シェアしていただけると、嬉しいです。

独自ドメイン商用サイトを、作る日記その1、フォトショップの本を買う。

調度ハッピー展 東京国立近代美術館 第6室の展示
調度ハッピー展 東京国立近代美術館 第6室の展示

※注意このエントリーは旧ブログに掲載されたものです。
独自ドメインのwebページを開設することを決断しました。ブログもそちらに移動いたします。
それで自力で、WordPress、商用Webサイトを、開設することにしました。
これから、文系家系生まれ、国文学科卒業の私の、WoredPress奮闘いや格闘日記を、つづります。
昨年の10月3日に、写真修正ソフトで有名な、アドビのPhotoShop Elements13を買いました。
買った時のエピソードをひとつ。
amazonで買ったのですが。
PhotoShop Elements11が¥9000-
PhotoShop Elements12が¥12000-
迷いました。実売店で平気で2時間も迷う女なので、型落ちで、11がいいか、まて、長く使いたいので12か。数日間悩みました。
迷った末に、「明日決めればいいじゃない、」と寝る。
翌日amazonのサイトを見たら。PhotoShop Elements13新発売のその日で、11と12が消えていました。
新しい方がいいよねーと、PhotoShop Elements13を¥13000-で買いました。
私、上質な品物を長く使う、ていうのに、弱いんです。
PhotoShop Elements13を買った理由は、ウィンドウズのおまけのペイントで、写真の修正と文字入れをしていたのですが、
vistaから7に替わり使いにくくなったこと。
尊敬する、蒸気夫人いや、五十嵐麻理様のように、PhotoShopで絵が描けるといいなと思ったからです。
下記は、蒸気夫人の同位体、マリア ガルシア様がビシビシとPhotoShopの指導をしてくれるサイトです。それとグロの好きな人は必見です。
購入したPhotoShop Elements13、ですがインストールして、数か月ずーと使っていませんでした。たまにブログの写真をトリミングするくらい。デスクトップのアイコンをみて、いるなーと思う今日この頃でした。
独自ドメインwebサイトの、コンテンツ充実のために、写真もロゴを入れて、物によっては見栄えを良く修正するために。心機一転もっと使ってやるぞ、ソフトについてる小冊子やwebの情報だと、細切れで情報で良く分からないので、本を買うことにしました。
神奈川県下で最大の書店、ジュンク堂藤沢店で、文字入れのやり方が出ているこちらの本を選びました。
PhotoShop Elements13写真の管理・補正RAW現像教科書 よくわかる使いこなしテクニック
吉岡豊著 エムディエヌコーポレション発行元 インプレス発売元
(独自ドメインに行ったら、amazonのアフリエイト貼ります。)
本を見ながら、文字のレイヤー作りました。もっと鎌倉時代風に加工したいな。
2015年4月20日旧ブログで、初出
2017年10月23日再掲載
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

このエントリーのコメント募集は終了しました。気に入っていただけましたら、SNSでお友達に知らせてください。
トップへ戻る