スポンサーリンク

絵心ないけれど、インテリアデザインしたい人に。この本は買ってみてください。

本の紹介
amazonからお借りしました。
この記事は約2分で読めます。

私の欲しいデザインを誰も作るってくれないので、家具デザイナーを目指しています。でも私は絵を数十年描いていませんでした。練習しています。

そんな中こんな本買ってみました。

なぞっておぼえる遠近法 スッケッチパース インテリア編 宮後浩著 山本勇気著 秀和システム

こんな本です。

建物内の、部屋の中、インテリアのパースの書き方の本です。
パースの書き方が基礎から、ていねいに書かれています。
遠近法の説明
パースで使う、タッチの種類
見本の図にも、なぞり描き用の図にも、グリッド線が引かれています

なぞり描きができます。かなりの量があります。3ケ月間練習できました。

この本の使い方

その1、なぞって、覚える。

せっかく、本に描き込めるよう、清書の隣に、薄墨で、なぞり書きがあるので、なぞってみましょう。1日2つくらいのペースでやったら、3ケ月くらいかかりました。結構いろいろなパターンを練習させてくれます。

でもなぞり書きしているときは、勉強になる、分かるーと思いますが。それだけでは、体験したことになりますが、身につくほどにはなりませんでした。

その2、パース辞典としてつかう

パースないし、インテリアや家具・雑貨の絵を描かざるおえないとき、辞典として使う。

インテリア関係なら、床材から、室内図と例が多いです。(類似書は読んだことがありませんが、)実際に使えそうなものが、例に上がっています。

ソファーを描くなら、床上120cmの目線(HL12000mm)で描くようにと、書かれていますので、実際に描くときに、参考になります。

絵心がなくて、インテリアデザインする人は、買って損しません。

大きな本屋さんでは、売られている本なので実物を見てから、買うことができます。

私はこれからこの本に、助けられるんだろうなと、思っています。

アメリカのインテリアでの、色の扱い方が面白い。「インテリアデザインのための 配色事典」
かれこれ10年くらい前に買った、「インテリアデザインのための 配色事典」マイケル・ウィルコックス著、日本と比べると、面白いので、何回か取り上げます。この本は今でも書店で買えます。この間目撃しました。 面白いと思ったところ、ペンキ文化ア...
IKEAに就職するなら「イケアの挑戦 創業者は語る」を読んでおきましょう。
IKEAに行ったことがありますか。 皆様、イケアに行ったことがありますか。インテリアに興味がある方は、行かれたは多いのではないでしょうか。住んでる地方にイケアがなくてホームページを見て、「行きたーい」と思ったことのある人も多いと思います。...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました