつ行っても、外国人が来ている気がします。禅宗の石庭より、理解しやすいと思うのですが。浄土宗の教えを表したもの。案内の御坊さんの話では、職員の方が、筋目をつけているそうです。庭の向こう側は幼稚園。

blogP2236542

大聖閣と記主庭園

大聖閣は法然上人800年大御忌(2011)に建てられました。お堂の二階には阿弥陀三尊が安置されています、三月の観桜会ではここで抹茶がいただけるそうです。

光明寺 大聖堂

光明寺 大聖堂

光明寺 大聖閣

光明寺 大聖閣

お庭は、蓮の花が名物です。お話によると、職員の方が先月池の枯れた蓮を、冷たい水の中で苦労して掃除したそうです。綺麗になっていました。回廊には釣灯籠かかけてあり。平安王朝を連想しました。

開山堂

一般参拝客は入れません。平成14年に再建されました。精進料理をいただくところです。蓮の花が咲くころは、多くのお客様がいらしゃるそうです。歴代の法主の像がまつられていました。

光明寺 開山堂

光明寺 開山堂

寺務所 お土産が買えます。のぞいてね。

山門をくぐって、すぐ左にあります。精進料理や御朱印の受付けもこちらです。

お土産が売っているので、のぞいて見てください。お坊さんの墨の書を売っているので、買ってみてはいかがでしょうか。お部屋に気軽に飾れる書でよさそうです。お菓子や精進料理の「貝」の佃煮、線香、各種お守りがあります。

左が寺務所で、右が開山堂

左が寺務所で、右が開山堂

鐘つき堂

鐘楼、江戸末期 総けやき 入母屋・瓦葺 丸柱 二手先詰組。鐘は昭和36年に鋳造。

イベント

観桜会 三月下旬 2016年は、3月26日土曜日 27日日曜日10:00~17:00になります。

山門特別公開(500円)大聖閣抹茶席(1,000円)フリーマーケット

十夜法要 10月 2016年は 10月12日月曜日~15日木曜日

13日~14日に露店がでます。

精進料理

精進料理については、詳細がでています。

予約は、寺務所に直接行き申し込むか、電話だそうです。

予約時間 9:00~16:00
電話番号 0467-22-0603

キャンセル料金が発生するので、気をつけてください。

地元密着のお寺です。

境内にある、動物霊堂はペットの納骨供養堂です。十数年前に、亡くなったうちの柴犬もここに眠っています。(というか、海岸で遊んでいる?)

今回サイトを見たら一般の納骨も受け付けていました。海辺で格式あるお寺とロケーションがいいので、希望者が多いのかと思います。ペットロスが癒えるまで、海辺のお寺に通うのは良いですね。

こういうところが、地元密着系のお寺で、市民に愛されています。

梅かまくら特別参拝に行ってきました。

2016年2月23日の鎌倉十三仏詣の、梅かまくら特別参拝で、今回光明寺に行きました。行程は、山門にのぼる→大殿にて法要→大殿・開山堂などを説明を受ながら見学→茶菓子接待、でした。

山門にのぼりました。

山門の急な階段をのぼり、楼上に上がりました。見晴らしがよかったです。海辺のお寺だなと思いました。十八羅漢像が修理したばかりなので、色鮮やかでした。思っていたより広くて感激しました。

光明寺 山門 十八羅漢像

光明寺 山門 十八羅漢像

法要に尼さんが。

大殿で10月に行われる、十夜法要のダイジェストをしていただきました。銅鑼2枚をたたき、さながら音楽のように「南無阿見陀仏」と唱えていました。これは普段の唱え方とは違うそうです。

お坊さんの中に、声の高い人がひとり、坊主頭の女性かな?後で尼さんだと紹介してくれました。お若い方でした。お土産物売り場で逢えるかも。

大殿にまつられていた、弁天様がチャーミングでした。

光明寺 大殿 弁財天

光明寺 大殿 弁財天

お坊さんから聞いた話。

浄土宗のお坊さんは、京都の知恩院と東京の増上寺で試験を受けて、合格すると緑の衣が着れるそうです。大本山の住職は赤い衣が着れます。大本山の住職だけですので、7人しか着れないそうです。

