スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

バブル時代の服でリフォーム、スカートを4着も作りました。

スカート
リフォームしてスカートにしたもの

最近、リフォームするのが、マイブームです。

昨日、バブル時に買ったラルフローレンとコムサデモードの服で、ティアードスカートを作りました。ここ数カ月でリフォームしてスカートを作ったのは4着になります。

スカート

スカート

右側の花柄スカートは、10代の時母に作ってもらった、ワンピースで作りました。ワンピースからタイトスカートなので楽勝です。一度解いて型紙を当てて縫いました。

2番目のがラルフの夏服とコムサのジャケットを縫い合わせた、スカートになります。大きめのパッチワークのティアードスカートです。

3っ目の黒いスカートは、カシミヤのショールを利用しました。買ってきたウール生地と合わせて、これもティアードスカートにしました。

左端にあるのは、元々はアメリカ製の、膝までいきそうな長いスリットがある、ニットのスカートのスリットを、縫い合わせました。

私は出番の無くなった服を、生地として見ます。使うときは全て縫い目をほどいてに生地にしてから、型紙をおいて作ります。手直しするリフォームではありません。流行は追わなくても、定番ファッショは変化しているので、0から作りあげたほうが、利用できますよ。

裁縫用の布地ストック棚に、布が素敵な着なくなった服を、「絶対に使えそう」と入れています。

私も必要に迫られてユニクロでも服を買いますが、(確実に今必要な服が手に入るのは、ありがたいです。)4ヶ月後には捨てたくなります、何でしょうか。「まだ着れるでしょう。」「買いに行くのめんどうじゃない。」と自分をなだめて着ています。最近の服は、安くて気楽に買えるのですが、着心地も悪いし、布としての”魅力”と”力”がないです。

これからリフォームしたい服たち

ベスト ワンピース ジャケット スカート

これからリフォームする服

これから新しい洋服にしたい服です。バブル時代とそれ以前の古い服です。右のジレイはベルーギーで買いました。左2枚のスカートは麻なので、インテリアファニシングにしたいな。
スカートばかり作って、少し飽きたので、キャミソールを作りたいな。洋裁好きな方は、お分るだと思いますが、袖付けるのって面倒なんで。夏に向かってキャミ作りします。

2012年は、こんなものを作りました。洋裁・工作のまとめと、2018年の追記。

2012年に作ったものをまとめました。 2012年に旧ブログでの書いたエントリーをまとめました。私の個人的な忘備録です。ブログをはじめたば...

2012年6月12日「バブル時代の服で、スカートつくりました。」
2018年3月23日改訂 再公開

投稿者プロフィール

山本
平安・鎌倉・室町時代の有職故実デザインの家具・インテリアを、売りたい!と業界ををリサーチしたら、どこも作っていませんでした。鎌倉時代の禅宗様にインスピレーションを得た、インテリアをデザインをしたいです。

Twitter 江戸唐草

Facebook 山本公子

Instaglam 山本公子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです。

フォローで応援、お願いします!

トップへ戻る