2014-07

本の紹介

マンガ日本の古典源氏物語 長谷川法世 男視線で要約しすぎ、受験とインテリア史に学習に役立つかどうか?

私と源氏物語 私は大学が国文科なんで、源氏物語のあらすじ人間関係は知っています。源氏物語愛好家と違うのは、お能の源氏に特に親しんで来ました。 マンガ日本の古典 源氏物語 上・中・下 長谷川法正著 中央公論新社中央公論新社は亡き父の...
日本美術・工芸・歴史の展覧会

四谷シモン展 2014 そごう美術館 澁澤龍彦のお導きで、魔道をもちいて現代を照らす人。

四谷シモン展 2014年 展覧会の様子 この展覧会は終了しました。 会場: 横浜駅東口 そごうデパート 6階、そごう美術館 期日: 2014年5月31日~7月6日 「SIMONDOIL ...
よもやま話

バルテュス最後の写真ー密室の対話 展 2014三菱一号館、経済の魔境にて、魔道に遊ぶ。

この展覧会は終了しました。 このエントリーは80年代文学少女の、のりで書いてみました。 バルテュスの秘密の写真展へ行く 上野のバルテュス展鑑賞記の投稿で予告いたしました、丸の内の三菱一号館の史料室で開催の「バルュス最後の写真 -密室の...
本の紹介

現実を知っていても、平安貴族は優雅であってもらいたかった「殴り合う貴族たち」繁田信一著

わたくし、国文科出身でございます。 10歳で平家物語を原文で読み、高校在学中に日本文学全集を読破、私って凄~い。 世の中には、もっと凄い読書マニア、天才がいるので、たいしたことはございませんが。 でも、その辺の小学生、高校生より、...
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました