スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

藤沢の遊行寺こと、清浄光寺の紹介、アクセスデータ付き。

遊行寺 本堂
遊行寺 本堂

藤沢の遊行寺は正式名称が、藤澤山無量光院清浄光寺で 時宗大本山です。

遊行寺こと清浄光寺とは

時宗総本山清浄光寺(以下、遊行寺と呼びます)の開山上人である呑海上人は、俣野の庄(現在、藤沢市と横浜市戸塚区の境界線辺)の地頭俣野五郎景平の実弟です。景平は遊行四代呑海上人も遊行二祖真教上人の門に入ったといわれています。呑海上人が藤沢の地に遊行寺を開いたのは正中2年(1325)です。呑海上人は、藤沢に住んでまる二年後の嘉暦2年(1327)2月18日に63歳で入寂されています。これからのち、遊行上人を引退すると藤沢に住み、これを藤沢上人と呼んでいます。(遊行寺のサイトより抜粋http://www.jishu.or.jp/yugyouji-engi/yugyouji-souken

※箱根駅伝出てくる「遊行寺の坂」はこの寺の脇を走っています。

境内の見どころ

惣門 いろは坂

【惣門(総門)から参道四十八段(いろは坂)】 大きな黒の冠木門(かぶきもん=門柱にぬきをかけたもの)が遊行寺の惣門(そうもん)で、右に「時宗総本山」、 左に「清浄光寺」と彫り込んだ大きな木札がかかっています。今日では遊行寺の黒門と呼ばれています。 それから続く石段は、阿弥陀様の四十八願にたとえて、四十八段と呼ばれていま...

黒の冠木門 遊行寺の黒門と言われているそうです。

遊行寺 惣門

遊行寺 惣門

阿弥陀様の四十八願にたとえて、四十八段と呼ばれています。地元では親しみやすく、「いろは坂』と呼ばれているそう、きつい坂でした。

blogPB072724

鎌倉石に似た石でした。

赤門

いろは坂の途中の、真徳寺の門です。赤い雲形が印象的でした。

以前は、本山役僧が住職を務めており、講中の宿泊所でもありました。そもそも当寺は真光院・栖徳院・善徳院・貞松院といった遊行寺の塔頭でした。由緒沿革は不明ですが、4院はたびたび火災によって、いずれも困窮はなはだしく、ときには住職が退散することも少なくありませんでした。真光院の住職が、栖徳院・善徳院を兼務することもあったとい...
遊行寺 赤門

遊行寺 赤門

本堂

関東大震災で倒壊したのち、昭和12年の落成したそうです。木造銅葺きです。

木造銅葺、木造としては東海道随一といわれています。関東大震災で倒壊したのち、昭和10年上棟、同12年に落成しました。外陣長押に後光厳天皇の勅額「清浄光寺」を掲げています。 阿弥陀如来坐像を本尊として安置しています。 ◆おすすめの散歩コース◆ 【コースA】 惣門→赤門→真浄院→鐘楼→一遍上人像→地蔵堂→本堂 【コー...
遊行寺 本堂

遊行寺 本堂

遊行寺 本堂

遊行寺 本堂

遊行寺 本堂

遊行寺 本堂

遊行寺 本堂

遊行寺 本堂

木造では東海随一だそう。ボリュウミーででかい!

中雀門

            安政六年(1859)に建立された、遊行寺境内で最も古い建造物です。四脚門で、高さ約6メートル、幅約2メートル70センチ。大棟に皇室との深いつながりを示す菊の御紋、屋根の下に徳川家の家紋である葵の御紋が刻まれています。建立者は紀伊大納言徳川治宝(とくがわはるとみ)です。 1880年の藤沢宿大火の被...

安政6年にできた、遊行寺で一番古い建物四脚門で、高さ約6メートル、幅約2メートル70センチ。大棟に皇室との深いつながりを示す菊の御紋、屋根の下に徳川家の家紋である葵の御紋が刻まれています。建立者は紀伊大納言徳川治宝(とくがわはるとみ)です。

blogPB072770

庫裡

なかなか面白い、デザインでした。

宇賀神弁財天

宇賀神社に祀られる宇賀弁財天は、徳川氏の祖とされる有親の守り本尊と伝わります。有親は遊行十二代尊観上人の弟子となり名を徳阿弥と、長男の親氏は長阿弥と名を改めました。そして、次男泰親が独阿弥となり、三河国大浜称名寺に移るとき、遊行寺に宇賀神社を奉納しました。長阿弥はのちに三河国松平の酒井家の養子となり、独阿弥は松平家の養...

