シェアしていただけると、嬉しいです。

横浜の山手西洋館の家具を紹介、その2。なんと文久年間の家具にお逢いました。

エリスマン邸
エリスマン邸

横浜山手西洋館の家具紹介です。今回は サイトの紹介ページで、家具の由緒が分かる西洋館の家具を紹介します。

横浜の山手西洋館の家具を紹介。その1
横浜山手西洋館の家具について書きます。 総評、建物と家具は時代様式が合ってます。そのまま歴史ドラマの撮影をしてもいいかも。 横浜の元町一...

外交官の家、家具・調度が再現されています。

外交官の家は、ニュヨーク総領事、トルコ全権大使を務めた内田氏の館。明治43年に建てられました。家具・調度が再現されています。

クリスマスデコレーションは、ウクライナです。

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

外交官の家、

洋行暮らしが長いけれど、やっぱり日本人、だなと思わせた、セレクションでした。公開されていませんが、純和室があるようです。

ブラフ18番館、元町で制作された家具を復元しました。

ブラフ18番館は、関東大震災に建てられた外国人住宅です。

大正末から昭和初期の、横浜洋家具が復元されています。

クリスマスデコレーションは、フランスです。

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

ブラフ18番館

エリスマン邸、設計者レーモンドの家具。

エリスマン邸は、大正15年に建てられました。アントニン・レーモンドにより設計されました。レーモンドはコルビジェの弟子だそうです。会社のサイトはこちら

クリスマスデコレーションはオーストリアです。

エリスマン邸

エリスマン邸

エリスマン邸

エリスマン邸

エリスマン邸

エリスマン邸

エリスマン邸

エリスマン邸

今回大変気になったのが、楽譜入れ、元々このお屋敷にありそうな家具です。浅い引き出しの箪笥です。色もいい色でした。この前に王冠が展示してあり、人波が途切れないので、全体写真を撮るのに、少し苦労しました。

blogPC084020

エリスマン邸

エリスマン邸

エリスマン邸

横浜市イギリス館、ダニエルの家具。

横浜市イギリス館、昭和2年に建てられた、旧英国総領事公邸です。

クリスマスデコレーションも、イギリスです。それとダニエルが協賛していました。食堂の家具はクラシカルテイストだけれど、金の飾りが現代人好みですね。

横浜市イギリス館、

横浜市イギリス館、

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館、

横浜市イギリス館、

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館

山手資料館で、文久年間の家具とお逢いました。

山手資料館

山手資料館

山手資料館は、組織が捌で、入場料を取られました。こちらの2階で、江戸時代に作られた、横浜家具が見られました。

blogPC084137

山手資料館

キャビネットの上の棚を、違い棚にしているところが、日本人の職人も戸惑われたでしょう。見た目は、全体に西洋家具です。仕上げも、ニスなど西洋家具の塗料です。さぞ制作した職人も。初めてづくしだったでしょう。

彫刻部分をアップで、

blogPC084139

木の家具は300年持ちます。

木の家具は修理をしながら、使うと300年持つことを知っていましたか?

幕末の家具なので、このキャビネットは150年くらいです。古いといっても、現役として使えるのです。

ヨーロッパでは、修理をしながら代々。あるいはアンティーク好きの人のもとに渡り。修理されながら使われていきます。時代の流れの中で消えていくもの多いでしょう。
木の性質上、いすなどで使用に耐えられなくなるのが300年だそうです。

300歳以上の家具たちは、オークションで高値が付き、億万長者や博物館にいきます。

もっと日本人は、古い家具を大切に使って欲しいな。投資としても有望です。
山手の西洋館の、家具とクリスマス

横浜山手の西洋館を、家具の勉強?のために、見に行きました。
横浜山手西洋館 世界のクリスマス 家具の妖精に気に入られている、山本です。一昨日になりますが、横浜の山手西洋館、を見てきました。家具の見聞...
横浜の山手西洋館の家具を紹介。その1
横浜山手西洋館の家具について書きます。 総評、建物と家具は時代様式が合ってます。そのまま歴史ドラマの撮影をしてもいいかも。 横浜の元町一...
横浜の山手西洋館の家具を紹介、その2。なんと文久年間の家具にお逢いました。
横浜山手西洋館の家具紹介です。今回は サイトの紹介ページで、家具の由緒が分かる西洋館の家具を紹介します。 外交官の家、家具・調度が再現...
横浜山手西洋館のクリスマス。レトロ・モダン・ヴィンテージ編
横浜山手のクルスマス。レトロ・モダン・ヴィンテージ編 横浜山手の西洋館巡りをしたとき、丁度、クリスマスイベントでした。クリスマスデコの写真...
横浜山手西洋館のクリスマス。クラッシック・ジョージアン編
横浜山手のクリスマス、クラシック・ジョージアン編 横浜山手の西洋館巡りをしたとき、丁度、クリスマスイベントでした。クリスマスデコの写真も撮...

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る