シェアしていただけると、嬉しいです。

ワードプレスでサイト作りを、高級寿司屋にたとえると。


今日から、WoredPresseワードプレスで、ブログをはじめます。

ブログ開設しました。WoredPresseの本を読んだり、webで調べはじめて約2カ月。ドメイン取ってサーバー借りて10日。

私は理科系は苦手の、文化系女子なんで、本を読んでも分からなかったり、びくびくしながら作業をしました。まだまだ、手を加えないといけないところがありますが、サイト公開にこぎつけました。

今回、WoredPresseワードプレスの世界に触れてみた、私の感想を、はじめて行く高級寿司屋にたえて語ってみます。

レストランの口コミサイトならぬ、ネットのWoredPresse情報を見て、

「簡単にできるよ」
「初めてでもお洒落なサイトが作れます」
とくにアフィリエイトをする人たちは、無料ブログを止めて即刻ワードプレスにしなさい。
だいたいが初心者大歓迎でした。

少数ですが「素人が作るとセキリティー的に危険」という意見もあり、私には敷居が高いなと悩みました。

もう。初めて行く高級寿司店と同じで、おっかなびっくり最低限の”梅にぎり”だけ頼もうと、店に行きました。

店に行くと、寿司職人さんが気さくな人で、梅にぎりの鉄火巻きをかっぱ巻きに替えてもらい、お好みで、あなご、こはだ、卵焼きを2貫追加に生ビールも頼めました。思いのほか心地いいお店でした。

これが、ワードプレスをカスタマイズしたときの感想です。

今まで使っていた、エキサイトブログより管理画面がシンプルで高級感が漂っています。素敵なテーマ(テンプレート)が数千枚もあるので、楽しく迷えます。

プラグイン(組み込みソフト)もたくさんあります。各種web解析、SNS投稿、と多彩です。なんで今まで制限ばかりの無料ブログで我慢してきたんだろう。難しそうなことも、簡単にできるの本当。

豊富なカスタマイズに、心うきうき。

ねたケースに、美味しそうなオーラをはなつアワビ。板さんの後ろにある木箱に、ルビーのような鮪の赤身を目撃。「うちは江戸前の魚にこだわってまして」「羽田のあなごを使っているんです」海苔は富津と聞き、道理で野趣ある巻物だと感心しました。

次は千葉の酒(東京の酒は奥多摩・神奈川の酒は相模灘に近いので、江戸湾に近い千葉で)を合わせて、江戸前のねたを堪能しまよう。その次は、刺身盛りにシャンパンからはじめましましょうか。懐にやさしいお店だと知ったので、グルメな贅沢に手が届きます。

もう少し勉強して、コードが書けるようになれば、素敵なサイトが出来るようです。文系なのでプロの域には、簡単に行けませんが。ちょっとがんばれば出来ることも豊富です。

DSC03985

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る