シェアしていただけると、嬉しいです。

寒川神社に行ってきました。

寒川神社
寒川神社

皆さんお暑いですね、可憐な桔梗のお花で涼んで下さいな。

寒川神社へのアクセス

寒川神社に、今までお守りいただいたお礼と、今後のことへのお願いに参りました。

今までは茅ヶ崎駅からバス行っていたのですが、廃線になり、今回生まれて初めて相模線に乗りました。

blogDSC00314

blogDSC00315

乗客も多く、車内の広告も東海道線より多そう(個人的感覚)、寒川町は大きな工場がいくつもあり、財政がよいので、平成の市町村合併の時、茅ヶ崎との合併を拒否したとの噂噺を思い出しました。
女性車掌さんが、親切にも寒川神社への参拝は、寒川駅ではなく、一つ先の宮山駅で降りてくださいとのアナウンスをしてくれました。

JR相模線 宮山駅下車です。

社殿の様子

blogDSC00317

blogDSC00318

相模の国一の宮、威厳があります。

 blogDSC00320

「パワースポット」なんて言葉が流行する、何十年も前から、県内では寒川神社は凄く効くという話をよく聞きました。母の知り合いの霊媒師の墨付きです。周囲は畑ばかりで鎮守の森が見えるだけなんですけど、行くと、参拝客がたくさんいます。
参拝が終わったら、今回は神泉苑の入場券を持っていましたので、拝見させていただきました。

神嶽山神泉苑

blogDSC00321

 blogDSC00323

 blogDSC00333

blogDSC00335

 blogDSC00336

涼しんでいただけたでしょうか。
歩いて観る神の庭、デザインとして鑑賞してみた。寒川神社 神嶽山神苑 アクセスデータ付き
神嶽山神苑 7月に、当サイトの、成功祈願に寒川神社に行きました。そのとき神嶽山神苑を散策したときの写真です。こちらは、平成21年に開園しま...
2012年8月12日初出
2015年11月24日改訂
2016年6月22日加筆

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。絵なんて30年描いていませんが、もう私がデザインするしかない。
雅で品格ある、有職故実のインテリアを世に出すのが、目標。

なお、古いものなら、ヨーロッパのものも大好き、美術・ファションも好きです。十代のころは歴女、二十代は、古典文学と耽美主義と能楽ファンだったので、そちら方面のエントリーも書いてます。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子名義
ほぼ家具のこと。

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る