シェアしていただけると、嬉しいです。

社会人のためのボールペン字上達法 最終章 大物は味のある字を書いている。目指すは上手い字より味のある文


自分のなりたい字は、自分の好きな字だ。好きが一番!

社会人だもの。先生の指図は受けなくていいよ。お手本は、自分で選ぶ。

というのが「社会人のためのボールペン字講座」で言いたかったことです。

字を上手く書けるようになる。その次の段階は、いや人生の進むべき目標は。会社の中で出世する。正社員になる。そんなせこい目標はやめて。大物になろうよ。

大物の人たちの七夕の短冊を紹介します。

01abe12koike19hirayama21isii29hirokane75funakosi

内閣官房「美しい国づくり」プロジェクトhttp://www.kantei.go.jp/be-nippon/index.htm

2007年の七夕の短冊http://www.kantei.go.jp/be-nippon/archive/tanzaku.html

3.11の前なので弘兼さんの「原子力を綺麗に使おう」は、本人が困るかなと思いました。字の書き方がいいので、申し訳ありませんが載せました。

安倍首相、小池百合子さん、船越英一郎さんは、たぶん書道をされていると思います。一流の人でも悪筆の人は、確かにいます。有名人、一流の人の直筆を見ると。”味がある”ですよね。大物になるためには、才能はもとより、多くの人を、心を揺さぶって、動かす力が必要です。そこには、読みやすい字を書くというのも才能かも知れません。読みやすい字をベースとして、”味がある”字を書いていると思います。

大物になろうようよ、一流を目指そうよ。あなたが老人でであっても目指そう。大物を目指していくのは、つらい、困難だよ。子供じゃないから知っているけれど。日々生きているだけで大変。家族を養うだけで精一杯。そういう現実があっても、大物を目指すべきだ。きっとあなたの人生に風穴があくはずだ。

大物になろう、大物になるべく努力しよう。結果、市井の人で人生埋もれるかも知れない。詰まらない低レベルの人間より。遥かに清々しい人生が送れるはず。人は、そういう人を尊敬するんだ。昔の日本人にはたくさんいた。

私だって、世界的な、家具デザイン企画会社の経営者のなりたくて、悩み、あがいています。結果を必ず出す。勝負からは絶対に降りない。でも、つらいよー。

みんな、大物になろう。一日一時間、大物になるために、何かしよう。ボールペン字でも(30分三ケ月です)、他のことでも。

 ネットには、吉永小百合さん、福山雅治さんなどの直筆があるのですが、元が事務所のサイトかニュースサイトではないので、引用できませんでした。残念。

最終章が、大変遅れて申し訳ません。遅れていた理由のひとつに、著名人の直筆をどこから持って来ればよいか、迷ったからです。引用となるので、芸能人であれば所属事務所、公式ホームぺージ。もしくは、ニュースサイトから持ってくるのが正解だそうです。今後、これらのルールに則って、良い画像が見つかりましたら、貼り直していきます。

ボールペン字.comのサイトを公開しました。

旧ブログで人気の 社会人のためのボールペン字上達方を、別サイトで公開しました。

http://amzn.to/2iSpT7C

 書き直しましたので、よろしくお願いします。
2015年9月25日初出
2017年9月3日訂正

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
トップへ戻る