浄土宗のお坊さんは世襲の方が多く、光明寺の職員は、修行が終わって、お父さんが元気な人がなるそうです。

同じ宗派の、鎌倉大仏のほうが、観光客が多いとちょっとボヤいていました。

光明寺とは

宗派 浄土宗 大本山

山号寺号 天照山 蓮華院 光明寺(てんしょうざん れんげいん こうみょうじ)

創建 寛元元年(1243)鎌倉時代
開山 然阿良忠上人(記主禅師)
開基 北条経時
本尊 阿弥陀如来

鎌倉三十三観音第十八番
関東七観音如意輪観世音
鎌倉二十四地蔵尊二十二番延命地蔵尊の霊場

鎌倉幕府の第四代執権北条経時が然阿良忠を迎えて開いた浄土宗の大本山である。開山の良忠は(略)浄土宗第三祖。(略)光明寺は第五代執権時頼以降もう歴代の帰依を受け、大寺院に発展。念仏道場の中心になる。

江戸時代、徳川家康が浄土宗学問所として関東の主要寺院十八寺を十八檀林にに定めその筆頭寺院になる。そのため、各地から多くの学僧が集まり、学問と修行の中心としても栄えた

また、朝廷との関係も深く。山門に掲げられて「天照山」の扁額は後花園天皇に直筆と伝えられ、「永享八年(1436)十二月十五日賜」と記されている。明応四年(1495)には後土御門天皇から関東総本山の称号を受け勅願寺に定められた。

同年「お十夜法要」が勅許されて以来、現在も盛大に念仏法要が営まれる。

鎌倉の寺 小事典

鎌倉アカデミア

昭和21年から25年まであった、文化育成を目的とした、自主大学。学科は、文学科、産業科、演劇科、映画科の四学科。

教授陣 服部之総、西郷信綱、千田是也、村山知義、吉野秀雄、高見順、三上次男、青江舜二郎、中村光夫、林達夫、 三浦光雄、 邦正美、藤間勘十郎など

著名な卒業生 いずみたく 岩内克己 勝田久 加藤茂雄 川久保潔 小松重男 鈴木清順 高松英郎 津上忠 西村俊一 沼田陽一 左幸子 廣澤榮 福岡正剛 前田武彦 松木ひろし 南川直 山口瞳 山本廉

外部サイト

アクセス方法

webサイト: サイト http://komyoji-kamakura.or.jp/

twitter https://twitter.com/komyo_ji

住   所:  神奈川県鎌倉市材木座6-17-19
電   話:  0467-22-0603
駐 車 場: 無料10台 行事があるときは使えません。
入場時間 :  7:00~16:00 夏季6:00~17:00
拝 観 料: 無料
喫   煙: 全域禁煙
御朱印受付: 有り 300円
設   備: 段差なし(スロープあり)車いす用トイレあり

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線鎌倉駅・江ノ島電鉄鎌倉駅東口 徒歩25分

バス :東口 京急バス 小坪経由逗子行き 光明寺下車1分

神奈川県鎌倉市材木座6-17-19

光明寺の支寺で山門脇にあります 千手院

千手院 光明寺のそばにある、小さなお寺。アクセスデータ付き。
千手院の境内 光明寺の総門の左手にたつ、お寺です。元は光明寺の僧房だったそうです。学問と縁のあるお寺で、光明寺に全国から学僧が集まった頃は...

同じく 蓮乗院

蓮乗院 光明寺の山門のそばの、小さなお寺です。アクセスデータ付き。
光明寺山門の右手、千手院の反対側にある、お寺です。千手院と同じく光明寺の僧房でした。小さなお寺です。 光明寺 千手院 ...

 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る