シェアしていただけると、嬉しいです。

国宝館は、30分で、さくっと見られます。仏像好きは、ぜひ、行ってみて下さい。氏家コレクション展とアクセスデータ付き。

鎌倉国宝展
鎌倉国宝展

国宝館に行こうか迷っている人へ、30分くらいでサックと見れますよ。

仏像好きで、鎌倉観光に来る人で、鶴岡八幡宮の境内にある、鎌倉市立鎌倉国宝館に行こうか迷っている人がいるかと思います。寺院は4時に閉門するところが多いので、観光となると時間との闘いになります。

鎌倉で、仏像メインで観光するなら、国宝館は絶対に、はずさないないでください。常設展で鎌倉時代の仏像が見れます。国の重要文化財も多数。常設展の仏像のリスト(PDF)。教科書でおなじみの北条時頼坐像 、鎌倉美術の極北、写実の極み、鶴岡八幡宮の弁才天坐像 など展示しています。

30分で、さっくと見れますので。ぜひ行ってみて下さい。

前回の訪問エントリーです。

デザインの種を見つけに、鎌倉国宝館。
鎌倉国宝館に、行ってきました。 デザインの種を探しに、鎌倉の寺社をめぐる。地元だから買い物のついでなんだけど、贅沢なことであると、感謝しま...

新春恒例、肉筆浮世絵~氏家浮世絵コレクション~

blogP1115341

特別展のページはこちら。

お正月と云えば、浮世絵展ですね!現代人にも親しめる、江戸の庶民の生活が描かれていて、肩ひじ張らなくて、気楽に見れていいですね。日本情緒も楽しめます。

氏家コレクションは、同じ浮世絵でも肉筆画です。木版画が庶民向けならば、肉筆画は一点物の高級品です。いわば、お金持向けのオーダーメイド。高級感が漂います。点数は多くないのですが、名品が多数でした。教養、審美眼の高い人のオーダーだけあって、北斎・広重・師宣、などの一流画家でも、気合を入れて描いた、絵が綺麗なばかりでなく、緊張感がただよいます。

鎌倉国宝館とは

鎌倉国宝館は、大正12年の関東大震災による被害を契機に設立が計画されました。この大震災では、鎌倉でも多くの歴史ある社寺が倒壊し、貴重な文化財を損失しましたが、こうした不時の災害から由緒ある文化遺産を保護し、あわせて鎌倉を訪れる方々がこれらの文化財を容易に拝観、見学できるよう一堂に展示する施設として企画されました。 設立に際しては趣旨に賛同した「鎌倉同人会」をはじめ、多くの人々から多額の寄付が寄せられ、昭和3年に多数の文化財の寄託を受け開館しました。

その後、昭和25年に現在の文化財保護法が制定されると、26年には法に基づく勧告・承認施設となり、同年の博物館法の制定の翌27年には登録博物館となりました。 館の基本方針は現在も引き継がれており、鎌倉市域、近隣の社寺に伝来するさまざまな文化財のうち、代表的な作品の多くが寄託され、保管・展示されています。 さらに、昭和49年には財団法人氏家浮世絵コレクションを館内に設立し、肉筆浮世絵百数十点のコレクションも保管・展示しています。

(略)

鎌倉国宝館の本館は国の登録有形文化財に登録されています。構造は鉄筋コンクリート造による高床式校倉風建築。設計は日本銀行小樽支店や歌舞伎座の設計で知られる岡田信一郎。施工は松井建設(当時松井組)でした。 外観を奈良の正倉院に模し、内部は鎌倉時代の寺院建築の手法が用いられています。寄棟状屋根の中央部には小屋裏位置に採光用の越屋根を隠し、内部では虹梁大瓶束形式で採光用越屋根の棟を支える造りとしています。また入り口の窓には、鎌倉を詠んだ平安時代の和歌に登場する星月のマークがかたどられたヨーロッパのステンドグラス(小川三知作)がはめ込まれ、和風表現と近代的技法の調和に苦心した跡がうかがわれます。

鎌倉市ホームページ内、鎌倉国宝館について より引用。

アクセス方法

webサイト:  http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/index.html
住   所:  鎌倉市雪ノ下2-1-1
電   話:  電話番号:0467-22-0753
入場時間 :  午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
入 場 料:  展覧会により変わります。

アクセス方法

最寄駅:JR横須賀線線鎌倉駅・江ノ島電鉄鎌倉駅

徒歩 :鎌倉駅東口より15分

バス :江ノ電バス「鎌倉八幡宮」停留所もしくは京急バス「大学前」停留所から徒歩約3分

自動車:横浜横須賀道路「朝比奈」ICから車で約20分

神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-1

 鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る