シェアしていただけると、嬉しいです。

患者の家族に読んでもらいたいです。「ツレがうつになりまして」の書評を書いて、うつ発症!


医者に、うつ病の本は読まないでと言われました。

3年前、いろいろと不運がかさなり、軽度のうつ病になりました。2年間抗うつ剤が手放せませず。月に一度は診療所に通いました。

自分勝手な感覚で回復期になったので、医者に「うつ病の本が読みたい」と相談したら、それは止めた方が良いと言われた経験があります。

医者の真意は分かりません。患者が勝手に、回復期と思うほど、うつ病は,甘くはないのかも知れません。

本を読んで、他の人と自分を比べると、落ち込む、苦しむということも理由かも知れません。

図書館で、あのベストセラーを、借りました。

軽度うつの治療は、1年前に終了しました。うつ傾向になっても、薬を飲むなり、早めの対処をしていまうす。うつ病は重くしないように気を付けています。そして今、思いもしない生き方をしています。

作日、図書館に行きました。書棚にこの本があったので手に取ってしまいました。

「ツレがうつになりまして。」細川貂々 幻冬舎

軽度うつでも薬の治療がはじまるまで、相当苦しかったです。

本格的なうつ病は、もっと凄まじいです。一人で外出できない、電車に乗れない、自殺未遂。マンガで笑いにして書いてくれるので、軽く理解できました。体験記として具体的なエピソードが満載です。

ツレが、奥さんの、貂々さんに救われているのが、ほのぼのとして、よかったです。

家族に読んでもらいたい本です。

うつ患者の家族に、読んでもらいたいです。患者本人は、病気に翻弄されながら、回復に向かっていきます。心は突然変わる症状に苦しめられていますけれど。

そんな家族に、寄り添いながら、ときに共感し、生活を楽しみ、一緒に生きる、参考書にしてください。

私にとっての、うつ病。

頭が命令しても、心と体が、言うこと聞かなくなることです。これが辛かった。
あと薬の副作用で、猛烈な眠気がきて昼寝をする。ダメ人間になってようで、これで落ち込む。

追記、翌日うつが、発症しました。


仕事のこと、突然ストレッチをはじめたこと、ブクマへ投稿したいけれどブクマカルチャーになじめず、何度も挫折していること。絵が上手く描けなくて、デザインが上手かけないこと。いろいろマイナスなことが重なりました。
新しいことをはじめるのが、うつのとって悪いことなのだそう(うつ本うつサイトは読んでません、どこかで聞いたことです。)

うつのエントリーを書いたことで、それが顕在化しました。

はじめてですが、自殺に甘美な期待を持ちました。今まで、自殺願望も幻聴もなかったので、新展開です。

分かったことと、私の対処法。

分かったこと:うつは、簡単に完治することはない?

簡単に重くなる。(常々気をつけています。発症して半月で自殺することも)

私の対処法 :休む、落ち込む情報はすべて遮断、テレビラジオの年末特集へこむ

抗うつ剤を飲む

それでもだめなら、診療所に行く。
(救急の心療内科が欲しい、薬の処方箋だけでも下さい)


投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る