スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

床の間を作るプロジェクト。第4回 カラーワークスに相談に行く


東神田のカラーワークスに行く。

床の間を作るプロジェクトのまとめがあります。

そもそも「床の間を作るプロジェクト」とは。 2012年に「床の間を作るプロジェクト」というの旧ブログで書きました。家の中のニッチスペース、...

前回、3回目のエントリー

横浜の写真を少し。 皆様暑い日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか、先日横浜に買い物に参りました。横浜は古い建物が残っているので、...

ペンキのように塗れる漆喰Hip漆喰があるということで、前から気になっていた東神田のカラーワークスhttp://www.colorworks.co.jp/さんに行き相談しました。

blogDSC00430

http://koten-kagu.jp/2012/08/04/interior-8/カラーワークスさんからお借りしました

カラーワークスさんからお借りしました

http://www.colorworks.co.jp/product/hipc-shikkui/

 ショルームの女性店員さんに相談。

お目当ての漆喰の塗見本があったので、見比べてパソコンで見て欲しかった色と違う色にしようと思いました。

漆喰の説明で女性店員さんに、下地がべニアだとシミができるという話をされました。ペンキタイプではない左官屋さんの漆喰タイプを塗っても、シミは出るとのこと。

いきなり薦められたのが、イギリスの国宝級ペンキ  ファローアンドボール http://www.farrow-ball.jp/これだと二回塗ればべニアの痕跡は消せるそうです。ファローアンドボールも憧れの塗料ですが、和の物を考えていて、いきなりバリバリの英国製を薦められて、混乱しました。

結局ここの店でどうしても買いたかった、ペンキ塗り道具セットだけ買いました。

まだまだある、漆喰。

他社製品も含めて漆喰を選択するとなると、かなりの数があり、聚楽壁なんかも気になります。素人向けにチューブ入りのなんていうのもあって、迷います。

プロジェクトは以下の事を念頭に作ります。

一、”本物”にこだわる。

一、経費は低コスト、材料費直接経費は一万円前後。

一、自分のスキル以上のことに挑戦しない。(実はDYIが得意ではない。)

そして目的は、お茶をやるためではなく、たった一枚の絵と、対話するための空間を作ること。

経費

現在のところ

直接経費 前回まで ¥1、794-
間接経費 前回まで ¥1、365-
ペンキ道具セット ¥3、129-
¥4、494-

ともかく迷いまする。
次回閑話休題

漆喰塗装が先に延びてしまいまいした。 床の間を作るプロジェクトのまとめがあります。 前回、第4回目のエントリー ...
床の間を作るプロジェクトのまとめがあります。

そもそも「床の間を作るプロジェクト」とは。 2012年に「床の間を作るプロジェクト」というの旧ブログで書きました。家の中のニッチスペース、...

床の間を作るプロジェクトで、面白い茶室金物の回

いよいよ、掛け軸を掛ける釘を設置しました。 床の間を作るプロジェクトのまとめがあります。 前回、第6回目のエントリー ...

2012年9月20日初出
2015年12月1日改訂
2016年6月22日改訂

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。鎌倉時代の禅宗様にインスピレーションを得た、インテリアをデザインをしたいです。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る