徳川家とゆかりがあるそうです。

blogPB072864

明治天皇御膳水

現在、宝物館の前にあります。 明治天皇はたびたび遊行寺にお泊りになったことがあり、その時に使われた井戸です。   ◆おすすめの散歩コース◆ 【コースA】 惣門→赤門→真浄院→鐘楼→一遍上人像→地蔵堂→本堂 【コースB】 敵御方供養塔(怨親平等の碑)→長生院→小栗判官照手姫の墓→歴代上人御廟所 【コースC】 惣門→い...

宝物館の前にあります、明治天皇はたびたび遊行寺の泊まられました。そのとき使用された井戸たそうです。

遊行寺 明治天皇御膳水

遊行寺 明治天皇御膳水

小栗判官照手姫の墓

小栗判官のお墓 照手姫のお墓               東門から右手、本堂わきの細い道(通称 車坂)をたどると長生院というお寺があります。”小栗堂”とも言い、浄瑠璃で名高い小栗判官・照手姫ゆかりのお寺です。応永29年(1422)常陸小栗の城主、判官満重が、足利持氏に攻められて落城、その子判官助重が、家臣11人と三河...

長生寺にあります。小栗判官照手姫伝説は込み入った話なので、リンクをたどって、ウィキペディアで読んでください。江戸時代までは誰でも知っている説話でした。

ヴェローナのジュリエット像、熱海の貫一お宮の像と通じるものがあります。私が行ったとき熱心に写真を撮る中高年の男性のグループが来ていました。伝説を事実と感じられる場所かもしれません。

お寺の裏の日本庭園の中に、お墓があります。写真はありません。(電池が切れたのですみません。)

境内をデザインで見てみました。
http://koten-kagu.jp/2015/11/13/dezain-47/

一遍聖絵展
http://koten-kagu.jp/2015/11/07/dezain-42/

アクセス方法

webサイト: http://www.jishu.or.jp/
住   所: 〒251-0001 神奈川県藤沢市西富1-8-1
電   話: 0466-22-2063

アクセス方法

最寄駅
JR東海道本線藤沢駅・小田急江ノ島線藤沢駅・江ノ島電鉄藤沢駅

徒歩 :藤沢駅北口より15分

バス :藤沢駅北口5番のりば「戸塚バスセンター行(戸81 船65 藤54)」乗車、
「藤沢橋」で下車

タクシー:藤沢駅北口「遊行寺まで」

私は藤沢駅か歩いて行きました。遊通りという商店街を行きましょう。

宝物館のデータ

遊行寺宝物館 開館日が変則的なので気を付けましょう。

開館日   月・金・土・日と祭日
開館時間  10時から16時(入館は15:30まで)
入場料   400円 中学生以下200円

webページで確認してから行かれた方がよいでしょう。

特別展「国宝 一遍聖絵」展

会 期  平成27年10月10日(土)~12月14日(月)
休 館 日 毎週 火・水・木(祭日は除く)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで)
入館料 800円

11月17日まで、国宝一遍聖絵全十二巻を、こちらで展示します。

11月19日より、会場が神奈川県立歴史博物館 神奈川県立金沢文庫との3か所での展示になります。

blogPB072793

鎌倉の、ヴィジュアルの良いところを紹介する、ガイド記事を、目指して書いています。

ブログを書くときは、実際に神社仏閣に行って、情報を足で歩いて探して書いています。今のところ有名な名所が、抜けていますが、ご容赦ください。鎌倉市内の観光エリアの寺院はすべて取り上げる予定です。

当ブログ管理人 山本は鎌倉に住んで47年になります。鎌倉市民だから知っている、情報も書きます。他で読むことのない、鎌倉観光情報サイトにいたします。

鎌倉らしい日本の古典デザインの、家具をデザインしたいと思っています。鎌倉の名所めぐり、勉強になります。デザインのヒントもいただけて、ワクワクしながら、取材しています。

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。鎌倉時代の禅宗様にインスピレーションを得た、インテリアをデザインをしたいです。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る