シェアしていただけると、嬉しいです。

旗上弁財天社、政子石、夫婦円満に霊験あらたか、鎌倉七福神のひとつです、鶴岡八幡宮

旗上弁財天
旗上弁財天

源平池の島にある、お社です。

blogP8290204

鶴岡八幡宮の、源平池の東、白い蓮の花が咲く源氏池の島に、このお社があります。写真は池の岸から撮ったもの。奉納の白い旗が沢山はためいています。

blogP1115536

調度、成人式の日で、振袖姿の麗しき女性2人が、島にかかる橋の上でポーズをとっていらしいました。かんざしも華やかに、鎌倉らしく古典的な着付けをされているのが好ましく、多くの方の被写体になっていました。

blogP1115555

鎌倉七福神めぐり

新年なので、七福神めぐりをする参拝客が目につきます。鎌倉にも、鎌倉七福神めぐりがあります。来年のお正月はこちらを、レポートしようとかと思っています。

布袋尊、浄智寺。 毘沙門天、宝戒寺。 寿老人、妙隆寺 夷様、本覚寺。 大黒天、長谷寺。福禄寿、御霊神社。

政子石、またの名を、姫石

参拝客の多くの方が、ガイドブック片手に、「政子石はどこ?」探していました。お社の裏にあります。夫婦円満の祈願石だそうです。(突っ込みたくなる人が、多数だと思います)

blogP1115564

旗上弁財天社の、デザインで気になったもの。

政子石が、社の真裏にあるので、裏側まで見れました。お社は先日エントリーしました。室町時代の建物で、国の重要文化財の丸山稲荷のデザインに近いです。

丸山稲荷は室町時代のお社です。鎌倉 鶴岡八幡宮
丸山稲荷 元旦の鶴岡八幡宮への、初詣のおり、境内の末社一つ、丸山稲荷を見に行きました。場所は本殿の左手の小山の上にあります。 朝9時...
blogP1115560 正面軒下の、曲線の飾りは、蟇股(かえるまた)といいます。中に雲形の飾りです。

blogP1115579

参拝客が多数なので、俗な場所になっているのかと、思いきや、シンプルで上品なお社でした。丸山稲荷をお手本にしたと思われます。現代好みが飾りなどに反映しています。

弁天様は、鎌倉国宝館に、いらっしゃいます。

弁天様にお逢いしたい人は、同じ鶴岡八幡宮境内にある、鎌倉国宝館に行きましょう。

国宝館は、30分で、さくっと見られます。仏像好きは、ぜひ、行ってみて下さい。氏家コレクション展とアクセスデータ付き。
国宝館に行こうか迷っている人へ、30分くらいでサックと見れますよ。 仏像好きで、鎌倉観光に来る人で、鶴岡八幡宮の境内にある、鎌倉市立鎌倉国...

旗上弁財天社とは

源平池の東の島にあり、御社殿は八幡宮御創建800年(昭和55年)に、文政年間の古図をもとに復元したものです。頼朝公の旗上げにちなみ、源氏の二引きの旗に願をかける人が大勢います。

鶴岡八幡宮サイトより。

鶴岡八幡宮、アクセス方法

webサイト: https://www.hachimangu.or.jp/index.html
住   所:  神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
電   話:  0467-22-0315
入場時間 :
拝 観 料:  無料

最寄駅:JR横須賀線線鎌倉駅・江ノ島電鉄鎌倉駅

徒歩 :鎌倉駅東口より10分

神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る