シェアしていただけると、嬉しいです。

文系学科の教授は答えてください。あなたの学問の必要意義。


国立大学の文系学部の廃止・改組がニュースになっています。文部大臣に真意は違うという記事もあります。のでマスコミが煽情的に取り上げたのが事実のようです。

「大学に文系は要らない」は本当か?下村大臣通達に対する誤解を解く(上)http://diamond.jp/articles/-/76705

せっかくなので、文系の存在意義を問いただしたい。

せっかくなので、文科系学部の存在意義があるのか問いただして、みてはいかがなものでしょうか。

私は、文系では古手の国文学科、今は日本文学科の出身です。藤原定家の平安文学批判がはじまりなら、800年。営々と研究されていた分野です。王道古典文学研究しかり、言語学しかり、現代大衆文学研究しかり、長い歴史の集積ありまして、軽くはないんです。だから新興の、国際なんたら学科なんて聞くと、内容がないんじゃないのかと少し思いたくなります。30年前のはじめて、マンガ研究がされたとき、膨大なデータが使われていました。それを聞いたとき、古典研究が甘ちょろく見えたたくらいです。新興学科も真摯に研究されている研究者もいるので、今回は文系学部全体として、意見を言います。

存在意義が問われていることは。チャンスだと思います。大学の外の世界ではそうです。

大学と就職の問題は、どこまで行っても答えが出ないです。よい就職先を求めて進学する学生・保護者に、大学は翻弄されてきました。大企業に就職できるかどうかで、理系文系の人気が変化してきたし。大学が生き残るには、優良会社への確実な切符を切ることだけと思います。

blogFile0379

「文系学部は必要か、」と問われたときに、明確な答えを出せることが。大事だと思います。いい機会なので、文系学部の先生方に、答えてもらいたいです。

卒業生が働く企業は市場から、お前の会社の存在意義はあるのか、と絶えず言われているのです。大企業でも、藻屑のように消えていくのです。市場とはそういうものです。

卒業したので、文学部は残ってもらいたいと思っています、文学研究は最も古くからあります、文化研究と研究対象が重層的なので、必要と考えています。

理論構築して、結果、社会に役に立たないと結論つけても、研究者一個人が、情熱をもって「存在意義がある」と叫んでもらいたいです。「この研究が好きで好きでたまらない。」と叫ででもよい。今の学問とて錬金術のように、目まぐるしく評価が変わるかもしれません。化け物扱いされて、一周まわて、近代科学の生みの親でした。と評価が上がったり、わからないものです。

産業界に振り回されて、専門学校化するくらいなら、大学は研究機関で教育機関だと開き直れと言いたい。

国立大学学部改組のことですが、私は反対します。地方の国立大学こそ、全学部学科フルラインナップにすべきです。地元から離れられない学生に希望の学科を提供すること。ローカルならではの研究もありますから。国の施策としてきちんと設置してください。文系学部が大都市圏の私立大学しかなくなるのは、結局人口流失するだけでしょうし、その学問の蓄積が地方に残らない事になります。

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る