シェアしていただけると、嬉しいです。

私の、家具・インテリア用品の選び方は、他と違うみたい。


私が考える家具選び。

「家具・インテリアの選び方」というカテゴリー作りました。

私が考える、家具選びは、時間です。何年付き合う家具を選ぶことを勧めたいです。

い、孫子の代まで使う。家宝にする。

ろ、自分が死ぬまで愛用したい。

は、子供が成長するまでなど、ライフステージ変わるまで、使う家具。

に、期間限定、単身赴任、大学通学、など。

長く使い、風格が出た家具は、心を豊かにします。うちには、戦前の文机、神楽坂の料亭にあった唐木の座卓、京間サイズの桐ダンス、ミッドセンチュリーの山川ラタンの3点セットがあります。よい家具は、見ていて飽きないです。

長く使うと、化けの皮がはがれて、安っぽくなっていく家具があります。工業製品としての家具です。新品のときは、巧妙に作られていて、高級品の風格すら漂うものあります。悲しいかな、落ち着き先は粗大ごみ。

blogDSC04286

一生使う家具、何年かしたら、捨てる家具。時間で家具の選ぶことを、お勧めしたいのです。まだまだ勉強しないいけないです。何より理論展開ができないと思っています。

ところで、他所のサイトの、家具の選び方をみると、やたらと指定が細かい気がします。言わんとすることは分かるんだけど。もっと一刀両断で、アドバイスできないのかな。

2015年8月27日初出
2016年11月11日改訂

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る